松阪証券 社長日記
企業人として、三重県で生業を営む者として、日々の発見、気づきなどを気まぐれに書きとめて行きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

53回神宮奉納大相撲
昨日、東京都町田市(妻の実家)在住、妻の妹と甥、我が家の5人でお伊勢参りに出かけました。年が明け既に丸3ヵ月を経過していると言うのに、午前中から駐車場はほぼ満車状態。今更初詣でもあるまいし、学校の春休みと春の行楽シーズンだからだろうと話しながらどうにか車を止め、赤福本店脇からお祓い町へ入りました。お祓い町も普段の週末の2~3倍の人出で、よそ見して歩いているとぶつかりそうになるほどです。

宇治橋に到着すると、鳥居の前で参拝客が足止め状態。ふと周囲に目をやると、大相撲の場所中に多数掲げられる幟(のぼり)が… どうやら、神宮にお相撲さんたちが来ているようです。

ポスターを見て初めて知りました。3月30日は「第53回神宮奉納大相撲」で、横綱、大関が勢揃いしているようです。小生たちも足止め状態の参拝客に吸収され、しばらく待った後宇治橋へ。宇治橋を渡りきる前に、絶好の撮影スポットを確保し関取たちを待ちました。

まずは行司(装束からそう思いました)が通過。続いて、関脇や大関でしょう。千代大海、魁皇、琴光喜、琴欧州など、テレビでもおなじみの面々が続々。そしていよいよ横綱登場。堂々とした歩調で白鵬がやって来ました。太刀持ちと呼ぶのでしょうか。前後に2人を従えています。
hakuhou


しばらくすると、周りがざわつき始めました。真打、朝青龍の登場です。先ほど通過した白鵬と比べると表情もやわらかく、見物客のムードも一変。横綱にかけられるのは、「朝青龍がんばれよ!!」など、応援の声ばかりです。
asasyouryuu


当ブログでも関連する記事を掲載したことがありますが、朝青龍といえば少々ダーティーなイメージもあり、角界では異端児扱いされる傾向があります。しかし、メディアを通して見るのと生で見るのとは大違い。朝青龍の人なつこさ、ファンを大切にする姿勢などなど。他の力士が通過した時とムードが一変したのも頷けます。小生を含めた大相撲ファンも、本当は朝青龍のことが大好きだったようです。

大相撲がスポーツなら、ファンサービスを大切にするのも一流の証です。妻の妹が抱きかかえていた甥(1歳)が手を振ると、歩きながらですが握手(ハイタッチかな?)までしてくれました。我が家では、次の場所から応援する関取が決まりました。言うまでもなく、朝青龍です。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

誰にでも愛される人もいれば、一部の人にしか愛されない人もいる。私の場合、誰かが自分のことを分かってくれれば良いかなと思っております。そうしますと、マイペースと言われてしまいます。自分は、スポーツ選手や芸能人でなくて良かったと思います。
【2008/04/01 20:14】 URL | 出口 茂 #- [ 編集]


出口様
コメントありがとうございます。
他人の目は誰しも気になるところですが、性格的に意中の人に愛されれば満足する人、みんなに愛されないと気がすまない人がいますね。経験上、前者は「恋愛感情に似ていて、人への依存度が高い性格」と言えますし、後者は「八方美人的で、社会的に認められたい願望が強い性格」と言ったところでしょうか。
さてさて、自分はどうでしょうか。普段は後者のような気がします。相当の決意を持って、勝負をかけるとき意外は前者のような行動は出来ません。
【2008/04/02 07:17】 URL | 松江茂 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://matsusaka.blog111.fc2.com/tb.php/89-6a4ed138
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

証券人(しょうけんびと)

Author:証券人(しょうけんびと)
約13年間の大和証券勤務を経て、1998年1月松阪証券に入社
2006年4月代表取締役社長就任
現在に至る



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。