松阪証券 社長日記
企業人として、三重県で生業を営む者として、日々の発見、気づきなどを気まぐれに書きとめて行きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

22回目の大納会
光陰矢のごとし… 一年が過ぎるのは早いものです。

今年も株式市場の最終取引日である大納会の日が訪れました。小生は、「社会人のスタート=証券界」ですので、今年で22回目の大納会を迎えることになりました。右も左もわからず飛び込んだ世界ですが、その間にはバブル経済とその崩壊から始まり、失われた10年と呼ばれる株価長期低迷期、そして小泉内閣の構造改革を足掛かりにした経済再生期を経て、現在に至る株式市場とともに歩んできた22年です。

平成19年を振り返りますと、ミートホープや白い恋人、赤福、船場吉兆など食品業界で偽装問題が発覚。防衛省前事務次官とその妻、防衛専門商社山田洋行をめぐる贈収賄事件など、暗い話しには事欠かない年となってしまいました。今年を象徴する一文字が「偽」に決定されたことは非常に残念なことであり、日本国民として恥ずべき事だと感じます。また、バブル崩壊後に地に落ちた日本の評価は、小泉内閣の構造改革路線で息を吹き返したわけですが、引き継いだ安倍、福田両政権では改革が停滞どころか逆戻りしている感もあります。サブプライムローン問題の震源地である米国株より日本株の下げがきついのは、経済面で見た政治、政策に問題があると言わざるを得ません。

しかしながら、憂いてばかりいても何も始まりません。来週にはまた新しい年、平成20年がスタートします。依然としてくすぶりつづけるサブプライムローン問題、構造改革の停滞は悩みの種ですが、我が国国際優良株の株価水準は世界的に見ても割安ゾーンにあると断言できます。年前半は不安定な相場展開が続く可能性が高そうですので、個人投資家の皆様にはその安い場面、つまり絶好の買い場を逃さず、来年一年間を素晴らしい年にしていただきたいと心より祈願します。

今年は、7月より当Blogをスタートし早半年が経過。本日の記事を含め、66の記事を書いてきました。若輩者の稚拙な意見、文章をご愛読(?)いただき、心から感謝します。今年の記事はこれで最後になりそうですが、これからも当世を凝視し、鋭い視点で記述していきたいと思っています。ご意見、ご批判など、ご遠慮なくコメントしてください。

平成20年が皆さんにとって輝かしい一年となりますよう、祈ります。 『良いお年を!!』

スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

明けましておめでとうございます。
平成も早くも20年ですね。昭和は少年時代、平成は青年時代。この先平成はどこまで続くのか分かりませんが、一年一年大切に積み重ねて行きたいと思います。
今年も何卒よろしくお願い申し上げます。
【2008/01/02 11:46】 URL | 出口茂 #- [ 編集]


出口様
あけましておめでとうございます。
昨年は、たくさんのコメント、本当にありがとうございました。励みになります。今年も、人として、経営者として、懲りずにご指導ください。
さて、平成20年の株式市場は波乱の幕開けですが、ピンチの時こそ、これまでの努力の成果が発揮されると信じ、一歩一歩、着実に歩みを進めて行く決意です。
今年もよろしくお願いします。
【2008/01/04 09:15】 URL | 松江茂 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://matsusaka.blog111.fc2.com/tb.php/66-79aecd36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

証券人(しょうけんびと)

Author:証券人(しょうけんびと)
約13年間の大和証券勤務を経て、1998年1月松阪証券に入社
2006年4月代表取締役社長就任
現在に至る



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。