松阪証券 社長日記
企業人として、三重県で生業を営む者として、日々の発見、気づきなどを気まぐれに書きとめて行きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国会議員の役割を問う
民主党を中心とする野党は、宙に浮いた年金記録5,000万件の約4割が特定困難との社会保険庁調査を受け、政府を徹底追求する構えのようです。テレビ、新聞などのメディアでも、その様子が盛んに報じられています。与野党互いの追求(アラ探し)は度々目にする光景ですが、国会議員の役割は一体何なのでしょうか。勘違いしている国会議員が多数存在すると感じるのは小生だけでしょうか・・・

国会議員は、国民の投票により選出されます。ですから、本来は国民の考えを国会の場で主張し、実現しなければなりません。そこまで考えて投票していないと言われれば、小生も反省すべきところがありますが、一部を除けば決して政党に投票しているのではないのです。小生は、比例代表制度で選出された議員ですらも、そう考えるべきだと思います。それが国会議員が行動の基本とすべき「プリンシプル(原理・原則)」です。

ところが日本の国会はどうでしょうか。国会で議論されている全てがそうだとは言いませんが、あまりにも「政争」が目立ちすぎます。メディアも「政争」を面白おかしく報道しておきながら、まともな議論(国会)を殆ど(NHK意外は)中継しませんから、国民の印象を悪くしているのでしょう。

世の議員の皆さん。先生方は自民党員や民主党員である前に、国会議員なのです。あなた方に投票した国民は、何を皆さんに託したのか。あなた方は、年金記録照合問題で、舛添厚生労働相や自民党のアラ探しや追求をするために選出されたのではありません。年金記録照合問題は、民主党が政権を担当すれば解決する問題ではないはずです。むしろどのように解決するかを、与党と一緒に考えるべきなのです。それがあなたたちを選出した国民の願いではないでしょうか。

政党と自身の立場のためだけに活動する議員は、さっさとご退出いただきたいものです。

スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://matsusaka.blog111.fc2.com/tb.php/62-93cb8623
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

証券人(しょうけんびと)

Author:証券人(しょうけんびと)
約13年間の大和証券勤務を経て、1998年1月松阪証券に入社
2006年4月代表取締役社長就任
現在に至る



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。