松阪証券 社長日記
企業人として、三重県で生業を営む者として、日々の発見、気づきなどを気まぐれに書きとめて行きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

迷走する「大相撲」 ~「神事」か、それとも「スポーツ」か~
朝青龍問題がなかなか解決しない「大相撲」界ですが、またまた大問題が発生しています。今度は力士暴行問題。暴行が主な原因かどうか定かであありませんが、暴行を受けていた力士が死亡してしまったわけですから、問題の大きさは朝青龍問題の比ではありません。それも、暴行を加えたのは親方を含めた複数の力士(兄弟子)であり、稽古と称した「リンチ」まがいの行為といえます。

朝青龍問題については以前触れましたが、今回の問題(問題というより事件ですね)も発生原因の根本は同質のものではないでしょうか。おそらく「大相撲」界では過去にも程度の違いはあれ、稽古と称した「リンチ」まがいの行為はいくらでもあったはずです。実際に、私たちの世代が中高生のころまでは、学校の運動部でも先輩による「リンチ」まがいの練習(行為)は少なくありませんでした。世の中の風潮も、それを全面的に否定する雰囲気ではありませんでしたし、後輩はその厳しい練習に耐えてこそ、屈強な精神力が養われるのだという、スポ根ドラマ的な考え方があったような気がします。何を隠そう、私も実際に被害者を経験した後、加害者にもなったという過去があります。

しかしながら、それはそれで暗黙のルール(越えてはいけない一線)がありました。部活動は「大相撲」のような「神事」ではありませんが、後輩を死に至らしめるような行為など、有り得ないことでした。現在では、スポ根ドラマ的な考え方はおそらく少数派であり、過去の遺物といえます。スポーツの大きな目的は試合に勝つことですから、もっと合理的に練習に取り組む方が、目的を達せられる可能性も向上します。

そんな世の中流れに取り残されてしまったのが「大相撲」界です。取り残されたというより、「神事」であるが故、非合理的だとわかっていても、その歴史と伝統を重んじるのは当たり前なのです。

一方、そんな世界に入門してくる若者たちはどうでしょう。当然のことながら、古きよき時代(?)のスポ根ドラマ的な考え方を持ち合わせた者すら少数派ですから、「神事」の歴史と伝統など理解できる者は皆無でしょう。加えて、さらに理解しがたいであろう、朝青龍など外国人力士が大量に角界入り。彼らは総じて出世も早いようですので、「大相撲」界への影響力も大きいはずです。

「神事」なのか「スポーツ」なのか… 二つに一つとまでは言いませんが、そろそろはっきりとした方向性を指し示すべきだと思います。おそらくこのままの状態を放置すれば、両者の間の軋轢が原因となり、予想もしない問題が次々に噴出してくるのでしょう。伝統、歴史を守りつつ、大相撲人気を持続、向上させたいと言う、北の湖理事長を始めとする相撲協会の気持ち(苦悩)も理解出来ない訳ではありませんが、そろそろ限界です。

スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

体質は、根本から変えることは難しいですね。どこまでが文化で、どこからが悪か。
大学時代、応援部にいた時、理不尽な仕打ちには徹底抗戦しました。しかし、今から考えると、「伝統の継承」との区分は、少しばかり難しいものだとも感じます。
ただし、今回の「事件」は、伝統、文化とは明らかに異なりますね。体質を変える場合、まず、業界全体の理念、方向性をもう一度見直さないと、今まで守ってきたことも失くしてしまいかねないと思います。

何とか、昔のように大相撲を応援できるようになって欲しいと思います。

私は、現役時代の北の湖理事長の大ファンでしたので。
【2007/10/02 21:07】 URL | 出口 茂 #- [ 編集]


出口さま
コメントありがとうございます。出口先生のおっしゃる通り、理念や方向性を再確認し、大相撲界全体に浸透させる必要があるのだと思います。企業においても、経営理念や社是社訓が改めて重要視されていることと同じですよね。おそらく、相撲協会と親方、現場の力士たちが、理念や方向性を共有できていないのでしょう。

究極のコンプライアンス、それは「経営理念」を大切にし、それに忠実に行動することですね。再確認させていただきました。

松江 茂
【2007/10/03 07:26】 URL | 松江 茂 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://matsusaka.blog111.fc2.com/tb.php/42-2d474e68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

証券人(しょうけんびと)

Author:証券人(しょうけんびと)
約13年間の大和証券勤務を経て、1998年1月松阪証券に入社
2006年4月代表取締役社長就任
現在に至る



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。