松阪証券 社長日記
企業人として、三重県で生業を営む者として、日々の発見、気づきなどを気まぐれに書きとめて行きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食料自給率のナゾ その3
前々回、前回の記事に次ぐシリーズ第3弾、まだお読みいただいていない方は下記の記事から順にお願いします。

食料自給率のナゾ
食料自給率のナゾ その2

前回の記事本文でご登場いただきました農業技術通信社の浅川芳裕氏は、この食料自給率のナゾについて、著書「日本は世界5位の農業大国 大嘘だらけの食料自給率」 (講談社プラスアルファ新書)、さらには著書のサマリーに当たる「食料自給率のインチキ」という小論をお書きになりました(文藝春秋2009年1月号)。その小論を読んだ当時の農林水産大臣、石破茂氏が激怒、課長クラスから文藝春秋の編集部に抗議があったそうです。「訂正しろ」「反論の論文を掲載させろ」ということでした。20項目ぐらいの質問状が来たので全部に答えたら、「今回の話はなかったことにしてください」と抗議を引っ込めたとか。

浅川氏はこうもおっしゃっています。「輸入農産物の中で、日本で生産できるものはたくさんあるんです。今は、海外にオーダーした方が良質のものが確実に納品されるから輸入しているんですよね。一つひとつの農産物について丁寧に対応策を考えていけば、輸入品に対抗できる。さらには、厳しすぎる国内の品質基準を国外市場の基準に合わせるなどすれば、輸出だってどんどんしていけるでしょう。すでにシンガポールの市場では、日本、中国、オーストラリアの野菜が三つどもえの戦いをしているんですよ。」

食料危機も杞憂に過ぎないとし「世界の食料供給量は、人口増加ペースよりも高い水準で増えています。過去40年の人口増加率は189%ですが、穀物の増産率は215%です。26%も上回っているんです。その結果、2009年末時点で、世界の穀物在庫は消費量の約20%に当たる4億5000万トンもあります。足りないどころか、むしろ過剰な生産と在庫に苦しんでいるということです。」

さらに、「そもそも食糧危機の原因は農業問題じゃない。ほとんどが購買力の低下とか物流の遮断が原因なんですよ。例えば、戦争が起きるとか、無政府状態に陥るとか。農業の話ではない。需要が増えれば、生産者は増産するんです。現在の需要に対して50年後に増産するわけじゃない。毎年、需要と価格を見て生産量を調整しているんです。小麦だけでも2007年から2009年にかけて世界で8000万トン増産されましたから。2007年に小麦粉の値段が上がったというシグナルだけで、農家は「俺も小麦をもっと作付しようかな」と考えた。それで8000万トン増えたんです。それが経済ですよ。また、世界中に遊休地というのがいっぱいあるわけです。既存の農地を全部使えば、200億人分ぐらいの穀物はつくれるんじゃないですか。なぜつくらないかというと、それだけの需要がないからですよ。」

う~む、うなずけるご意見ばかり。確かに素人が考えても、我が国の減反政策はおかしな部分がたくさんあります。農林水産省の使命は、食料自給率を引き上げることのはずです。自給率を高めると言いながら減反しているんですから、完全に理論矛盾しているのではないでしょうか。

これは農水省に限らない話ですが、そもそも省の役割は何なのかという見直し、再点検が必要なのかもしれません。農水省は「農家保護」と「消費者保護」を行き来していますが、本当はどちらでもない。本来の役割は、農家を守ることでも、消費者を守ることでもありません。農産物、家畜が被害を受けないように、国家的な規制と制度をつくるのが農水省の役割ではないでしょうか。

だがしかし、現実はそう簡単ではありません。何しろ、日本の農林水産省職員一人当たりの事業的農家数は7人。対して米国は600人。仮にあるべき本来の役割に専念し、米国並みの職員数に人員削減するとしたらいったいどうなるのか… 単純に計算しますと、日本の事業的農家数600人に対する農林水産省職員数は85.7人ですから84~85人が職を失うことになります。職員数は何人なのか不明ですが、何と、比率にすると98.8%以上の職員が解雇されることになるのです。

ちょっとお遊びです、逆説的に考えてみましょう。小社(松阪証券)の社員数は2012年2月現在で20名(役員を除く)。民間企業ですから、余剰人員は極力発生しないように努力しています。この状態を米国並みとしましょう。ではでは、我が国の農林水産省並みにしてみたら、社員数は20名×85.7倍=1,714名となります。恐ろしい数値が出てしまいました。恐らくわずか数ヶ月で債務超過に陥ること間違いなし!

我が国の財政がどんどん悪化している理由がよく理解できた、そんな気がしているのは、私だけではないはずです。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://matsusaka.blog111.fc2.com/tb.php/338-d1afd245
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

証券人(しょうけんびと)

Author:証券人(しょうけんびと)
約13年間の大和証券勤務を経て、1998年1月松阪証券に入社
2006年4月代表取締役社長就任
現在に至る



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。