松阪証券 社長日記
企業人として、三重県で生業を営む者として、日々の発見、気づきなどを気まぐれに書きとめて行きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恥をさらすようですが…
まずはこの画像をご覧ください。

折れたシャフト


余計な説明は不要だと思いますが、これはシャフトが折れたゴルフクラブ(9番アイアン)です。先週の土曜日(12月17日)のこと、前職の先輩と後輩、現職の同僚と4人で、我がホームコースである西日本セブンスリーゴルフクラブに行ってきました。この日はIN(10番ホール~18番ホール)スタートでしたので、事件が起きたのは午後の3ホール目、3番ホール。ひとつ前の2番ホールではティーショットがOBでしたので、次こそはと気持ちを切り替えていざティーグランドへ向かいます。

力みすぎても、慎重になりすぎても上手くいかないのがゴルフというスポーツのの難しいところ。案の定、3番ホールのティーショットは右のラフの更に右側、木立の中へ一直線です。「ゴルフは上がってナンボや」と強がりを独り言呟きながら、木立の中をボール探しに右往左往。ようやく見つけたボールは、林立する樹木が邪魔になり真横(左)に出すか、グリーンに少しでも近づけるべく斜め左前方向に出すか、思案のしどころでした。斜め左前方向には、フェアウェイ・バンカーが横たわっており、その向こう側が狙い目。ここは2番ホールのミスを取り返すべく、ギャンブルしてみることにしました。

当然、目の前に横たわるバンカーを越えることが、最優先課題となります。ここで、多少強めに打って左側のラフに入ってもしょうがないと考えたのが運のつき。いやな予感は的中し、ボールはバンカーに入ってしまいました。「後悔先に立たず」のことわざ通り、ため息をついたであろう小生ですが、次の瞬間、目の前が真っ暗になるような事態に陥ろうとは…

結果は先の画像の通り。強めに打たなければと考えたため、ショット前の素振りでは当たらなかった左前の樹の幹に9番アイアンのスチールシャフトが直撃。ぶつかったのに不思議なくらい衝撃を感じなかったのは、シャフトが中ほどから綺麗に折れてしまったせいでしょう。直角にぐにゃりと曲がった愛用のクラブを目の前に、いつかとまったく同じ「やってしもた」とつぶやいたかどうか…

それから残り6ホール、9番アイアンなしでクラブハウスまで帰ってきたわけですが、なんともはや、後味の悪い一日になってしまいました。小生レベルのゴルフでは、一ラウンドすればこのようなトラブルはつきものです。そんな時、擬似的な一打罰を受け入れ、如何に確実な方法を選択するか。良い勉強になったと自身に言い聞かせて、力なく両肩を落とし、うなだれながら帰路に就く小生でした。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://matsusaka.blog111.fc2.com/tb.php/333-9776ec48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

証券人(しょうけんびと)

Author:証券人(しょうけんびと)
約13年間の大和証券勤務を経て、1998年1月松阪証券に入社
2006年4月代表取締役社長就任
現在に至る



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。