松阪証券 社長日記
企業人として、三重県で生業を営む者として、日々の発見、気づきなどを気まぐれに書きとめて行きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地震大国日本、では特に地震が多い都道府県は?
皆様驚くことなかれ、これぞ正しく驚愕の事実… 地震大国と言われる我が国ですが、その中でとりわけ地震が多い都道府県をご存じでしょうか。北は北海道から南は沖縄まで、日本は複雑に入り組んだ複数のプレート(北米・太平洋・ユーラシア・フィリピン海プレート)の上に存在します。さあ、皆さん予想してみてください。

さて、まずは地震の少ない都道府県から。データは1926年から2007年、震度3以上の地震回数です。

47位 富山県 47回
46位 佐賀県 54回
45位 大阪府 70回
44位 福岡県 79回
43位 徳島県 81回

おおよそ過去70年地震が少なかったわけですから、現在は最も危険な地域だと解釈することもできなくなさそうですが、それはむしろ天の邪鬼(あまのじゃく)な考え方。常識的には比較的安全な地域と言えるでしょう。それではお待たせしました、ベスト5の発表です。

1位 東京都 2,362回
2位 北海道 1,337回
3位 茨城県  893回
4位 長野県  798回
5位 千葉県  618回

どうです、正に驚愕の事実。我が国の花の都、首都東京都が、他道府県を大きく引き離しダントツのトップなのです。首都機能の移転、分散が論じられることしばしばの昨今。このデータを見れば議論されるその意味が誰でも簡単に理解できます。その上、関東・北関東の都道府県がベスト5に3都県もランクイン。2位北海道は、面積的に見て他の都府県の5.5倍(岩手県)~44.5倍(香川県)ですからランクインは当たり前。関東・北関東が事実上ほぼ上位を独占しているようなものなのです。

この状態のまま、首都圏に直下型大地震が発生したら首都機能は壊滅、更には日本経済も大きなダメージを受けることになるでしょう。首都機能の移転・分散など、個人的には実現性の薄い空論だと思っていましたが、まじめに議論すべき課題であると認識を新たにした次第です。東海・東南海・南海連動型地震への備えより、むしろ優先して検討しなければならないのではないでしょうか。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://matsusaka.blog111.fc2.com/tb.php/327-14a480fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

証券人(しょうけんびと)

Author:証券人(しょうけんびと)
約13年間の大和証券勤務を経て、1998年1月松阪証券に入社
2006年4月代表取締役社長就任
現在に至る



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。