松阪証券 社長日記
企業人として、三重県で生業を営む者として、日々の発見、気づきなどを気まぐれに書きとめて行きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

節度ある節電とは… 伊藤敏憲氏の講演を聞いて
昨日(9月11日)、UBS証券シニアアナリストの伊藤敏憲氏のご講演をお聞きする機会がありました。また、ご講演後も、一時間ほどのお時間を頂戴し、座談会形式でご解説いただき、ご専門のエネルギー分野について、詳しく勉強することができました。

まずは伊藤敏憲氏について少々。氏は経産省の電気事業分科会委員でもあり、我が国のエネルギー政策に大いに関与していらっしゃいます。エコ住宅への改築などを対象に、住宅エコポイント制が導入されていますが、これぞまさしく伊藤氏のご提言による政策。NHKのクローズアップ現代など、東日本大震災後は特にTVご出演の機会も多く、見覚えがあるという方も少なくないのでは…

伊藤敏憲氏

お話の中で、最も印象的だったのが、この夏の節電要請について。伊藤氏にお示しいただいた資料によると、大口電力需要とGDPは非常に高い相関関係があります。これは、GDPの伸び率が上昇すると(低下すると)、大口電力需要も上昇する(低下する)ということを表していますが、「逆もまた真なり」。大口電力を抑制すると、おのずとGDP伸び率は低下またはマイナスになるのだとおっしゃっていました。そうです、この夏の節電。電力需給ひっ迫時に必要なのはただやみくもに節電、つまり消費電力を低下させる努力をすることではなく、地域全体でピークをカットすることが重要。ピークカットと言うより、電力消費の平準化ですね。そうすることで、GDPの伸び率を低下させず(または影響を軽微にとどめつつ)、心配されていた大規模停電なども回避することがでます。地域全体でピークをカットするために、大口電力需要のピークを夜間などにシフトさせるここそが、伊藤氏の主張する「節度ある節電」なのです。

与党である民主党、野党自民党を問わず、多くの議員にその説明をしましたが、当初は殆どの議員が理解していなかったとも… そんな人たちに我が国のかじ取りを任せて大丈夫なのかと心配になりましたが、それだけに伊藤氏の影響力は大きいとも言えます。私たちもしっかり学び、正しい知識を身につける必要があると感じました。小生も今日から始めます、もちろん「節度ある節電」を。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント
ライター募集
空いた時間で手軽に副収入を稼ぎませんか?ライター募集のご案内です!プロのライターじゃなくても大丈夫です。真面目に取り組んでいただける方をお待ちしております!
【2011/09/15 23:18】 URL | ライター募集 #nN/dvz9A [ 編集]

主婦 副業
主婦の方にぴったりの副業を初めてみませんか?在宅で出来るので時間にとらわれずにお仕事していただけます。真面目に取り組んで頂ける方からの募集をお待ちしております。
【2011/09/22 00:11】 URL | 主婦 副業 #vVDuD8HM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://matsusaka.blog111.fc2.com/tb.php/326-512fa12d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

証券人(しょうけんびと)

Author:証券人(しょうけんびと)
約13年間の大和証券勤務を経て、1998年1月松阪証券に入社
2006年4月代表取締役社長就任
現在に至る



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。