松阪証券 社長日記
企業人として、三重県で生業を営む者として、日々の発見、気づきなどを気まぐれに書きとめて行きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菅内閣不信任案否決 これって茶番劇?
大きな転換点になるかに思われた我が国の政局。蓋を開けてみれば大量造反は回避され、菅内閣不信任案は否決という、消化不良の結末となりました。事前の予想は拮抗もしくは可決が大半を占めていただけに、民主党政権、ならびに菅内閣は九死に一生を得たといったところでしょうか。

しかしながらこの結末、何やら茶番劇、出来レースの匂いがプンプンします。不信任案が可決されれば、民主党は空中分解必至。民主党そのものが党を分かつ、彼らにとって最悪の結末になったでしょう。しかし、大方の予想に反して結果は否決。菅首相は、震災の対応に一定のメドがついた段階で、若い世代に責任を引き継ぐ意向を表明し、この決議に臨みました。しかし、水面下では事前に鳩山前首相と会談しており、この時点で決議の結果はもう決まっていたことになります。

結果は一つ、同じ事ですが、おそらく話し合われたのは不信任案を可決させないことではなく、党分裂を食い止めることだったのではないでしょうか。つまり、鳩山元首相は不信任案賛成だが、それよりも優先すべきことが党分裂の回避だったということです。ですから、意に反して不信任案反対の票を投じました。そして、党分裂が回避されれば、菅内閣も存命。一種のバーター取引(党分裂を回避したい鳩山と、首相を辞めたくない菅)、もしくは菅首相の脅迫に鳩山元首相は屈したわけです。

もっとも、本心は不信任案賛成ですから、そんな頼りない首相の説得、脅迫に屈したというのは何とも恥ずかしい。一旦抜いた刀を、振り下ろすことなく元の鞘に納められない。そこで、考え付いたのがこの茶番劇です。大量造反を回避し、不信任案は否決。民主党政権は生きながらえます。しかし、あたかも行き違いがあったかのように装い、それぞれは議決前の立場、主張を継続する。菅首相、鳩山元首相、岡田幹事長、小沢元代表、日教組の親玉… 民主党の主要人物は、全員そうです。

これはまさしく出来レース、間違いなく茶番劇です。少なくとも小生にはそうとしか考えられない! もし小生の意見が正しいとすれば、やっぱり政治家にとって一番大切なのは政治ではなく政局だということ… そして最も気の毒なのは、否決された不信任案を提出した自民党でしょうか? いいえ、そうではありません。民主党が生きながらえるために、人柱、生贄にされた2名の議員。菅や鳩山にとって、彼らは戦場に見捨てられた名もなき兵士。「騙したな、話が違うじゃないか!」と言ったかどうかは知りませんが、政界は魑魅魍魎の住む恐ろしい世界ですね。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://matsusaka.blog111.fc2.com/tb.php/314-1ee92c03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

内閣不信任案決議

----[PR]--------------------------------------------------なんかこれってタダで見れちゃいけないものな気が(汗)ネットを使って稼ぐ方法が→ 流出?------------------------------------------------[PR]------松阪証券 社長日記 菅内閣不信任案否決 これって茶番劇?... 1日の出来事を振り返るブログ【2011/06/03 14:19】

プロフィール

証券人(しょうけんびと)

Author:証券人(しょうけんびと)
約13年間の大和証券勤務を経て、1998年1月松阪証券に入社
2006年4月代表取締役社長就任
現在に至る



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。