松阪証券 社長日記
企業人として、三重県で生業を営む者として、日々の発見、気づきなどを気まぐれに書きとめて行きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近江商人「商売の十訓」
近江商人と言えば「三方良し」。みなさん良くご存知だとは思いますが、三方とは「売り手」「買い手」「世間」のことで、「売り手良し、買い手良し、世間良し」とも言われます。商売をやるからには、儲からなければ意味がありませんが、そのためには「買い手」であるお客様に喜んでもらわなければ商売そのものは成立しません。ここまではごく当たり前。近江商人の商売哲学にはこれに「世間良し」が加わって「三方良し」となります。近江商人のビジネススタイルを色々調べてみますと、本拠は近江に置きながら、活動領域は全国各地に及び、支店や枝店を出店する形式をとっていたようです。五里四方に人が住んでいるならそこにはビジネスチャンスがあると考えていたとか・・・ そんな近江商人も地元近江を一歩出れば所詮よそ者。ですから、その活動地域のお客様以外の人々とも対立せず、融和し、暖かく受け入れられることが大切だと考えていたわけです。今風に言うならば、企業の社会的責任、地域的なCSRともいえます。

話が横道にそれますが、このCSR、日本では利益を目的としない慈善事業(寄付など)と誤解・誤訳されることが多いようです。しかし本来は、企業が利益を追求するだけでなく、組織活動が社会へ与える影響に責任をもち、あらゆるステークホルダー(利害関係者:消費者、投資家、さらには社会全体)からの要求に対して適切な意思決定をすることを指ます。ひょっとしますと、近江商人の「世間良し」こそこのCSRの先駆けかも知れません。

さて、現在も活躍する大手百貨店や商社、紡績会社など、近江商人の流れを汲むとされる大企業は多数存在しますが、これら近江商人が繁栄している理由は、このほかにもありました。あれこれ記述し始めると長編のブログになりそうですので、その中から「三方良し」を最上段に展開されていた「家訓」について。ちなみに近江では現在でも「家訓」を大切にしており、新しい幸せな家庭を築くべく、夫婦が結婚式場の勧めで家訓づくりにいそしむそうです。血は争えないといったところでしょうか。

さて本題に戻りましょう。あれこれ調べてみますと、近江商人「商売の十訓」と言うものが存在することが分かりました。

1  商売は世のため、人のための奉仕にして、利益はその当然の報酬なり
2  店の大小よりも場所の良否、場所の良否よりも品の如何
3  売る前のお世辞より売った後の奉仕、これこそ永遠の客をつくる
4  資金の少なきを憂うなかれ、信用の足らざるを憂うべし
5  無理に売るな、客の好むものも売るな、客のためになるものを売れ
6  良きものを売るは善なり、良き品を広告して多く売ることはさらに善なり
7  紙一枚でも景品はお客を喜ばせる、つけてあげるもののないとき笑顔を景品にせよ
8  正札を守れ、値引きは却って気持ちを悪くするくらいが落ちだ
9  今日の損益を常に考えよ、今日の損益を明らかにしないでは、寝につかぬ習慣にせよ
10 商売には好況、不況はない、いずれにしても儲けねばならぬ

現在置かれている状況、課題などによって、心に響く、または重みがあると感ずる家訓は人それぞれだと思います。小生も経営者の端くれ。小社の現況から考えますに、すとんと心に落ちたのはズバリ5の訓。「無理に売るな、客の好むものも売るな、客のためになるものを売れ」は簡単なようでなかなか難しいこと。利益を上げようとするとついつい無理に売ってしまいますし、油断すると楽をして客の好むものを売ってしまいがちです。しかしながら商売の本道は、客のためになるものを売ること。買い手が最も喜ぶのが「客のためになるものを売る」ことだからですね。表現方法、見方を変えるならば、最も付加価値が高くなる選択、最も儲かる選択が「客のためになるものを売る」ことにもなります。

たった一行ですが、実に奥が深い・・・ 恐るべし近江商人! 近江商人の歴史についてもっと調べてみたくなりました。またいつか、続編にチャレンジしてみることにします。乞うご期待!!

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://matsusaka.blog111.fc2.com/tb.php/302-27fe8635
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

証券人(しょうけんびと)

Author:証券人(しょうけんびと)
約13年間の大和証券勤務を経て、1998年1月松阪証券に入社
2006年4月代表取締役社長就任
現在に至る



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。