松阪証券 社長日記
企業人として、三重県で生業を営む者として、日々の発見、気づきなどを気まぐれに書きとめて行きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大相撲、このままでは空中分解の可能性も
前回のブログでも述べましたが、今の相撲界にとって最も大切なことは、大相撲とはいったい何なのか、その方向性をしっかり決めて、不必要な過去と守るべき伝統を整理し、それを国民に公開して改革すること。プロレスであれば八百長が問題視されることなど無いわけですから、レスラーも八百長疑惑でクビにならないはず。八百長だと分かっていても、大男が組み合い、背中を激しくマットに打ち付けられる迫力を楽しむ多くのプロレスファンは存在するのです。今回の八百長問題も、力士の個人的な問題として責任が追及されていますが、そもそも相撲界全体が「大相撲の位置づけ」を意図的(?)にあやふやにしていたから起こった問題であり、その責任を力士個人に押し付けるのは理不尽なのではないでしょうか。

プロレスの類、「興行」的の側面があったからこそ、力士間では八百長が横行していたのです。またある時は、純粋な「競技」であると嘯きながらも、守り続ける必要の無い巨大なピラミッド型の階層や待遇格差(十両と幕下)を維持したことが、八百長発生の温床となったことも否定できないでしょう。さらには伝統ある「神事」だったことを巧みに利用し、国技のための国技館だと主張し、神事だから、国技だからこそと公益法人たる地位を確保していた。まさに今回の騒動、力士の個人的な問題ではなく、相撲界全体の問題なのです。

また、現在の八百長犯探しはとんでもない結果を招く可能性があります。相撲協会が考えているほど現実は甘くは無いはず。板井という四股名の力士がいましたが、彼は引退後に(確か外人記者クラブで)、「横綱時代の千代の富士ですら対戦相手から勝星を買っていた」と証言しているのです。犯人探しをしている放駒理事長、あなたの隣の席の理事も危ないのでは? ひょっとするととあなたも一度や二度はあるのでは… 恐らくこれまで大相撲の実態を、そんな風に捉えている国民は少なくないはずです。

それでも一定の人気を維持していた大相撲、日本国民は本当に大相撲が好きなのです。改革の方法を間違えなければ、今後も維持・発展することは可能なはず。このまま八百長の犯人探しを続けていては、芋づる式は目に見えています。「元魁傑(カイケツ)の放駒理事長が問題が解決(カイケツ)したものの、幕内力士は半減していた」なんてことも充分考えられるでしょう。まさに大相撲崩壊の危機に直面しているかもしれないのです。

相撲協会は、今すぐ大相撲が「興行」的な側面を持っていたことを認め、八百長問題の責任を力士個人に押しつけず、この問題を解決しなければなりません。これぞまさしく魁傑の役割。このまま突っ走ると、伝統ある大相撲がついには空中分解してしまうのではないか、一相撲ファンとして小生は心配です。もう一度言います、八百長の犯人探しは、即刻やめるべきです!

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://matsusaka.blog111.fc2.com/tb.php/301-048d1c8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

証券人(しょうけんびと)

Author:証券人(しょうけんびと)
約13年間の大和証券勤務を経て、1998年1月松阪証券に入社
2006年4月代表取締役社長就任
現在に至る



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。