松阪証券 社長日記
企業人として、三重県で生業を営む者として、日々の発見、気づきなどを気まぐれに書きとめて行きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの人です、皆さんご存知のはず…
いきなりですがこの写真、どなただかお分かりになるでしょうか? もちろん、皆様よくご存知のはずです。
ムルアカ

アフリカのコンゴ民主共和国(旧ザイール共和国)のご出身。ピンボケの分かりにくい画像ですが、身長は209cm。ビッグ・ジョンという愛称で呼ばれていたこともあったそうです。お世辞にも流暢な日本語とは言えませんでしたが(ボビー・オロゴンの話を聞いているような感じです)、在日期間は25年ほどだったでしょうか。既に帰化されているそうで、正真正銘の「日本人」です。

ヒントですか? では、キーワードをいくつか…
≪工学博士・北海道・K-1≫

これではチョッと分かりませんね、ではさらに…
≪私設秘書・北方領土・ムネオ(息子の名前)≫

もうお分かりですね、そうです、ジョン・ムウェテ・ムルアカさん、元衆議院議員鈴木宗男氏の私設秘書だった、あのムルアカさんです。現在の肩書きは、タレント(?)、工学博士、国際政治評論家。外国人タレントプロダクション事業共同組合の専務理事も務めていらっしゃるとか… まさに多彩なタレント(才能)の持ち主です。2006年のものですが、仲良さそうなお二人の画像をWebで拝借して掲載させていただきました。
ムネオ&ムルアカ

なぜ、ムルアカさんなのか。実は、今週月曜日(1月17日)、少人数の講義形式でムルアカさんのお話を聞く機会に恵まれたのです。
演題

前出の通り、ボビー・オロゴンのような日本語で、日本政治の問題点について、広範囲にそして熱く語られました。あまりのも内容が幅広く、お話の内容をうまくお伝えできないかもしれませんが、掻い摘んで箇条書きでご紹介しておきます。

①当事の政界ではかなり顔が広く、政府、自民党の仕事を無報酬で引き受けていたこともあり、大物政治家からの信頼も厚かった。金丸氏、竹下氏、梶山氏などからもかわいがられた。
②日本の政治制度からすると、国会のねじれ現象はあってはならない事態。どうにかして解消させなければ、政府機能は回復しない。今後は、問責決議連発となる。
③菅首相は、政治家ではなくお世辞家。
④与謝野氏は財政のプロかもしれないが、政治家としてではなく、事務方としてのプロ。実行力が欠如している。
⑤白い服を着たレンコン(蓮舫?)議員は、予算のチェックという参議院議員として当たり前の仕事をパフォーマンスにしている。政治のワイドショー化。技術力で立国しなければならない日本は、スパコンでNo.1にならなけらばならない。
⑥菅氏より小沢氏のほうがまし。
⑦金丸氏は、小泉氏を首相にしてはならないといっていた。思いつきで、考えたら即実行は危険。
⑧鳩山氏が地雷を踏む(沖縄問題)のを待っていたのが現首相の菅氏。
⑨故郷アフリカには豊富な地下資源がある。日本はアフリカとの友好関係を積極的に発展させるべき。
⑩アフリカの民族間紛争は、(殆どが?)資源獲得のために仕組まれたもの。
⑪苦しんでいる日本人がたくさんいるのに、政府はODAの無駄遣いをしている。お互いが潤うためのODAであるはずが、国家、国民の利益につながっていない。
⑫鈴木宗男氏は悪いことはしていない。ロシアに近づきすぎると、アメリカなどの嫉妬心を煽ることになると忠告していた。しかし、本物の政治家は死後はじめて認められるもの。生きているうちは、苦しさ、辛さを受け入れなければならない。鈴木氏にも心配するなと言った。
⑬日本の政治家は「忙しい」が口癖。政局と自身のポストには興味があるが、政治そのものには興味がない。
⑭日本の政治家は議員バッジをつけること(当選)が目的で活動している。勉強しない、頭を下げない、教えを請わない。
⑮金丸氏は政治のことばかり考えていた。資金管理は妻に任せていたが、言い訳をせず責任を取った。
⑯政治家は、国家のために死ねるかどうか。

どこから見ても日本人には見られないだろう日本人、ムルアカ氏が、情けない我が国政治の現状を憂い、熱く(ボビーのように)語っておられたのが非常に印象的でした。ムルアカ氏こそ日本人の中の日本人、まさに「アッパレ」です。小生はもちろんのこと、他の聴講者の皆さんも、ムルアカ氏の迫力に圧倒され、少々考えさせられ(反省して)帰路についたこでしょう。

ムルアカさん、ちょっと書きすぎたでしょうか。ご勘弁ください、そしてありがとうございました。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://matsusaka.blog111.fc2.com/tb.php/297-07c3d1bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

証券人(しょうけんびと)

Author:証券人(しょうけんびと)
約13年間の大和証券勤務を経て、1998年1月松阪証券に入社
2006年4月代表取締役社長就任
現在に至る



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。