松阪証券 社長日記
企業人として、三重県で生業を営む者として、日々の発見、気づきなどを気まぐれに書きとめて行きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

話題の「カレー納豆」に初挑戦 その味は?
納豆暦は30年ほどの小生。昨日スーパーにて、近頃話題の「カレー納豆」を発見! 恐る恐るか、それとも怖いもの見たさか興味本位か、思わず買い物籠の中に放り込み、早速本日の朝食でチャレンジしてみました。
カレー納豆

製造は、秋田県に本社を置く納豆の老舗(株)ヤマダフーズ。同社はおはよう納豆のブランドで、「カレー納豆」ほかにも「ラー油たれ」や「ショウガ入り」、「こだわりのダシ入り」など、変り種の納豆に色々挑戦、開発しているご様子です。

さて、近頃の小生の朝食。お茶碗に三分の一ほどの炊き立てご飯。その上に1パック分の納豆を乗せ、味噌汁やスープと一緒に食します。皆さんご想像の通り、ご飯よりむしろ納豆のほうが分量が多く、ご飯を食べているというより納豆を食べていると言ったほうが適当でしょう。

さてさて、そのお味は? 納豆の老舗ですので、納豆そのものは味に間違いはなし。添付されているカレー(通常の2倍ぐらいの量があります)のたれをかけ、いつものようにお箸で(かなりしつこく)かき混ぜます。この時点で既にカレーのスパイシーな香りが漂いますが、見た目は何の変哲も無い納豆。今朝も少量のご飯の上に納豆を大胆に乗せて一口。甘口カレーたれの表示どおり、カレーの辛さは全く(殆ど?)なし。しかし、カレー独特のスパイシーな香りに、納豆独特の臭さ(実はこれが納豆好きにはたまらない!)がかき消され、なかなか美味しいではありませんか。

WEBで調べたところ、中辛カレーたれの「大人の味わい」バージョンもあるようです。これにも近いうちに挑戦することを決意。毎日ワンパターンになりがちな朝食ですが、これなら暫くは楽しめそうです。日本の伝統的食材「納豆」とインド料理の定番「カレー」。調和が取れそうにも無い、異国の二つの食材が奏でる見事なハーモニーを、皆さんもぜひお試しあれ。

そうでした、高校2年生の息子はカレーハウスcoco壱番屋の「納豆カレー」が好物だったことを思い出しました…
納豆カレー



スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://matsusaka.blog111.fc2.com/tb.php/296-77ccf291
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

証券人(しょうけんびと)

Author:証券人(しょうけんびと)
約13年間の大和証券勤務を経て、1998年1月松阪証券に入社
2006年4月代表取締役社長就任
現在に至る



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。