松阪証券 社長日記
企業人として、三重県で生業を営む者として、日々の発見、気づきなどを気まぐれに書きとめて行きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臭い物には蓋をした結果が、57.6%なのでしょうか?
記憶に新しいところですが、11月16日厚生労働省が発表した「平成22年度大学等卒業予定者の就職内定状況」によると、10月1日現在、大学卒業予定者の就職内定率は57.6%で、前年同期を4.9ポイント下回りました。このデータ、詳しくその調査対象を調べてみると、そこには驚くべき事実、実情があるとか… 小生自信で確認したわけではないのですが、なんと調査対象になったのは、国立大21、公立大3、私立大38、短大20、高専10、専修20校。大学は東大、一橋、早稲田、慶応、上智、東工大、津田塾と一流大学が軒並み名を連ね、MARCH(明治・青山・立教・中央・法政)クラスでも中央大しか調査対象となっていなかったそうです。

ということは、実際の内定率はいったい何パーセントだったのか。そして、現状はいったいどうなっているのか… 全大学生に対象を広げれば、現在でもおそらくは公表の数値を上回ることは無いでしょう。「臭い物には蓋をする」ではありませんが、57.6%が実態とはかけ離れたデータだと予想することは、容易なことです。勝手な推測ですが、せいぜい40%程度だったのではないでしょうか。

2010年年の暮れ。今年も小社など地場証券にとっては厳しい一年間でしたが、それでも会社が存続していること、仕事があることに感謝。同業他社と比較し、小社は規模こそ最低レベルではありますが、財務体質(自己資本比率)ではトップレベルを維持することができています。これも一重に諸先輩が残してくれた蓄積のおかげ… 改めて尊敬の念、感謝の気持ちを大切にしなければならないと感じた年の瀬でした。

皆様、今年も一年間お世話になりました。良いお年をお迎えください!

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://matsusaka.blog111.fc2.com/tb.php/293-bdebb7a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

証券人(しょうけんびと)

Author:証券人(しょうけんびと)
約13年間の大和証券勤務を経て、1998年1月松阪証券に入社
2006年4月代表取締役社長就任
現在に至る



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。