松阪証券 社長日記
企業人として、三重県で生業を営む者として、日々の発見、気づきなどを気まぐれに書きとめて行きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消えた9,000億円
政府は今年8月、5年をかけて進めてきた301ヵ所の年金福祉施設売却を終えました。建設と維持管理に約1兆1,300億円を充てながら、売却総額はたったの2,221億円で、その回収率は約20%。役人の無駄遣いにより、消えた年金保険料は9,000億円を超えたとのことです。

中日新聞の報道によると、こんな役人の発言も。「基金や財団をつくれば厚生省の連中がOBになった時の勤め口に困らない」「年金を払うのは先のことだから、今のうち、どんどん使ってしまって構わない」、まるでドラマの悪代官、「お主も悪よのう」をほうふつとさせる台詞です。この発言、旧厚生省の初代年金課長、花沢武夫氏の口から出た証言。1988年に旧厚生省の外郭団体が発刊した「厚生年金保険制度回顧録」に堂々と掲載されたそうです。

一方、当初売却予定だった社会保険病院と厚生年金病院の扱いが、地元の反発などで注に浮き、年金福祉施設の売却を担当してきた「年金・健康保健福祉施設整理機構」の存続期間は2年延長することに。今後の焦点は病院の行方に移ります。

いずれにしても、最も重要のなのは同じ過ちを繰り返さないこと。どうしてこうなったか検証して、徹底的に責任を追及すべきでしょう。もう許しては成らない、シロアリのように国民の資産を食いつぶす役人たちを… 脱官僚を掲げる与党民主党に大いに期待します!!

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://matsusaka.blog111.fc2.com/tb.php/276-7be3efd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

証券人(しょうけんびと)

Author:証券人(しょうけんびと)
約13年間の大和証券勤務を経て、1998年1月松阪証券に入社
2006年4月代表取締役社長就任
現在に至る



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。