松阪証券 社長日記
企業人として、三重県で生業を営む者として、日々の発見、気づきなどを気まぐれに書きとめて行きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白熱の首位争い ヒートアップするセリーグ・ペナントレース
どちらかと言えば、Jリーグ(サッカー)やドラマに押されぎみのプロ野球。しかし今年はちょっと違います。今、セリーグの首位争いが熱い! 昨夜は巨人、阪神、中日の上位3チームがいずれも延長サヨナラ勝ち。敵失、本塁打、適時打と三者三様ですが、リーグ優勝の行方はこの上位3チームに絞られたと言えるでしょう。

いわずと知れた王者巨人はやや下降気味。つい先日も豪速急が武器のクローザー、クルーンの手元がクルーン(狂う)。四球でランナーをため、挙げ句の果てに満塁ホームラン被弾の自作自演。まさかペナントレースを盛り上げ、プロ野球界の失地回復のための自作自演ではないと思いますが、もともと攻撃陣の破壊力は随一ですので、投手陣の復調が後半戦を占う上でキーポイントになりそうです。

サヨナラV
一方、首位巨人を猛追するのが、我らが阪神タイガース。当ブログで何度か紹介していると思いますが、小生は幼少のころから生粋のトラキチ(程々です)。昨夜は延長十回の裏。林のソロ、関本の安打に鳥谷のサヨナラ・ツーランホームラン。本来なら投手陣の要となるべき安藤、久保田の不調は気になりますが、期待するなと言われてもそれは無理な話。かなり贔屓目に見ているかもしれませんが、勢いは我が方にありです。

落合監督率いる中日も虎視眈々。特に投手陣の充実は目を見張るものがあります。昨夜も7投手のリレーで5試合連続無失点勝利の新記録樹立。計算できるのは打撃ではなく守備だと言うのが野球の世界のセオリーですので、後半戦もじりじり上昇でしょうか。今やトレードマーク(?)ともいえる、落合監督の不敵な笑みが不気味です。

トラキチの小生にとって、心配なのは夏の甲子園開催期間。我らが阪神タイガースは、死のロードに入ります。交通手段が飛躍的に発達した現在、「死のロード」はもはや死語だといえるかもしれませんが、これを無難に乗り切ればと願うばかりです。

がんばれ阪神タイガース! トラキチの遠吠え、お粗末でした。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://matsusaka.blog111.fc2.com/tb.php/265-8469e60d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

証券人(しょうけんびと)

Author:証券人(しょうけんびと)
約13年間の大和証券勤務を経て、1998年1月松阪証券に入社
2006年4月代表取締役社長就任
現在に至る



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。