松阪証券 社長日記
企業人として、三重県で生業を営む者として、日々の発見、気づきなどを気まぐれに書きとめて行きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週末のサイクリング
土曜日(6月5日)は朝から晴天。これといって予定の無い小生は、メタボ対策を兼ねて、例によって気まぐれサイクリングに出かけることにしました。

サイクリングといっても目的地はありません。真っ直ぐ進むか、右に曲がるか左に曲がるかは気分次第。以前にも紹介しましたが、回り道しつつなんとなく大淀漁港を目指してペダルをこぐことににしました。

自宅の明和町明星を出発し、とりあえず明和ジャスコ方面へ。明和ジャスコまでは8~9kmありますが、暑すぎず風もなく、まさしくサイクリング日和。30分ほどで付近まで到着しました。次は大淀漁港へ。南勢バイパス(国道23号線)を横切る小さいトンネルをくぐり、知らない道を進みました。すると、南勢バイパスと海岸線のあいだの笹笛川沿いに、一度は通り過ぎましたが、なにやら鳥居と記念碑があります。目的地があるわけでもありませんし、数十メートル戻って確認してみることにしました。
カケチカラ鳥居

事前に調べて訪れたわけではありませんので、全く意味不明。記念碑には何が刻印されているのか。小さい鳥居をくぐり、近づいてみることに・・・
カケチカラ記念碑

どうやら「カケチカラ発祥記念之碑」と刻まれています。記念碑の右側には解説の碑がありましたが、よく理解できません。自宅に戻って、webで調べたところ・・・

カケチカラとは、毎年十月に伊勢神宮で行われている神嘗祭(カンナメサイ)で内玉垣(ウチタマガキ)に掛けられる稲束のことで、「懸税」と書きます。神代の昔、垂仁天皇は皇女倭姫命(ヤマトヒメ)に命じて天照大神(アマテラス)を祀る適地を探させました。ヤマトヒメが近江、美濃などを巡って伊勢の地に至ったとき、アマテラスは「常世(とこよ)の浪(なみ)の重浪帰(しきなみよ)する国なり、傍国(かたくに)のうまし国なり」と託宣したため、伊勢が鎮座の地として選ばれたそうです。ヤマトヒメは、旅の途中現在の明和町の佐々夫江(ササフエ)の地に来られた時、一羽の真名鶴が稲株の所在を示し、それを大神に捧げたといわれ、これが懸税(カケチカラ)の発祥となったと伝えられています。

カケチカラの由来、それは神話の世界のことのようです。思いがけない名所や旧跡に行き着くこともあるのが、気まぐれサイクリング楽しみの一つでもあります。

ブログに掲載した写真を撮り終え、大淀漁港を目指して再出発。8時過ぎに出発して既に小一時間が経過していたでしょうか。徐々に日も高くなり、日差しは夏の到来を予感させる強さですが、まだまだ入梅前。頬に受ける風は爽やかです。10分ほどで海岸線に到着。海水浴場を左手に眺めながら、防波堤を軽快に走り大淀漁港に向かいます。大淀漁港は数名の漁師さんたちが忙しく働いていましたが、時間は既に9時30分ごろ。水揚げされた魚や貝に興奮する、大勢の漁師さんたちが見られることを期待していましたが、時間が遅すぎますね。むしろ少々物悲しい感じも。次回は、日が昇らないうちに来てみましょう。
大淀漁港

大淀漁港のすぐ脇にあるのがかの有名な「業平松」です。
業平松

写真中心の松は「業平松」ではありません。分かりにくいかも知れませんが、奥中央の松が三代目(1978年植樹)の「業平松」で、一帯は業平公園と呼ばれているそうです。「業平松」の由来は、在原業平と斎王の届かぬ恋の物語。伊勢物語六十九段に描かれており、伊勢を出発する業平を斎王がこの松まで送ったと伝えられています。
業平松解説

「業平松」を撮影し終え、大淀漁港を出発したのは10時ごろだったでしょうか。ここから自宅までは自転車で30分程度です。早起きしてペダルをこいだこともあり、早くもおなかがすいてきました。お昼のメニューは夏の風物詩「冷やし中華」。梅干ならぬ「冷やし中華」想像してつばを飲み込む小生でした。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://matsusaka.blog111.fc2.com/tb.php/254-13842ed0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

証券人(しょうけんびと)

Author:証券人(しょうけんびと)
約13年間の大和証券勤務を経て、1998年1月松阪証券に入社
2006年4月代表取締役社長就任
現在に至る



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。