松阪証券 社長日記
企業人として、三重県で生業を営む者として、日々の発見、気づきなどを気まぐれに書きとめて行きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だいじょぶなの? 岡田ジャパン
昨日は帰宅後、サッカー・ワールドカップ壮行試合、日韓戦をテレビ観戦。われらが日本チームのレベルからすると、当然苦戦が予想されるワールドカップですが、やってみないとわからないのが勝負の世界。岡田ジャパンの実力はどんなものなのか・・・ 野球、フィギアスケートなど、対戦相手は多くのスポーツでしのぎを削る韓国だけに、テレビ観戦のお茶の間(俄か)サポーターの応援にも、おのずと熱が入ります。

ところがドッコイあっけない結末。開始早々、マンUのパク・チソンにカウンターの一発。その後は両チーム得点の入らない時間が長く続いたものの力の差は歴然。経験、実力からしてチームを引っ張るべき中村俊輔選手が全く目立たぬ存在となってしまい、時間の経過とともに劣勢があらわに。引き分け狙いでパワープレーを仕掛けたところを、またもやカウンターの一発。キーパーの楢崎選手はファールで試合を止めのが精一杯で、PKを決められ万事休す。お茶の間サポーターの小生も苛つく試合でしたので、現地に駆けつけた本物サポーターはストレスの溜まる試合だったでしょう。

ワールドカップまでの日数はあと僅か。立て直しを図ることは事実上不可能でしょう。何しろ岡田監督は、試合後進退伺いをしたとか・・・ 末期症状です。また、後半途中でベンチに下がった中村俊輔選手と本田圭佑選手。皆さんご存知の通り、岡田ジャパンを引っ張るべきこのご両人が、二人ともベンチに下がるのですから非常事態です。また、メディアも注目のご両人。ベンチに下がった後、何度もその表情が画面に大写しになっていました。岡田監督のみならず、本来ならこの二人が意見を交わし、敗戦(この時点では苦戦)の分析をやるべきところですが、意見を交わすどころか距離をおいてベンチに座り、視線すら合わそうとしていないようでした。

先制点を挙げたパク選手は元々Jリーグ出身。試合後、「当時(10年前)より日本は弱くなっている」とまで言われてしまうありさま。リーダー不在を指摘する報道が相次いでいますが、小生も同感。これでは世界で戦えない!予選リーグ全敗が濃厚ですね。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://matsusaka.blog111.fc2.com/tb.php/252-dc9204a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

証券人(しょうけんびと)

Author:証券人(しょうけんびと)
約13年間の大和証券勤務を経て、1998年1月松阪証券に入社
2006年4月代表取締役社長就任
現在に至る



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。