松阪証券 社長日記
企業人として、三重県で生業を営む者として、日々の発見、気づきなどを気まぐれに書きとめて行きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発掘現場
小生は三重県多気郡の明和町在住。付近には里山の残る田園地帯で、のどかな風景が広がっています。以前当ブログでも紹介しましたが、自転車で15分ほど走れば伊勢湾を望む砂浜(海水浴場)に行くこともできます。ちなみに職場のある松阪市までは電車で15分ほど。自宅の最寄り駅は各駅停車しか利用できず、通勤時間帯でも列車は1時間に3本~4本ですので、ロスタイムは大きいのですが…

さて、昨夜は三重県でも季節外れのなごり雪が舞いましたが、桜のつぼみがほころび始め、日に日に春らしくなってきました。先日も、ポカポカ陽気に誘われて、小一時間のサイクリング。心地よい春風を体に受け、隣駅の辺りまでペダルをこぎました。

その時です、なっ何と、遺跡発掘現場を発見したのです!
発掘現場
発見した場所は近鉄参宮線沿いの斎宮(さいくう)駅あたり。写真奥に線路が見えていますが、右方向が松阪・名古屋方面、左方向が伊勢・鳥羽方面です。工事現場にあるパイロンが無造作に置いてあるだけでく、厳しい監視員や柵が張られているわけでもなく、なんとも無防備な状態です。付近を散歩している地元の皆さんは、特に気にとめることもなく通り過ぎて行きます。

斎宮跡
ご存知の方も少なくないと思いますが、ご当地明和町斎宮は、我が国古代史上重要な歴史の町。古代から南北朝時代にかけて、伊勢神宮に奉仕した斎王(さいおう)の御所で、伊勢斎王、伊勢斎宮とも称します。天武天皇が壬申の乱の戦勝祈願の礼として伊勢神宮に自らの皇女を捧げたといわれ、万葉歌人として名高い大来皇女(おおくのひめみこ)がその初代斎王となりました。これ以後、主に天皇の代替わりごとに新しい斎王が選ばれて都から伊勢へと旅立ち、平安京遷都の後も長く続くこととなります。

伊勢での斎王の生活の地が、伊勢神宮から約20キロ離れた斎宮寮(現在の三重県多気郡明和町)でした。普段はここで寮内の斎殿を遥拝しながら潔斎の日々を送り、年に三度、6月の月次祭(つきなみのまつり)、9月の神嘗祭(かんなめさい)、12月の月次祭の「三節祭」に限って神宮へ赴き神事に奉仕しました。斎宮寮には寮頭以下総勢500人あまりの人々が仕え、137ヘクタールあまりの敷地に碁盤目状の区画が並ぶ大規模なものであったことが、遺跡の発掘から明らかになっています。

斎宮駅の前には当時を再現したミニチュア模型が展示されています。しかし、かなり想像力豊かな方にしかイメージできないかも… 当ブログをご覧になって当地を訪れる方は、ご注意ください、かなり小さめです。
斎宮

しかし、お勧めスポットもあります。三重県立「斎宮歴史博物館」は見どころ満載。発掘された土器など考古資料、当時を再現したレプリカ・模型などの展示物を見学しながら、日本の古代史を学ぶことができます。また、映像で分かりやすく斎王群行(ぐんこう)などを解説してくれるので、考古学・古代史ファンならずとも充分楽しむことができるはずです。もちろん、考古学・古代史ファンにとっては、一度は訪れてみたい垂涎のスポットですね。

この博物館の特徴は? 地元住民として非常に残念ですが、いつも空いています。観光客誘致が得意な、または熱心な自治体であれば、放置しておくことは決してないはずです。これだけの観光資源がありながら、三重県や地元明和町は一体何をやっているのか… 少々情けない気がしますね。伊勢神宮にお越しの際は、斎宮歴史博物館にもぜひお立ち寄りください、待ってます!!

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://matsusaka.blog111.fc2.com/tb.php/241-b480ffc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

証券人(しょうけんびと)

Author:証券人(しょうけんびと)
約13年間の大和証券勤務を経て、1998年1月松阪証券に入社
2006年4月代表取締役社長就任
現在に至る



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。