松阪証券 社長日記
企業人として、三重県で生業を営む者として、日々の発見、気づきなどを気まぐれに書きとめて行きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「かま」落札 マグロ祭り開催
先週末は3連休。我が家と言えば、行楽の予定は一切なし。3人の子供たちも10代後半に成長し、各々がそれぞれの予定で行動するようになり、家族全員で行動する機会も少なくなって来ました。おまけに長男は4月から大学生。いよいよ下宿生活がスタートします。一年間の塾(浪人)生活を終え、無事進学校が決まったことは喜ばしいことですが、母親の心理は複雑なようです。

さて、前置きが長くなりましたが、暇を持て余していた小生、妻と地元のスーパーマーケットに買い物に出かけることにしました。以前もブログで書いたことがあるかもしれませんが、週末にはちょくちょく買い物に出かけ、缶ビール片手に料理を楽しんでいます。

ところ狭しと並べられた食材を物色しながら、夕食の献立を考えるのもまた楽し。その日は3連休の土曜日だったことから、休日3日分の献立を決め、次々と買い物かごに食材を投入していきました。買い物も終盤に差し掛かったころ、鮮魚売り場のほうから店長の甲高い声が… どうやら、本マグロ(だったと思います)の解体即売会が始まるようです!!

事前に投票しておいた本マグロの重量当てクイズは残念ながら的外れ、29kgほどが正解でした。クイズの商品と、中落ちの試食ができるとの情報を聞きつけた買い物客たちが鮮魚売り場に集まり、周辺は大混雑。いよいよ店長自らマグロに包丁を入れます。家庭の包丁とは違い、切れ味は抜群。堅そうな皮をもろともせず、見事な包丁さばきで頭が切り離されました。

そして始まったのがオークションです。出品されたのは新鮮な「かま」。皆様ご存じの通り、魚のエラの周辺から腹側にかけての部分です。一尾で左右に一対しかとれませんので、出品数は2個。確認していませんが、小売価格は1個3,000円ほどするとのことで、3,000円から値を下げる方法でオークションがスタートしました。事前に中落ちを試食していた小生が、既に戦闘態勢に入っていたことは言うまでもありません。3,000円の次は一気に1,500円。手を上げようかどうかかなり迷いましたが、皆さん沈黙。「よし、次は1,000円だろう、1,000円なら買いだ!!」と心に決め、店長に声を待ちます。おそらく、この間数秒だったと思いますが、秒針が時を刻む音を聞くような張りつめた空気が流れます。いよいよ店長が「1,000円」、間髪いれずに小生は「1,000円買った!!」と右手を高々と上げました。続いてオジサン二人が手を上げ、じゃんけんでお一人が落選。市価3,000円と言う代物を、見事1,000円で落札することができました。

落札商品を受け取り、献立変更。次々と包装される刺身用の柵(ちょっと奮発して中トロ)を二本追加し、その日の夕食は「マグロ祭り」と相成りました。

その日の夕方、いよいよ調理に取り掛かります。調理と言っても、鮮度が高い上なかなか手に入らない素材の味を損なわぬよう、シンプルに塩焼き。調理前の「かま」はこんな感じです。
かま

我が家では普段、ガスコンロの「グリル」で焼き魚を調理しますが、その大きさ、厚みからすると、到底入りきる代物ではありません。こんなとき便利なのが電子レンジの「グリル」機能。少々時間をかけて、じっくり焼き上げることにしました。
グリルに投入

調理時間は30分ほど。電子レンジ(グリル)の前をウロウロし、中の様子をしきりにうかがう小生を妻は笑って見ています。しかし、油断は禁物!! せっかく落札した、なかなか手に入らない食材です。一瞬たりとも気を許すことはできません。妻や子供たちに「美味しい!」と言わせたい一心で、監視体制を強化し続けました。

いよいよ完成です。はたして、その出来栄えはいかに。ズバリ、妻も子供たちも、そして小生も大満足!! 急遽開催されることとなった我が家の「マグロ祭り」は大いに盛り上がり、相当量のマグロをきれいに平らげました。出来上がりの写真はないの? 皆さんの声が聞こえてきそうです。しかし、料理は出来たてのアツアツを食するのが鉄則。せっかちな小生にはよくあることですが、気付いた時には全て5人の胃袋の中に… 次回手にいれた時には必ず。約束します。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://matsusaka.blog111.fc2.com/tb.php/240-e7fbc6eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

証券人(しょうけんびと)

Author:証券人(しょうけんびと)
約13年間の大和証券勤務を経て、1998年1月松阪証券に入社
2006年4月代表取締役社長就任
現在に至る



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。