松阪証券 社長日記
企業人として、三重県で生業を営む者として、日々の発見、気づきなどを気まぐれに書きとめて行きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貴乃花親方当選! 立会に厳しい日本相撲協会
昨日、注目の日本相撲協会理事選の投開票が、東京・両国国技館で行われ、これまでの慣例を無視し立候補した平成の大横綱「貴乃花親方」が、苦戦予想を覆す10票を獲得し当選しました。

貴乃花親方

定数10人に対し11人が立候補。選挙戦は4期8年ぶりのことだそうです。貴乃花親方は所属する二所ノ関一門の候補者調整に反発し一門を離脱。同一門を破門された親方衆6人が支持を表明していましたが、本人の票を含め得票予想は7票。当確ラインは10票とされており、落選が予想されていましたが、ふたを開けてみたら3票を上積みし10票を獲得。落選したのは立浪一門の大島親方で、一門の理事定数とされる立候補者選出に混乱したことで、不満票2票が貴乃花親方に流れたと言われています。親方の手腕を問わず、年功序列で理事が決まる慣行に嫌気が差したようですね。その他にも、二所ノ関から1票。これも、貴乃花親方自身の立候補に関する擁立問題でごたついた一門です。

また、これらの離反票を生んだのは投票方法の変更だったとか。これまでは、二つの投票箱の至近距離で各一門から出る立会人が評議員の投票行動をチェック。今回は候補者の名前を書く方式から○印を記入する方式に変更され、立会人も数メートル離れた場所に。誰がどの候補者に投票したかわからないように改善されていました。さすが日本相撲協会。力士の立会は厳しいチェックを入れていると思っていましたが、選挙でもやはり厳しい立会を求めていたようです。

八百長報道や暴行事件、大麻問題など不祥事が続いたうえ、初場所中に朝青龍の暴行問題も発覚し、ダーティーなイメージが付きまとう角界。格闘技はもちろんのこと、他のスポーツだったら朝青龍はすでに解雇、永久追放されているかもしれません。少なくとも、朝青龍の言い分をしっかり聴取し、公正厳正な対応が求められるところです。貴乃花親方の手腕は未知数ですが、相撲界に新しい風を吹き込んでほしいと切に願います。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://matsusaka.blog111.fc2.com/tb.php/232-e5deee45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

証券人(しょうけんびと)

Author:証券人(しょうけんびと)
約13年間の大和証券勤務を経て、1998年1月松阪証券に入社
2006年4月代表取締役社長就任
現在に至る



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。