松阪証券 社長日記
企業人として、三重県で生業を営む者として、日々の発見、気づきなどを気まぐれに書きとめて行きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根旅行記
先日、箱根に行ってきました。箱根に行くのはおそらく15~20年ぶり位でしょうか… タイトルは旅行記ですが、本当のところ東海四県の同業者(地場証券)団体の総会です。

総会と宴席を済ませ、翌日は恒例となっております観光です。宿泊した箱根湯本から、貸し切りバスでまずは大涌谷へ。ご存知の方も多いと思いますが、バスを降りると、温泉地特有の硫黄(?)の臭いがします。
蒸気

地獄風呂
観光客向けに整備された、皮靴でも登れる山道を数分間登ると、そこは箱根大涌谷名物「黒たまご」の生産地です。ニワトリがいるわけではなく、大涌谷に湧き出る温泉でつくった温泉卵のことです。

黒たまご
おそらく卵の殻と、温泉に含まれる硫黄などの成分が化学反応を起こし、白い殻が真っ黒に染まるのでしょう。1個で7年、2個では14年寿命が延びるとか… 5個入りで売っていますので、500円で35年!! 皆さんもお出かけの際は、是非お試しください。

写真はこの「黒たまご」を運搬するためのロープウェイ。小さな四角いゴンドラ(籠)で、真黒い卵がどんどん山を下りて行きます。
黒たまご

ここでサプライズ!! 聞き覚えのある方言と、容姿の団体客。こんなところでまさかと思いましたが、間違いありません。なんと地元三重県松阪の「交通安全協会」の皆様と偶然のご対面。さらにその中には、小社の社員のお父上までいらっしゃいました。写真で紹介したいところですが、個人情報の管理がうるさいご時世ですので悪しからず…

大涌谷からは、箱根ロープウェイで空中散歩。芦ノ湖畔の桃源台まで一気に下りていきます。桃源台では、貸し切りバスが待っているはずです。この箱根ロープウェイ、年間の乗客数(2008年:2,010,059人)が世界一で、ギネスブックの記録になっているそうです。過去は一本のロープにぶら下がっていましたが、現在は二本に改良され、かなりの強風が吹いても運行が可能だそうです。
ロープウェイ

この日は雲もまばらな日本晴れ。ゴンドラの中から、美しい富士山を望むことができました。
富士

桃源台で待ってくれていた貸切バスに乗り込み、次は「箱根関所跡」へ向かいました。写真は関所の門。確か京都側の門だったと思います。
京都口

関所の建物は残されている記録をもとに忠実に再建されており、当時の様子を係員の皆さんが親切に解説してくれます。役人などが泥人形のようですが、定かではない記録をもとに無理に着色すると、間違った歴史が残される危険性があるため、わざと着色していないそうです。
関所粘土の役人

昨晩は飲めや歌えの大宴会。はしゃぎ過ぎて疲労感の残る体に鞭打って、高台の見張り櫓へ。少々息切れしましたが、芦ノ湖畔に再現された「箱根関所跡」の全景を眺めることができました。青い鏡のように光る美しい芦ノ湖と、歴史を感じさせる関所跡の真黒な甍の波に、笑う膝のことはしばし忘れた小生でした。
全景
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://matsusaka.blog111.fc2.com/tb.php/219-35825834
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

証券人(しょうけんびと)

Author:証券人(しょうけんびと)
約13年間の大和証券勤務を経て、1998年1月松阪証券に入社
2006年4月代表取締役社長就任
現在に至る



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。