松阪証券 社長日記
企業人として、三重県で生業を営む者として、日々の発見、気づきなどを気まぐれに書きとめて行きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

話題のLED電球
話題のLED電球について、ちょっと調べてみました。
LED

写真右がLED電球、左は従来の白熱電球です。大手家電量販店には、すでにLED電球が並んでいますが、これまではどちらかと言うとうっすら明るい常夜灯向きの製品が多かったようです。しかし今年夏以降、東芝、シャープ、パナソニックと次々に普通の電球と交換できるLED電球が登場してきました。さてさて、鳩山首相が国連で宣言した温暖化ガス排出の25%削減は、この電球で達成できるのでしょうか…

まずは価格。60Wの普通の電球は200円程度で買えますが、LED電球は4,000円程度でおおよそ20倍。調光や調色に対応しているタイプはさらに割高で、5,000円~8,000円もするそうです。ガソリン代の節約には興味のない超お金持ち(セレブ)の映画俳優が、●●賞の受賞式にわざとらしくハイブリッドカーで乗り付け、これ見よがしにエコスタイルを強調するのとよく似ているかもしれません。いえいえ、まだ検証しなければならないポイントが二つあります。貧乏人には気になる電気代(エネルギー効率)と耐久性についても比較してみましょう。

シャープのWebページによると、普通の白熱電球(60W)では1円で0.76時間、LED電球の場合は1円で6時間利用可能です。同じく40Wですと白熱電球の1.14時間に対して約11時間と、エネルギー効率はおよそ10倍。驚くべき省エネ電球なのです! 次は耐久性。LED電球は1日10時間の使用で10年以上使えると書いてあるではありませんか。総時間にすると白熱電球の約1,000時間に対して、LED電球は約4万時間と40倍。ちょっと計算してみましょう。

4万時間(1日10時間で約11年)使用したとき
≪白熱電球≫4万時間÷1,000時間×200円=8,000円
≪LED電球≫4万時間÷4万時間×4,000円=4,000円

そうです、LED電球を使用すると、白熱電球を使用した場合の半額で済むのです。その上電気代も1/10ですから、さらにお得。温暖化ガスの排出削減効果も絶大(?)。使い方を工夫すれば、照明にかかる電気代を25%以上削減できそうです。

しかしよく考えてみたら、普通の家庭でどれだけ白熱電球が使用されているのでしょうか… 都合のいい比較、誇大広告だともいえます。蛍光灯と比較すると、いったいどういう結果になるのか。やはり、現段階ではハイブリッドカーみたいな存在なのでしょうか?

LED電球にしろハイブリッドカーにしろ、今後の技術革新によりコストダウン、性能向上、品揃えの充実はさらに、そしてどんどん進むはずです。そういう意味では、LED照明の本格的な普及は、意外に近いかも。我が家では、すでに可能な限り蛍光灯(電球)を使用していますが、来るべき明るい未来のため、今週末にお試しで購入してみようと思っています。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://matsusaka.blog111.fc2.com/tb.php/211-5d2f0020
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

証券人(しょうけんびと)

Author:証券人(しょうけんびと)
約13年間の大和証券勤務を経て、1998年1月松阪証券に入社
2006年4月代表取締役社長就任
現在に至る



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。