松阪証券 社長日記
企業人として、三重県で生業を営む者として、日々の発見、気づきなどを気まぐれに書きとめて行きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御在所ロープウェイで空中散歩
先日、久しぶりに御在所ロープウェイに乗ってきました。このゴンドラに乗るのは何年振りでしょうか。定かではありませんが、前回は少なくとも学生時代、おそらく20年以上前のことです。天気が良ければゴンドラからの眺めは最高のはず。紅葉には少々早めですが、年甲斐もなくやや興奮気味の小生です。

御在所ロープウェイについて、インターネットで少々調べてみました。全長は2,161m、高低差780m。麓の湯の山温泉から、1,212mの御在所岳山頂までを約12分で結びます。料金は大人往復で2,100円。宿泊した旅館でもらった割引券を利用したため、10%引きで乗車することができました。

麓の湯の山温泉同様、山頂まで雲一つない、空中散歩には絶好のお天気。年に数回見えるといわれる「富士山」は霞の中でしたが、眼下に広がる四日市の町並みを眺めながら、ゆっくりと上昇していきます。
ロープウェイ

御在所の岩山
あちこちのむき出した岩肌が、迫力満点です。浸食のせいでしょうか、今にも転げ落ちそうな巨石が積み木のようにも見えます。

日本一の支柱(鉄塔)
これはロープを支える鉄塔で、支柱高は61m(標高1,004m)。ゴンドラ内のアナウンスで説明していましたが、ロープウェイの支柱としては日本一の高さだそうです。鉄塔の基礎部分にあたる足元は、タタミ85畳分もあるとのこと。開通当時(昭和34年)は他の鉄塔と同じ緑色でしたが、昭和39年に白く塗り替えられました。それ以来、麓からも見える白く巨大な建造物は、湯の山温泉や御在所岳のシンボル的な存在になったそうです。小生は高所恐怖症ではありませんが、窓ガラス越しに下を眺めてみると、さすがに足がすくみました。

山頂の気温は10~11℃で麓の湯の山温泉とは別世界、少し肌寒いくらいでした。写真の通り、残念ながら紅葉には少々早めでしたが、山頂付近の気温から考えると、今月下旬にはピークを迎えそうです。近鉄四日市駅からは湯の山温泉まで近鉄湯の山線で25分。ここから10分ほどバスに揺られてロープウェイ乗り場です。今来週の週末あたり、お近くの皆さんは日帰り温泉と紅葉を眺めながらの空中散歩を楽しんでみてはいかがでしょうか。天気さえ良ければ、最高の紅葉狩りになるはずです。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://matsusaka.blog111.fc2.com/tb.php/210-46d4228b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

証券人(しょうけんびと)

Author:証券人(しょうけんびと)
約13年間の大和証券勤務を経て、1998年1月松阪証券に入社
2006年4月代表取締役社長就任
現在に至る



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。