松阪証券 社長日記
企業人として、三重県で生業を営む者として、日々の発見、気づきなどを気まぐれに書きとめて行きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政権交代 民主党大勝に期待と不安
昨日投開票が行われた衆議院選で、民主党が300議席を超える大勝、いよいよ政権交代です。民主党の勝利自体にサプライズはありませんが、単独過半数を大きく上回る大勝に、午前9:30頃の東京株式市場は急上昇。日経平均は200円超上昇し、年初来高値(リーマンショック後の高値)を更新しています。一方、バラマキと一部で中傷されるマニフェストの政策を嫌気し、金利上昇の思惑から外為市場では円高が進行。1$=92円台と、早くも懸念材料が顕在化しているようです。

格差社会の解消(世界的に見ると、わずかの格差ですが…)を標榜する民主党ですので、株式市場は格好のターゲットになりはしないか… 「証券取引に関する優遇税制」=「金持ち優遇」にされがちですので、優遇税制の廃止(事実上の増税です!)、さらには増税が実施されないか、証券業に従事する小生は、ちょっと心配です。

最も懸念するのは、今回の大勝利を支えた連合や日教組との関係です。このままの関係、距離感で政策運営を続けるとすれば、(どちらかと言えば)経済界と対極にある団体です。それでなくても息切れ気味の我が国経済を、本当に活性化することができるのか… 大いに疑問を感じます。もちろん、自民党が政権を守っていたならば、それが実現するとの確信はありません。しかしながら、両団体とこれまでの距離感を保ち続けるとすれば、自ずと経済界と新政権の距離は、遠ざかることはあっても近づくことはありえないと思います。

また、民主党はもともと主義主張の異なる政治家の寄り合い所帯と言われます。ですから、民主党自体の結束、纏まりがつかなくなるといった可能性も否定できません。それも予想以上に早い時期に… 民主党が空中分解となれば、またもや国会空転。結果、政治は果たすべき機能をマヒさせ、またもや我が国経済に大きな痛手を負わせることになりかねないのです。

行き着く先は、やはり「政界再編」でしょうか? 誕生前夜の新政権には失礼ですが、多くを望む気にはなれない… そう思うのは小生だけではないようです。午前10時過ぎの日経平均はすでに失速。上昇幅をどんどん縮小し、わずか2円高です。


スポンサーサイト

この記事に対するコメント
民主党とラーメン屋
ご無沙汰です。SGです。SPECIALGREATです。うそです。

某ラーメン屋のW社長がブログをやりたいって言うモンやから、参考までにちょこっとおじゃましたらなんやら新政権については期待してへんようなログについつい反応するし、、。

まぁ、たしかに「民主党」寄り集めの集団には違いないけどさ、だからこそええんとちゃうの?ようわからんけどさ、、。
世界をみてもさ、ドルが基軸通貨でなくなる(?)、ほんの一年前まで、誰もがそんなことはおもってないやん、、でも今はどうよ?半信半疑やけどさ、そんな話が平然と飛びかっとるやんか、、もうビックリくりくり、、クリ!やん!
日本がさ、この先さ、どうなるんか、断言出来る人はだれもおらんとおもうけどさ、、SGとしてはさ、政権交代に期待せなあかんあかんやん!って、無理矢理おもわなしゃーないやん?
政権交代から100日間は「ハネムーン」、期待しながら見守るしかしゃーないんとちゃう?
ただ、許せんのは、おおかた、、亀井やろ(笑)。

ラーメン屋も大忙しです、。30種類以上のメニューがあります。(そこがお題で民主党とカケたかったところなんやけどさ、、。)
種類が多い少ないはどうでもええんやって。いろんな味のラーメンがあってええやん。
そう思わん?そのほうがええって、、。今はそういうのが受け入れられるんとちゃう、、chowchow、、。
民主党もラーメン屋も、一番に目指すところがさ、ブレとらんだらさ、、もう経済情勢とか世界情勢とかに委ねたらええねんな。ってかさ、自分のやれる範囲とか、集団でもそうやけどさ、結局はやれることは限られるやん、。「人類皆兄弟」なんて絶対ないしな、実現不可能やし。「身近な人は皆兄弟」やったら、あるやろうけどな。

民主党ラーメン屋というSUBJECTは言い過ぎました、、、すみん、、「落ち」無しや、、。

(ブログ、がんばれぇ~~~!!
ブログのコンセプトにあわんだら削除してな。)



【2009/09/24 23:41】 URL | sg #- [ 編集]


SG様
コメントありがとう。
さて、民主・社民・国民新の連立政権ですが、最も期待する、またはもっとも頑張ってほしいのが亀井氏です。裏話。自民小渕政権時、金融危機に陥ったことからペイオフ解禁を一年延期したことを覚えているでしょうか… 何を隠そうその立役者が、まぎれもなく現金融担当大臣亀井氏なのです。有識者や与党内からかなりの批判を浴びながらも、国の行く末を思い、全責任を背負い込んで行動したのです。今でこそ、どこか体調が悪いのか、疲れがたまっているのか、思い出すのは「こまわり君」。最近下膨れが目立ってきました。健康に留意し、「金融のことはあまり分からない(当時のご本人の談)」金融担当大臣に、我が国の金融再生を託します!!
【2009/09/25 07:39】 URL | 証券人(しょうけんびと) #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://matsusaka.blog111.fc2.com/tb.php/203-bc3c3b90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

証券人(しょうけんびと)

Author:証券人(しょうけんびと)
約13年間の大和証券勤務を経て、1998年1月松阪証券に入社
2006年4月代表取締役社長就任
現在に至る



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。