松阪証券 社長日記
企業人として、三重県で生業を営む者として、日々の発見、気づきなどを気まぐれに書きとめて行きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お盆の渋滞 1,000円で2.3倍に
高速道路各社は17日、お盆期間の混雑状況や利用者数を発表しました。11日に発生した静岡県駿河湾を震源地とする地震の影響から、一部通行止めとなった東名高速では6~16日の一日当たりの利用者数が8%となりましたが、その他の高速道路では「1,000円割引」で込み合い、全体の平均では前年比14%の増加。30km以上の渋滞は前年比2.3倍の54回、10km以上の渋滞は同1.6倍の498回にもなったそうです。

最長の渋滞を記録したのは、13日の東北道下り車線、矢板PA付近でなんと69km。それ以外でも50km台が2か所など、想像しただけで目がくらむような長さです。当地、松阪ICからですと、桑名ICまでの距離がちょうど68kmですので、それをさらに超える長さで車の列が続いたことになります。東北道のこの渋滞を抜けるには、いったいどのくらいの時間が必要だったのでしょうか…

また、通行止めになった期間の東名高速を通れなかった車は推定で47万台。迂回路となった中央高速の交通量は地震発生前でも前年比11%だったのですが、地震後には同29%増と跳ね上がり、地震発生がお盆の渋滞を増長させ、混乱に拍車をかけることになってしまいました。一方、空の国内便は7~16日で同8.3%減。東名高速一部通行止めの影響で需要が盛り返してこのありさまですので、地震がなかったら二桁減もあったかもしれません。

自民党の「1,000円割引」、民主党の掲げる高速道路無料化は、一体何のための政策なのでしょうか。小生も実際に何度か「1,000割引」を利用し、その恩恵を受けているのは事実です。しかし、本当にこれで我が国経済が活性化するのかどうか… 少なくとも小生は疑問を感じます。与野党の先生がたに一言。単なるバラマキ、人気取りの政策なら百害あって一利なし。即刻、撤回中止するべきです!!

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

先日、ブログでも選挙のことを書いたのですが、私のような仕事をしている人間が言うべきことではないのかもしれませんが、正直、自民党と民主党、またそれ以外の政党の政策が、どのような影響を社会に及ぼし、国民がどうなるか?、幸せになれるのか?、豊かになれるのか?は全く予想がつきません。
ただ、私が思うのは、とにかく、10年、20年、30年先に日本の人々が豊かで、日本の影響で世界も豊かになれるような政治をして欲しいと思います。私は、日本にはそれができると何となく思っていますし、世界を見渡しても、それができる国は日本しかないと感じています。そのためには、日本人が本当の意味での戦後処理をして、凛とした国にならないといけないと思っています。目先のバラマキの恩恵や、とりあえず今までの政治の流れを一旦変えるという発想で選挙には臨んではいけないと思っています。
ものすごいチャンスの時期と思うのですが・・・・・
【2009/08/24 09:26】 URL | 出口茂 #- [ 編集]

Re: タイトルなし
出口先生へ
毎々、コメントありがとうございます、励みになります。
さて、今回の選挙ですが、自民党政権の閉塞感や、民主党の子育て支援(ばらまき?)策、格差問題(我が国は、世界的レベルでみると、依然として格差の小さい国です)などにより、民主党の勝利は間違いないと思います。ひょっとすると、自民党は大敗するかもしれないですね。
もちろん大切なのは、今回の選挙でどちらが勝つかということではなく、その後の我が国にとってそれが正しい選択だったかどうかですね。民主党が政権を握るとして、それこそ国民が期待するところであり、逆に不安に思うところではないでしょうか。
少なくとも小生は、民主党政権について多くの不安を感じています。先生のおっしゃる通り、戦後処理を問題視する意見も少なくありませんが、現在の日本にそれ以上に必要なのは、主権国家としての独立、自立ではないでしょうか。一見相反する意見のように聞こえるかもしれませんが、ひょっとすると、そもそも独立、自立していないからこそ、本当の意味での(心の)戦後処理、ひいては凛とした態度をとれない事実があるのではとも感じます。
民主党が政権を取ったら、たとえば国旗や国歌はどうなるのでしょうか。国歌斉唱の時、堂々と起立しない先生心がはびこるような事態にならなければと配します。それでなくても独立国家としてだらしない日本が、さらに骨抜きになり、世界の笑いものになる可能性もあるのです(教育の現場で、国歌斉唱の時に起立しない先生がたくさんいる国など、他の先進国ではありえないことです、間違いなく馬鹿にされます)。諸外国はそのだらしなさに付け込み、どんどん無理難題を突き付けてくるでしょう。竹島問題ではありませんが、最終的に我が国の領土は、北海道と本州・四国・九州だけになってしまったなんてことは、どうあっても回避しなければならないのです。
また、格差社会の解消を強調するあまり、国民が汗水たらして働く気持ち、闘争心を失いはしないかと、心配します。すべての人にチャンスはあるべきですが、チャンスをつかむかどうかは個々人の問題です。公平や平等と、格差解消が国民に混同されて理解されているとしたら、我が国の未来は明るくありません。

> 先日、ブログでも選挙のことを書いたのですが、私のような仕事をしている人間が言うべきことではないのかもしれませんが、正直、自民党と民主党、またそれ以外の政党の政策が、どのような影響を社会に及ぼし、国民がどうなるか?、幸せになれるのか?、豊かになれるのか?は全く予想がつきません。
> ただ、私が思うのは、とにかく、10年、20年、30年先に日本の人々が豊かで、日本の影響で世界も豊かになれるような政治をして欲しいと思います。私は、日本にはそれができると何となく思っていますし、世界を見渡しても、それができる国は日本しかないと感じています。そのためには、日本人が本当の意味での戦後処理をして、凛とした国にならないといけないと思っています。目先のバラマキの恩恵や、とりあえず今までの政治の流れを一旦変えるという発想で選挙には臨んではいけないと思っています。
> ものすごいチャンスの時期と思うのですが・・・・・
【2009/08/24 13:12】 URL | 証券人(しょうけんびと) #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://matsusaka.blog111.fc2.com/tb.php/200-7d87dad5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

証券人(しょうけんびと)

Author:証券人(しょうけんびと)
約13年間の大和証券勤務を経て、1998年1月松阪証券に入社
2006年4月代表取締役社長就任
現在に至る



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。