松阪証券 社長日記
企業人として、三重県で生業を営む者として、日々の発見、気づきなどを気まぐれに書きとめて行きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静岡で震度6 帰省ラッシュと東名高速
11日午前5時ごろ、東海地方を中心とする広い範囲で地震があり、震源地に近い静岡県の中部や西部などで震度6弱を観測しました。我が家、小社が位置する三重県中部は震度2程度。発生時小生はまだ布団の中で、ゆっくりとした揺れに気づき目が覚めましたが、もちろん事なきを得ました。通常、直下型の場合を除き、最初の揺れはさほど大きくありません。震度4とか5になると、しばらくして突然揺れが大きく、激しくなります。それでなくても東海や東南海、南海地震発生の危険性が指摘されていますので、今回も「ついに来たか?」と咄嗟に身構えた小生でした。

とは言うものの、これといった防災グッズなどの準備などしていないのも事実。せめて大きな家具の固定や非常食、水、救急セットの常備など、真剣に考えなければなりませんね。

東名高速崩落
TVでは、盛んに東名高速牧之原の崩落現場の様子を報道しています。ここは、まさに前回の記事で書いたとおり、小生たち家族が月初の週末に行き来した現場です。もし地震が、この時発生していたらと考えると、ゾッとします。

危険性のみならず、交通渋滞にも影響は大きいでしょう。夏休みの週末というだけで、1,000円乗り放題の影響もあり、慢性的で断続的な自然渋滞を発生させているわけですから、既に始まっているお盆の帰省ラッシュはどうなるのでしょうか… 東名高速の迂回路は、すでに大渋滞になっているとのこと。報道によると、13日の午後には復旧するということですが、速度規制や車線規制は残るかもしれません。もしそうなれば、料金は安いが悪条件のオンパレードになります。ひょっとすると、歴史的な渋滞を記録するかもしれませんね。まったく困ったものです。
迂回路

週末に向けて東名高速を利用予定のみなさん。もしもも可能なら、目的地やルートの変更を検討してみてはいかがでしょうか。お盆休みがない金融業を営む小生、興味本位かつひと事だと思って無責任な発言だとお叱りを受けそうですが、例年以上の記録的な渋滞になると予想します。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://matsusaka.blog111.fc2.com/tb.php/197-24f73284
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

証券人(しょうけんびと)

Author:証券人(しょうけんびと)
約13年間の大和証券勤務を経て、1998年1月松阪証券に入社
2006年4月代表取締役社長就任
現在に至る



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。