松阪証券 社長日記
企業人として、三重県で生業を営む者として、日々の発見、気づきなどを気まぐれに書きとめて行きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の風物詩 「花火」の売上減少
夏の風物詩といえば、皆さんは何を思い浮かべるでしょうか。小生の場合、真っ先に出てくるのが「花火」。それも、大規模な「花火大会」などではなく、家族やご近所で一緒に楽しんだ、家庭用の花火です。

市販の花火を買い込んで、「今日は日が暮れたら花火をしよう!」と両親やご近所から嬉しい知らせ。知らせを聞いてしまうと夕食も落ち着いて食べられず。焦っても早く日が暮れるわけはないのですが、「まだか、まだか」と窓の外の様子を何度も確認。花火を待つ夕暮れは、普段より時間の経過が遅く感じられたことを懐かしく思い出します。

さて、その花火ですが、このところ売れ行きが大幅に落ち込んでいるそうです。全国の花火メーカーや販売店でつくる日本煙火協会(東京都中央区)によると、06年度のおもちゃ花火の国内生産額は約20億円で、ピークだった96年度の約38億円から、10年間でほぼ半減です。

少子化や空き地の減少に加え、マナー違反の深刻化で規制を強化する自治体も現れ、都市部を中心に花火をしにくい環境が広がっていることが、主な原因のようです。ファミコンやパソコンのゲームで遊ぶ子供達には、あまり魅力的な遊びではないのかもしれません。あのワクワク感を知らない子供達はかわいそうな気がすると共に、江戸時代(?)から続く伝統的な文化の衰退を知り、ちょっと寂しい気分です。

小学生のお子さんをお持ちのあなた! 今年の夏は(も)、ぜひ子供達と花火で遊んでやってください。そして花火が、ファミコンやパソコンのゲームより楽しいことを子供達に教えましょう。伝統的な文化の(花)火を消さず、伝承して行こうではありませんか!

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://matsusaka.blog111.fc2.com/tb.php/190-2e3146cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

証券人(しょうけんびと)

Author:証券人(しょうけんびと)
約13年間の大和証券勤務を経て、1998年1月松阪証券に入社
2006年4月代表取締役社長就任
現在に至る



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。