松阪証券 社長日記
企業人として、三重県で生業を営む者として、日々の発見、気づきなどを気まぐれに書きとめて行きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静岡県知事選、民主党推薦候補が僅差の勝利
早朝から、各種メディアで盛んに報じられていますが、5日投開票された静岡県知事選において、民主・社民・国民新党推薦の川勝氏が、1万票ほどの僅差ながら与党推薦候補に勝利しました。これで、与党自民党の推薦候補は、名古屋市、さいたま市、千葉市の政令指定都市での3連敗に続く主要地方選挙での敗北となり、またしても政治の流れ、方向性の変化を、改めて確認する結果となりました。

今更ですが、続く12日投票の東京都議選で、民主党が第一党となることはほぼ間違いないでしょう。ウルトラC的などんでん返しが無い限り、自民・公明の与党勝利は実現しないと予想するのが常識的です。

そして、目睫の間に迫る衆議院議員選挙。「そのまんま東」こと東国原宮崎県知事の力をもってしても、土壇場のうっちゃりまではどうか… これまた順当に予想するなら、民主党の勝利です。メディアでおなじみの大物自民党先生(議員)が落選することも、珍しくないかもしれません。そうです、今年はいよいよ政権交代の夏となりそうです。

政権交代が実現したらしたで、その後の政局にも興味は尽きません。民主党の政権担当能力はどうか。右から左まで、そもそも寄せ集め政党の民主党が、政権交代以外の目標に挙党体制を貫けるのか。裏舞台での官僚支配政治体制は変えられるのか。おそらく単独過半数の圧勝とはならない(と思います)民主党に対して、公明党(こばんざめ)はどう動くのか。自民党の分裂(渡辺喜美はニンマリ?)、新党結成、合流(綿貫・亀井、再び政治の表舞台に?)など、政界地図はどう変化するのか… とりわけ、最近はめっきり露出度が低下した小沢氏の言動には、注目したいものです。一説では、自らの後任(民主党代表)に鳩山氏を指名したのは、衆議院議員選で圧勝しないためだとの説も… クリーンなイメージの岡田氏で圧勝してしまうと、小沢氏の目指す政界再編(自民党分裂)が遅れてしまうからだそうです。本当でしょうか?

いずれにしても、しばらくの間は騒々しい政界になりそうです。しかし、本当に大切なのはどの政党が勝利し、政権を握るか、政権交代が実現するかではなく、選挙後の政治がどう動くか、政治そのものの内容ですね。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://matsusaka.blog111.fc2.com/tb.php/189-5dcf2cee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

証券人(しょうけんびと)

Author:証券人(しょうけんびと)
約13年間の大和証券勤務を経て、1998年1月松阪証券に入社
2006年4月代表取締役社長就任
現在に至る



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。