松阪証券 社長日記
企業人として、三重県で生業を営む者として、日々の発見、気づきなどを気まぐれに書きとめて行きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牛蒡と人参 かんたん醤油漬
先週お邪魔した、とあるバーで食べた牛蒡(ごぼう)と人参(にんじん)の醤油漬。コリコリした歯応えと、少々しょっぱめの漬かり具合が酒の肴に最高でした。バーボンと一緒にいただいたのですが、醤油漬けですので日本酒や焼酎にも合いそう。漬かり具合によって、食べる時に細長くカットすると良さそうです。さらに細かくみじん切りにし、温かいご飯にふりかけたり、やお茶漬けの具にも最高でしょう。

図々しくも「漬け方」を聞いてみたところ、この道40年(?)のベテラン・バーテンダー曰く、「簡単にできるよ」とのこと。週末はキッチンに立つことを楽しみにしている小生、早速昨日チャレンジしてみました。

漬け込み期間は牛蒡で2~3ヵ月、人参で1ヵ月。泥や汚れをきれいに洗い流し、皮をむきます。牛蒡は長さ5~6cmにカット(容器によってはもっと長くてOKだと思います)します。人参も長さは同じ。厚さを5mmぐらい(長方形になりますね)にします。漬け込む前には、キッチンペーパーなどでよく水分を落としておいてください。

さて、漬け汁はもちろん醤油がベース。手をかけるのであれば、火にかけた醤油に鰹節を入れサッと一煮立ちさせ、冷ました後に(熱いうちか冷ましてからか、どちらか忘れました!)鰹節を引き上げ、鷹の爪(丸ごと)、牛蒡と人参を入れます。レシピはたったこれだけ。辛いものに強い方は、鷹の爪も丸ごと食べられます。

しかし、実はもっと簡単でした。なんと漬け汁は市販の「液体のつゆの素」。出来上がりは遜色ないどころか、より味わいが深く、美味しいく漬け上がるそうです。ベテランバーテンダー曰く、「秘密ですが、特別にお教えします」とのことでした。当ブログ読者の皆様は、ちょっとラッキーかも…

「液体のつゆの素」であれば手間も時間もかからず、せっかちな小生は則実行。牛蒡、人参を下ごしらえして、適当な瓶に。全体がひたひたになるまで「液体のつゆの素」を入れ、最後に鷹の爪を丸ごと5個ほど投入。後はただひたすら待つのみ。完成が楽しみです。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://matsusaka.blog111.fc2.com/tb.php/187-74be0d02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

証券人(しょうけんびと)

Author:証券人(しょうけんびと)
約13年間の大和証券勤務を経て、1998年1月松阪証券に入社
2006年4月代表取締役社長就任
現在に至る



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。