松阪証券 社長日記
企業人として、三重県で生業を営む者として、日々の発見、気づきなどを気まぐれに書きとめて行きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

面白い記事 民主党の派閥争い
面白い記事を見つけました。毎日新聞社のサイト「毎日JP」に掲載されています。

http://mainichi.jp/select/seiji/news/20090513ddm002010050000c.html
民主党代表選:「親小沢」VS「非小沢」 選出方法めぐり亀裂
 <世の中ナビ NEWS NAVIGATOR 政治>

 小沢一郎代表の後任を選ぶ代表選は、「親小沢」対「非小沢」の様相を強めている。代表選の日程を決めた12日の民主党役員会と常任幹事会でも、鳩山由紀夫幹事長に近い親小沢系の議員が「16日実施」の早期決着を主張したのに対し、岡田克也副代表を推す非小沢系の議員らが党員・サポーターにも投票権を持たせ、時間をかけて行うべきだなどと主張。結局、親小沢系が押し切り、非小沢系は不満を強めた。【白戸圭一】

 鳩山氏と岡田氏は12日、代表選への出馬の意向を固めたが、鳩山氏支持に回るとみられる親小沢系には、鳩山氏を中心とする党内グループ「政権交代を実現する会」(約40人)に加え、小沢氏支持の「一新会」(約40人)▽輿石東参院議員会長ら旧社会党系(約25人)▽川端達夫副代表ら旧民社党系(約20人)--が色分けされる。

 岡田氏支持の非小沢系は、前原誠司副代表を中心とする「凌雲会」(約30人)と野田佳彦広報委員長を中心とする「花斉会」(約20人)だ。前原氏は12日夜、凌雲会のメンバー数人と東京都内で会合し、岡田氏支持で一致して行動する方向を確認。野田氏も花斉会の会合で「岡田さんを応援したい」と明言したが、会としての結論は決めなかった。岡田氏支持の議員からは、小沢氏が5月3日、鳩山氏に一時辞意を漏らしていたことから、「禅譲を密約した」との観測も流れている。

 鳩山氏、岡田氏を支持するそれぞれの議員は12日、新代表の選出方法をめぐっても火花を散らした。

 「地元で有権者の意見を聞き判断したい。日数をかけるべきだ」。役員会で岡田氏を推す安住淳国対委員長代理が発言し、長妻昭政調会長代理も「党員・サポーター参加の選挙をやるべきだ」と主張したが、輿石氏が「了承」と叫び、小沢氏が「異議なし」と畳み掛けた。役員会後の常任幹事会も同様の状況が続き、最後は鳩山氏と、一新会の中井洽・常任幹事会議長が打ち切った。

 一方、菅直人代表代行を中心とするグループ「国のかたち」(約30人)は12日、東京都内で会合を開いた。出席者によると、菅氏は出馬に消極的な姿勢を示したが、出席者からは出馬を望む意見が相次ぎ、結論を持ち越した。


野党民主党にも、与党自民党とそっくりの派閥と、派閥同士の争いがあったことを知りませんでした。なにやら、自民党の様相とよく似ていますよね。これで、政界の化石恐竜、小沢氏などが民主党に持ち込んだのは、自民党の古くからの理論・手法だったことが証明されました。それとも派閥とは、政権を争うような大きな所帯になると、自然発生的に組織されるものなのでしょうか…

いずれにしても、小生は証券会社の社長として野党民主党を支持する立場にありませんが、今回の茶番劇にはちょっとがっかりです。今回の小沢氏代表辞任(の方法)は、民主党の地盤沈下に繋がらないか心配です。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://matsusaka.blog111.fc2.com/tb.php/178-156802a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

証券人(しょうけんびと)

Author:証券人(しょうけんびと)
約13年間の大和証券勤務を経て、1998年1月松阪証券に入社
2006年4月代表取締役社長就任
現在に至る



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。