松阪証券 社長日記
企業人として、三重県で生業を営む者として、日々の発見、気づきなどを気まぐれに書きとめて行きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

化石のような政治家(屋)
多くのメディアで報じられていますが、昨日民主党の小沢一郎氏が党代表辞任を発表しました。西松建設の巨額献金事件で第一秘書が逮捕・起訴されたにも拘わらず、代表職に留まっていたことに世論(支持率の低下)、さらには党内の批判が高まり、ご本人としては「不本意ながら…」と言ったところでしょうか。

企業からの献金が合法か非合法か、小沢氏本人が関与していたかいなかったか、国策捜査かそうではないのかなど、色々な議論が展開されました。辞任に至ってもなお、「説明責任を果たしていない」との批判が出ているようです。

しかし、小生は思います。以前も当ブログで取り上げましたが、小沢氏本人の主張やメディアの取り上げ方、政治記者の捜査批判などは、非常にバランス感覚に欠けている議論です。これまで展開された議論のほとんどは、一般の国民にとってどうでもいいことなのです。

たとえ小沢氏が、直接的に関与していなかったとしても、公設第一秘書が逮捕・起訴されたわけですから、政権交代を狙う政党の代表は「即辞任」するべきです。それが一般的な国民の考え方だということを、小沢氏自身は依然として理解できていないのでしょう。世の中のこと、一般的な国民が考えていることを、一番(麻生首相の次に)知っていなければならない立場でありながら…

常識的に言うならば、小沢氏が億単位の巨額な献金を「知らなかった」とは信じがたいことですし、知らなかったということは御礼もしていないということでしょうか… もし御礼もしていないのなら、西松建設側からは、礼節に欠ける失礼な人だと思われていたかも知れませんね。政治(屋)の世界は、まだまだ奥が深そうです。

小沢氏は、恐竜のごとき強大で、影響力のある政治家(屋)だというのがこれまでの通説でした。しかし、それは既に絶滅した恐竜の「化石」だったようです。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://matsusaka.blog111.fc2.com/tb.php/177-c583061f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

証券人(しょうけんびと)

Author:証券人(しょうけんびと)
約13年間の大和証券勤務を経て、1998年1月松阪証券に入社
2006年4月代表取締役社長就任
現在に至る



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。