松阪証券 社長日記
企業人として、三重県で生業を営む者として、日々の発見、気づきなどを気まぐれに書きとめて行きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抗インフルエンザ薬「リレンザ」
当ブログ、少々更新が滞っていました。理由はそれだけではないのですが(単なる怠慢です)、先週中頃にインフルエンザを患いダウン。受験生2人(大学1人・高校1人)を抱える我が家にとってインフルエンザの感染者は脅威であり、4日間座敷牢(?)に隔離されていたため、ブログの更新に手をつけることが出来なかったのです。

昨日はインフルエンザ明けの月曜日。早朝から名古屋に出張し、夕方帰社。帰社後休む暇もなく役員会に出席。その後はロータリークラブの夜間合同例会に出席と、休み明けの体には少々ハードなスケジュール。株式市場は依然低迷しており、忙しい一日がなんの役に立っているのか考えるとなんとなく虚しさも… 気を取り直し、全ては将来の小社繁栄のためと、病み上がりの体に鞭を打ち、何とか一日を乗り切ることが出来たといったところでしょうか…

さて本題に。インフルエンザの診断を受けたのは先週の木曜日ですが、その時処方されたのが、話題の(?)抗インフルエンザ薬「リレンザ」です。
リレンザ1
これまで、抗インフルエンザ薬といえば「タミフル」でしたが、「リレンザ」はちょっと変わったやり方で使用します。こういった類の薬は、錠剤などを水で服用するのが通常ですが、医師の説明によるとインフルエンザは喉で繁殖するとのこと。喉に繁殖したウイルスを直接的に退治しようというのが、この新薬の狙いのようです。そのため、薬剤と服用のための器具がセットになっています。話しは横道にそれますが、インフルエンザの予防に外出後の「うがい」が奨励されているのは、インフルエンザが喉で繁殖しやすいからなのでしょう。納得です。

リレンザ2
まず、写真右の円筒状の容器から薬剤を取り出し、写真左の器具にセットします。この器具を操作すると、円盤状の薬剤は回転するように出来ており、機器中央部分の爪で薬剤を開封します。一枚の円盤には、写真の通り4箇所に粉末状の薬剤が封入されており、1日2回(朝夕)、1回に2箇所分の薬剤を服用します。つまり、円盤1枚で1日分、合計5日分(5枚の円盤)が入っていました。

リレンザ3
これは、服用のための器具の先端を上から見たところです。筒状の白い部分の奥は網目状になっており、爪で開封した薬剤は、この奥に入るような仕組みになっています。そして、この白い部分を口でくわえ、軽く吸うと喉に直接薬剤が付着するようになっています。

これまで何度かインフルエンザとの死闘を繰り返してきた小生ですが、この「リレンザ」のおかげか、それとも別に処方された「熱さまし(いわゆる頓服)」のおかげか、今回のインフルエンザは比較的楽な闘病(大げさすぎますね)でした。熱も38度台半ばまでしか上がらず、食欲もある程度を保つことが出来、無事生還することが出来ました。

医学、医薬品の進歩を実感した4日間。おかげ様で、会社の皆さんや家族に伝染させることはなかったようです。まずは一安心、感謝、感謝です。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://matsusaka.blog111.fc2.com/tb.php/165-46d39d3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

証券人(しょうけんびと)

Author:証券人(しょうけんびと)
約13年間の大和証券勤務を経て、1998年1月松阪証券に入社
2006年4月代表取締役社長就任
現在に至る



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。