松阪証券 社長日記
企業人として、三重県で生業を営む者として、日々の発見、気づきなどを気まぐれに書きとめて行きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立春 土筆料理に舌鼓
2月4日は暦の上ではもう春、今日は立春です。少々肌寒い日ですが当地松阪の天気は良く、本当の意味での春の到来が待ち遠しくなって来ました(幼少のころから花粉症という大問題は抱えていますが…)。

tukushi

本日の昼食は、とある会合に出席したため地元料理屋さんのお弁当。もちろん美味しく頂きましたが、立春と言うこともあり、季節感を味わえる献立、工夫が凝らしてありました。中でも久しぶりに食したのが「土筆」。出席の皆さんも一同にサプライズです。暦の上で春とは言え、当地でも寒さはまだまだ続きます。付近で自生している土筆を見かけるのは、早くても来月の半ば頃でしょうか…。皆口々に勝手な想像。沖縄の土筆か? 沖縄には土筆は自生しているのか? 昨年の土筆を冷凍してあったのか? などなど。料理屋さんのご主人に失礼です!

ご主人もその会合に出席していらっしゃったので手っ取り早く聞いてみたところ、自生している土筆ではなく栽培されたもののようです。おそらくビニールハウス栽培などの方法で、春の環境を人工的に作り栽培しているのでしょう。産地は岐阜県とのことでした。

「農家も見えないところで色々努力していらっしゃるんだなあ」と感心しました。土筆の栽培など、常人ではひねり出せるアイデアではありません。年中栽培できたとしても、この季節しか売れないでしょうし、採算のことも気になります。「そんなことまでやっているのか…」というのが、小生を含めた皆さんの実感でしょう。

我々も、全く業種は異なりますが負けてはいられません。100年に一度とも言われる不況の真っ只中、土筆栽培に見習い、知恵とアイデアときめ細やかさで勝負です。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://matsusaka.blog111.fc2.com/tb.php/161-ba9b57eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

証券人(しょうけんびと)

Author:証券人(しょうけんびと)
約13年間の大和証券勤務を経て、1998年1月松阪証券に入社
2006年4月代表取締役社長就任
現在に至る



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。