松阪証券 社長日記
企業人として、三重県で生業を営む者として、日々の発見、気づきなどを気まぐれに書きとめて行きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年の瀬
今年も大詰め12月30日。証券会社の営業も、明日の大納会一日を残すのみとなりました。

ご存知の通り、小社など証券業を含む金融業界は大混乱の一年。サブプライム・ローンにクレジット・デフォルト・スワップ、証券化商品など、従来はあまり聞かなかった金融用語が世間を飛び交い、これらの混乱に右往左往。日経平均は、もう割り込むことはないと確信していたバブル崩壊後の安値をあっさり更新。

米国などの大手金融機関の破綻を手始めに、GM・フォード・クライスラーのビッグ・スリーがいつのまにかスモールスリー(株価で見て)に。ビッグ・スリーを飲み込んだと思っていた我らがトヨタ自動車までもが水面下に…。金余りに踊らされていた新興不動産関連会社相次いで倒産。対岸の火だと勘違いしていたのは小生だけではないはずです。テレビでは「派遣切り」なる新語(造語)が氾濫し、企業経営者は労働者の人権を尊重し、社会的責任・使命を果たせと脅迫紛いの要求を突きつけます。「非人道的な行為」と言われれば、経営者にも迷いが生じるはず。しかし、資本主義社会である以上、必要のない費用(人件費)を無駄に使いつづける経営者は、株主から解任されるというのも現実です。世の中何がなんだか解らなくなってきました。

いずれにしても皆さん、テレビの論調だけは話半分に取扱いましょう。報道も所詮は視聴率重視。正論であろうとなかろうと、極論であろうとも、視聴率さえ上がれば彼らの目的は達成されるのです。報道に惑わされず、本質を見極める眼力を養わねばなりません。我が国は、社会主義国家、共産主義国家ではないのです。
※因みに小社には、派遣社員・パートタイマーなど非正規労働者は元々存在しませんし、採用する予定もありません。誤解なきよう。

依然として、世界金融不安の解決の糸口は見つかっていませんが、来年こそはトンネルの出口が見えてくるのでしょうか? 一経営者として、切に願います。

当ブログも混乱の影響から(?)、年後半にかけやや尻すぼみとなってしまいました、反省です。沈んでばかりいても解決する問題ではありませんし、そろそろ元気を出して来年は心機一転、またどんどん記事をアップしていきます。これからもよろしくお願いします。

それではまた来年、皆さん良いお年をお迎えください。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://matsusaka.blog111.fc2.com/tb.php/152-9b4a312e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

証券人(しょうけんびと)

Author:証券人(しょうけんびと)
約13年間の大和証券勤務を経て、1998年1月松阪証券に入社
2006年4月代表取締役社長就任
現在に至る



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。