松阪証券 社長日記
企業人として、三重県で生業を営む者として、日々の発見、気づきなどを気まぐれに書きとめて行きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冷静な対応を その弐
前回のブログで、わが国株式市場の混乱についてコメントしましたが、小生の願いが天に届いたのか、その日から3日間で日経平均は1,800円あまり上昇し9,000円台を回復!! 依然として底値を付けたかどうか確信はありませんが、一息つける状況となりました。本当によかった… 上昇に転じたのであれば、売られすぎの次は買われすぎ。谷深ければ山高しとなることを祈るばかりです。

さて、目を転じて他の市場へ。一時期は企業の資金調達手段として、一世を風靡した転換社債も株式同様、とんでもない安値まで売られています。もちろん今後の上昇を予想するものではありませんが、それにしても安い。預貯金の受け皿としては、好パフォーマンスが期待できる状況です。同期間の定期預金と比較して頂けば、その利回りの高さが理解できるはずです。

転換社債は、わが国を代表する優良企業、著名企業など、上場企業が発行する債券の一種であり、株式(資本)とは異なり必ず償還期限があります。ですから、現在の価格から償還日まで保有した場合の利回りを算出することができるわけですが、金融市場の混乱によりこの利回りが急上昇しているのです(価格が安いわけです)。普通社債とは異なり証券取引所に上場している銘柄がそこそこありますので、価格の透明性も高いといえます。銘柄選択さえ間違わなければ、換金性も心配しなくて良いと思います。

その利回りを聞いたら、皆さんは驚くはずです。ここでは詳しい説明や具体的な銘柄を紹介することはできませんが、興味のある方はぜひ調べてみてください。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

最近、あまり転換社債に目を向けていませんでしたがそんなに良いですか・・・。

しかし、ここ一月の株の動きは本当に難しいですね。3年後の消費税アップの発表、アメリカの大統領選挙などがどのような影響を及ぼすか。週明けもドキドキです。

【2008/10/31 13:28】 URL | 出口 茂 #- [ 編集]


出口先生へ
いつもコメントありがとうございます、励みになります。
さて、転換社債の流通利回りの一例です。

10回NEC(1.00%2011/9/30)@94.80 最終利回り:2.94%
9回丸井(1.15%2012/1/30)@87.50 最終利回り:5.72%
4回スズキ自動車(0.00%2013/3/31)@82.75 最終利回り:4.73%
20回シャープ(0.00%2013/9/30)@82.00 最終利回り:4.47%
※10/30現在

あくまでも私の考えですが、いずれも倒産の可能性が高まったことにより利回りが上昇(価格が下落)したわけではないと思います。ですから、これまでの金融秩序崩壊により、価格を無視した換金売りが続くと予想される11月半ば位までがチャンスです。買い手も新規の投資に慎重になっていますので少々時間はかかると思いますが、中短期的に好パフォーマンスが期待できると考えます。余裕資金があれば、いかがですか? 償還時期を合わせて学資の準備をしておくとか… どうぞご自由に、先生のお客様にも教えてあげてください。
【2008/10/31 13:56】 URL | 松江茂 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://matsusaka.blog111.fc2.com/tb.php/142-83ec4481
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

証券人(しょうけんびと)

Author:証券人(しょうけんびと)
約13年間の大和証券勤務を経て、1998年1月松阪証券に入社
2006年4月代表取締役社長就任
現在に至る



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。