松阪証券 社長日記
企業人として、三重県で生業を営む者として、日々の発見、気づきなどを気まぐれに書きとめて行きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイコロ「2」は43年4ヶ月ぶりです (訂正:43年4ヶ月ぶりは10日間続落でした)
※43年4ヶ月ぶりの記録は、10日間続落でした。訂正してお詫び申し上げます(7月3日)。

たまには株式に関する話題でも。景気のいい話しなら良かったのですが…

皆さんは、「サイコロジカル・ライン」と言う投資指標をご存知でしょうか。株式取引の世界や証券業界では、短縮して「サイコロ」と呼ばれることもあります。もちろんサイコロと言ってもすごろくのサイコロではありません。サイコロジカルとは「心理的な」という意味であり、株式投資の世界に、この心理的な投資指標がけっこう用いられているのです。

サイコロジカルラインの算出方法は簡単です。12日間の勝ち負け(前日比プラスかマイナスか)を集計し、8勝4敗だったら「サイコロ8」、または「66.67%(8÷12%=66.66…)」となります。非常にシンプルなテクニカル指標ですね。

この指標の意味するところは、まさにその名の通り心理的な「買い疲れ感」や「売り疲れ感」です。相場に向かえば誰しも熱くなり、市場参加者の考え方は一方向に偏りがちです。毎日のように上昇していればまた明日も上がるような気がしますし、逆もまた然り。相場は実需だけで形成されているわけではありませんので、しばしば(いつも?)行き過ぎるのです。しかし、たとえその相場が実需を反映しているものであったとしても、一方向に偏った動きを続けた後はその反動が出やすくなります。大きく下げた後の自立反発がこれに当ります。皆さんも、ご自分が保有している銘柄や、注目している銘柄が何日も一方向に偏った動きをしている時は、サイコロを確認してみてください。日経平均など指数のサイコロ確認して、個別銘柄の売買のタイミングの参考にするのも良いかもりれませんね。

さて本題に。本日(7/2)日経平均のサイコロが「2」になってしまいました。つまり、過去12日間で2勝(上昇)10敗(下落)です。これは、タイトルの通り43年4ヵ月ぶりの珍事(ふざけている場合ではありませんね)。投資家の皆さん、証券業界の皆さん、今こそ、サイコロジカル・ラインの信頼性を世に知らしめる絶好機です。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://matsusaka.blog111.fc2.com/tb.php/119-fd7f0d6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

証券人(しょうけんびと)

Author:証券人(しょうけんびと)
約13年間の大和証券勤務を経て、1998年1月松阪証券に入社
2006年4月代表取締役社長就任
現在に至る



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。