松阪証券 社長日記
企業人として、三重県で生業を営む者として、日々の発見、気づきなどを気まぐれに書きとめて行きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供に携帯電話を持たせるべきか
遅ればせながら(?)、子供達の携帯電話についての規制議論が始まりました。有害サイトや誹謗中傷の書き込みによるいじめなど、大人の見えないところで広がる「害」に、政府もいよいよ重い腰を上げたようです。

小生には、高校生と中学生3人の子供があり、公立中学に通う長女を除き携帯ホルダーです。親が把握している携帯の使用状況は、①家族、友人との通話②家族、友人とのメール③携帯サイトの閲覧やダウンロード といったところでしょうか。②意外をどんな頻度で利用しているかは、料金請求書で大体把握できますが、③の場合どんなサイトを閲覧しているのかはわかりません。また、②の場合、小生たち世代のメール利用方法とは異なり、一言のメールを何度も送受信する、チャットに近い利用方法のようです。

いずれにしても、一日の内で携帯電話をいじっている時間は、小生たちの世代よりはるかに長時間です。少々大げさに言うと、家にいても勉強や読書している時間以外は、テレビを見ているかゲームをしているか携帯電話をいじっているかです。

高校生にもなると体格的には大人と変わりませんが、まだまだ世間知らずです。本当の世の中の怖さも知りません。そんな時期ですから、携帯サイトの誘惑や罠に嵌り事件に巻き込まれ、顔が見えないが故の誹謗中傷が横行するのも当たり前です。

小生の子供達を含む世の中高生を見ていて感じるのですが、これはまさしく依存症、「携帯電話依存症」です。携帯電話を取り上げられると、「禁断症状」が見られる子供達もいるかもしれません。メールで連絡が出来ないと、友達ができない、仲間に入れないとの「幻覚症状」に襲われることもあるでしょう。

PC教育についても、少々疑問を感じます。PCに慣れ親しむ環境を学校で用意することが本当に必要なのか。インターネットを使える環境を学校が用意することがPC教育だとしたら、大きな勘違いだと思います。インターネットなど、これまで経験の無いご老人でも数日間でマスターできる時代です。また、少なくとも小生が教育者なら、キーボードのブラインドタッチができる学生を育てようと思いません。もっと教えるべきこと、大切なことがたくさんあるはずですし、ブラインドタッチが生み出す価値はたかが知れたものです。子供達の夢や希望は、ブラインドタッチの習得で叶えることはできないのです。インターネットに限らず、PCに慣れ親しむのは、特殊な職業を目指さない限り、大人になってからで充分間に合います。特殊な職業を目指すのなら、または趣味的に楽しむなら、親が自宅でその環境を作ってやればいいのです。

話しが横道に逸れました。小生は、子供達の携帯電話使用に、何らかの制限をするべきだと思います。飲酒や喫煙、自動車運転などに年齢制限があるのと同じレベルで考えるのです。現在の携帯電話環境は、それらに匹敵するほど、青少年に害を及ぼす可能性があるのです。保有自体に年齢制限を付けろとまでは言いませんが、子供達のメール遊びや携帯サイト閲覧は「百害あって一利なし」。便利だからこそ、ハイテク機器を使いこなすのは、それなりの人生経験が必要です。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

またまた見に来ましたo(〃^▽^〃)oはやくはやく更新たのしみにしてます♪(笑)すいません。こんな性格で(笑)
【2008/05/29 17:38】 URL | 沙希 #- [ 編集]


タイムリーな話題です。我が家の中一の長男、小5の長女が携帯を持ちたいと言いはじめています。長男の通う塾の話しでは、中学生の6割から7割が携帯を持っているとのこと。小5の長女曰く、仲の良い友人4人の中で携帯を持っていないのは自分だけと言ってます。 頭ごなしに、「まだ早い!」と言いたいところですが、それでは同じ話の繰り返しになってしまうので、自分の頭の中を整理中です。
【2008/05/30 00:05】 URL | 出口茂 #- [ 編集]


出口様
コメントありがとうございます。
法的な規制が整備されないなら、少なくとも親子間でのルールを作ることが必要だと思います。料金とか、使用する場所とか、時間帯とか… いずれにしても、親としては頭を悩ませる場面が多くなると思います。また、子供達はいずれプライバシーを主張し始めるはずですから、その点でも何らかの条件を考えるべきです。子供達を守ってあげるのは、保護者の義務です。
いずれにしても、使い方を間違えると、携帯電話は子供達にとって魔物です。
【2008/05/30 07:36】 URL | 松江茂 #- [ 編集]


携帯1人1台が当たり前のような時代ですから禁止より機能やサイトの規制が大事ですね
【2008/06/11 11:44】 URL | この記事のURL #h0kCyr6E [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://matsusaka.blog111.fc2.com/tb.php/107-e93395fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

証券人(しょうけんびと)

Author:証券人(しょうけんびと)
約13年間の大和証券勤務を経て、1998年1月松阪証券に入社
2006年4月代表取締役社長就任
現在に至る



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。