松阪証券 社長日記
企業人として、三重県で生業を営む者として、日々の発見、気づきなどを気まぐれに書きとめて行きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国の土産
今年もあっという間にゴールデンウイークが終わりました。皆様はどんな休日をお過ごしになったでしょうか…。

小生のゴールデンウイークは、小社の母店(小社は取引所非会員の証券会社ですので、会員証券さんに、お客様の売買注文を委託しています)である廣田証券さんの社員旅行に便乗させていただき、いざ上海へ。同様の友好証券が小社のほかに2社(岐阜県の新大垣証券さんと徳島県の徳島合同証券さん)が参加され、大いに親睦を深めつつ、初めての中国を楽しんできました。

中国土産と言えば??? 出発前は、中国とは無関係の化粧品やウイスキーなど免税品を買って、帰りを待つ家族の機嫌を取るぐらいしか小生も思い当たるものがありませんでした。ダンボール饅頭や、農薬餃子など、口に入れるものはちょっと抵抗感がありますし、ニセモノのブランド品やドラえもんを買って帰っても、笑いのネタにしかなりません。しかし、とある総合的な土産物屋にて、小生が初めて目にする珍しいものを発見しました。

皆様ご存知の通り、中国では「風水」という思想があります。この風水に「花文字」という龍や鯉、太陽、鳥などを描きこんだ文字があり、希望する名前や言葉をその場で「花文字」にしてくれる、実演販売(?)をしていました。そこで小生、3人の子供達への土産にと、作成をお願いすることにしました。

次男「駿」の花文字作成中です。
「駿」花文字


「駿」と双子の「咲恵子」です。
「咲恵子」花文字


最初に、長男の「遼」の分を作成してもらったのですが、あまりの手際よさに感心し、残念ながらシャッターチャンスを逃がしてしまいました。一枚の花文字を作成する所要時間はたったの3~5分程度です。依頼した時は、バスの時間に間に合わなくなるのではと少々気をもみましたが、手際の良さにも感心。無事バスに乗り込むことが出来ました。

一枚の作品の価格は100元(2文字まで)~120元(3文字)で、日本円にして2,000円未満とお手頃。3人の子供達も大喜びで、早速それぞれの子供部屋の壁に飾りました。家族からこれほどまでに好評を博した土産物は、小生にっとても初めての経験です。妻からも、「私の分は無いの!!」とクレームがつきかけましたが、免税品の化粧品(こちらの方がかなり高価です!!)でごまかし、事なきを得た次第です。

皆様も中国へご旅行の際は、風水花文字をお土産にしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://matsusaka.blog111.fc2.com/tb.php/100-21287e87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

証券人(しょうけんびと)

Author:証券人(しょうけんびと)
約13年間の大和証券勤務を経て、1998年1月松阪証券に入社
2006年4月代表取締役社長就任
現在に至る



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。