松阪証券 社長日記
企業人として、三重県で生業を営む者として、日々の発見、気づきなどを気まぐれに書きとめて行きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丹生大師に行ってきました
先週土曜日、丹生大師に行ってきました。伊勢自動車道勢和多気インターから車で10分ほどで到着。国道42号線を左折すると、暫くは人家どころか街灯もない道を走りますのでチョッと不安になりますが、ご心配なく。
周辺地図はこちら

丹生大師について簡単に。歴史を紐解きますと、丹生大師は真言宗山階派の一等格寺院で、寺名は「神宮寺成就院」と称し、774年(宝亀5)光仁天皇の勅願により空海(弘法大師)の師である勤操大徳によって開創されました。ここ丹生は奈良時代の和銅年間(708~714年間)に水銀が発見され、しだいに繁栄し賑やかになりましたが、光仁年中(810~824)、唐から帰国した空海が諸国を巡拝し当山にも立ち寄ります。その際、本堂(観音堂)の梁に勤操大徳創立とあるのを見て不思議な縁と感激し、「すでに高野山に伽藍建立を考えているが、まずこの地に仏閣を建立し衆生を救わん」と発願し、弘仁6年(815)に七堂伽藍を完成したと伝えられています。丹生水銀と伽藍建立によって当地は大いに隆盛を極め、大師の像は再三の兵火から無事免れ、今日なお霊験あらたかに鎮座しています。なお、大師堂の本尊である弘法大師像は、大師42歳の自画像で、衆生の厄除と未来結縁のために、自ら刻んで安置したとのこと。

記憶は定かではありませんが、小生も子供のころに訪れたことはありそう… しかし、今になって詳しく調べてみると、かなり由緒正しきスポットではありませんか! 携帯のカメラで撮影した画像で、皆様にもチョッとご紹介したいと思います。

まずは山門から。仁王門の名の如く、堂々とそびえ立つ姿は圧巻です。いつの時代に建てられた(改修された)ものかは定かではありませんが、古いながらもその格式の高さは素人にも充分理解できます。
仁王門

上の画像でもかすかに認識できますが、左右の格子の奥には二体の金剛力士像が… 筋骨隆々、鋭い眼光でこちらを睨みつけているではありませんか。これでは穢れや邪気が進入する隙もなさそう。これが左側の金剛力士像です。
仁王左

そしてこちらが右側の金剛力士像。
仁王右

仁王門をくぐり敷地内に。今となっては訪れる人も(京都や奈良の寺社仏閣と比較し)まばらな山村の大師堂です。お世辞にも綺麗に維持整備されているとはいえませんが、雰囲気はやはり格式の高さを感じさせます。これは大師堂へと上る石段と回廊です。
階段と回廊

回廊の内部はこんな感じ。過去には高貴な方の参拝の時、この回廊が使われたそうです。外敵防護の施設だったらしく、県下でも唯一のものです。土足厳禁ですが、今は一般の参拝者も通ることができます。
回廊


そして石段を上がると本堂の大師堂があります。大師とは言うまでもなく空海(弘法大師)のことです。
大師堂

本堂の階段を上がり、合掌した小生。家内安全と会社繁栄を心から祈願しました。週末のドライブが、ちょっとした小旅行になりました。丹生や丹生大師の歴史についてもう少し学びなおし、再度訪れたいと思っています。


スポンサーサイト
あの人です、皆さんご存知のはず…
いきなりですがこの写真、どなただかお分かりになるでしょうか? もちろん、皆様よくご存知のはずです。
ムルアカ

アフリカのコンゴ民主共和国(旧ザイール共和国)のご出身。ピンボケの分かりにくい画像ですが、身長は209cm。ビッグ・ジョンという愛称で呼ばれていたこともあったそうです。お世辞にも流暢な日本語とは言えませんでしたが(ボビー・オロゴンの話を聞いているような感じです)、在日期間は25年ほどだったでしょうか。既に帰化されているそうで、正真正銘の「日本人」です。

ヒントですか? では、キーワードをいくつか…
≪工学博士・北海道・K-1≫

これではチョッと分かりませんね、ではさらに…
≪私設秘書・北方領土・ムネオ(息子の名前)≫

もうお分かりですね、そうです、ジョン・ムウェテ・ムルアカさん、元衆議院議員鈴木宗男氏の私設秘書だった、あのムルアカさんです。現在の肩書きは、タレント(?)、工学博士、国際政治評論家。外国人タレントプロダクション事業共同組合の専務理事も務めていらっしゃるとか… まさに多彩なタレント(才能)の持ち主です。2006年のものですが、仲良さそうなお二人の画像をWebで拝借して掲載させていただきました。
ムネオ&ムルアカ

なぜ、ムルアカさんなのか。実は、今週月曜日(1月17日)、少人数の講義形式でムルアカさんのお話を聞く機会に恵まれたのです。
演題

前出の通り、ボビー・オロゴンのような日本語で、日本政治の問題点について、広範囲にそして熱く語られました。あまりのも内容が幅広く、お話の内容をうまくお伝えできないかもしれませんが、掻い摘んで箇条書きでご紹介しておきます。

①当事の政界ではかなり顔が広く、政府、自民党の仕事を無報酬で引き受けていたこともあり、大物政治家からの信頼も厚かった。金丸氏、竹下氏、梶山氏などからもかわいがられた。
②日本の政治制度からすると、国会のねじれ現象はあってはならない事態。どうにかして解消させなければ、政府機能は回復しない。今後は、問責決議連発となる。
③菅首相は、政治家ではなくお世辞家。
④与謝野氏は財政のプロかもしれないが、政治家としてではなく、事務方としてのプロ。実行力が欠如している。
⑤白い服を着たレンコン(蓮舫?)議員は、予算のチェックという参議院議員として当たり前の仕事をパフォーマンスにしている。政治のワイドショー化。技術力で立国しなければならない日本は、スパコンでNo.1にならなけらばならない。
⑥菅氏より小沢氏のほうがまし。
⑦金丸氏は、小泉氏を首相にしてはならないといっていた。思いつきで、考えたら即実行は危険。
⑧鳩山氏が地雷を踏む(沖縄問題)のを待っていたのが現首相の菅氏。
⑨故郷アフリカには豊富な地下資源がある。日本はアフリカとの友好関係を積極的に発展させるべき。
⑩アフリカの民族間紛争は、(殆どが?)資源獲得のために仕組まれたもの。
⑪苦しんでいる日本人がたくさんいるのに、政府はODAの無駄遣いをしている。お互いが潤うためのODAであるはずが、国家、国民の利益につながっていない。
⑫鈴木宗男氏は悪いことはしていない。ロシアに近づきすぎると、アメリカなどの嫉妬心を煽ることになると忠告していた。しかし、本物の政治家は死後はじめて認められるもの。生きているうちは、苦しさ、辛さを受け入れなければならない。鈴木氏にも心配するなと言った。
⑬日本の政治家は「忙しい」が口癖。政局と自身のポストには興味があるが、政治そのものには興味がない。
⑭日本の政治家は議員バッジをつけること(当選)が目的で活動している。勉強しない、頭を下げない、教えを請わない。
⑮金丸氏は政治のことばかり考えていた。資金管理は妻に任せていたが、言い訳をせず責任を取った。
⑯政治家は、国家のために死ねるかどうか。

どこから見ても日本人には見られないだろう日本人、ムルアカ氏が、情けない我が国政治の現状を憂い、熱く(ボビーのように)語っておられたのが非常に印象的でした。ムルアカ氏こそ日本人の中の日本人、まさに「アッパレ」です。小生はもちろんのこと、他の聴講者の皆さんも、ムルアカ氏の迫力に圧倒され、少々考えさせられ(反省して)帰路についたこでしょう。

ムルアカさん、ちょっと書きすぎたでしょうか。ご勘弁ください、そしてありがとうございました。


話題の「カレー納豆」に初挑戦 その味は?
納豆暦は30年ほどの小生。昨日スーパーにて、近頃話題の「カレー納豆」を発見! 恐る恐るか、それとも怖いもの見たさか興味本位か、思わず買い物籠の中に放り込み、早速本日の朝食でチャレンジしてみました。
カレー納豆

製造は、秋田県に本社を置く納豆の老舗(株)ヤマダフーズ。同社はおはよう納豆のブランドで、「カレー納豆」ほかにも「ラー油たれ」や「ショウガ入り」、「こだわりのダシ入り」など、変り種の納豆に色々挑戦、開発しているご様子です。

さて、近頃の小生の朝食。お茶碗に三分の一ほどの炊き立てご飯。その上に1パック分の納豆を乗せ、味噌汁やスープと一緒に食します。皆さんご想像の通り、ご飯よりむしろ納豆のほうが分量が多く、ご飯を食べているというより納豆を食べていると言ったほうが適当でしょう。

さてさて、そのお味は? 納豆の老舗ですので、納豆そのものは味に間違いはなし。添付されているカレー(通常の2倍ぐらいの量があります)のたれをかけ、いつものようにお箸で(かなりしつこく)かき混ぜます。この時点で既にカレーのスパイシーな香りが漂いますが、見た目は何の変哲も無い納豆。今朝も少量のご飯の上に納豆を大胆に乗せて一口。甘口カレーたれの表示どおり、カレーの辛さは全く(殆ど?)なし。しかし、カレー独特のスパイシーな香りに、納豆独特の臭さ(実はこれが納豆好きにはたまらない!)がかき消され、なかなか美味しいではありませんか。

WEBで調べたところ、中辛カレーたれの「大人の味わい」バージョンもあるようです。これにも近いうちに挑戦することを決意。毎日ワンパターンになりがちな朝食ですが、これなら暫くは楽しめそうです。日本の伝統的食材「納豆」とインド料理の定番「カレー」。調和が取れそうにも無い、異国の二つの食材が奏でる見事なハーモニーを、皆さんもぜひお試しあれ。

そうでした、高校2年生の息子はカレーハウスcoco壱番屋の「納豆カレー」が好物だったことを思い出しました…
納豆カレー




日本郵便が2012年度新規採用を中止
本日の日経新聞第4面に、日本郵政グループの郵便事業会社が、2012年度の新規採用を取りやめると発表したことが取り上げられています。今春採用予定者は1250人でしたが、来年は一転ゼロに。収益改善を目的とした、人件費削減が目的の決断だそうです。

同社は既に入社説明会を開催しており、舞台裏では喧々諤々、どたばた劇が繰り広げられたことはほぼ間違いないでしょう。日本郵政(持ち株会社)社長の斉藤氏は、郵便事業会社の経営について、「危機的な状況」と懸念を表明。人件費についても「抜本的な対策がいる」と発言したようです。

チョッと待ってください。冒頭でも紹介しましたが、この郵便事業会社、今春はバイタリティと、希望に満ち溢れた1250人もの若者が入社式を心待ちにしているはず… 入社式直前、そして年明け早々、どんな気持ちでこの報道を目や耳にしたことでしょう。初めて社会に出る皆さんも少なくないはず、いやいや殆どが新卒者かもしれません。例えが悪いかもしれませんが、ヒビが入って折れかけたマストで、初めての航海に出るような気分でしょう。

この会社、棚上げ、見直されている郵政民営化法案でも株式は放出される予定がありませんでした(100%放出される予定だったのは「ゆうちょ銀行」と「かんぽ生命」の2社)ので、民営化後の体裁はもちろん株式会社ですが、今も昔も事実上政府機関のままです。コスト意識に乏しい、行き当たりばったりの経営、悪い意味でのお役所仕事体質は、民営化後も一向に改善が見られないようです。

加えてひとこと言わせていただきたい! 郵便事業会社の今春入社予定1250人中、おそらく2名は小社の内定者でした。その後さらに他の会社で内定を獲得し、鞍替えしていればその限りではありませんが、小社の内定を辞退した時は少なくともそうでした。「小社に入社すればよかったのに」とは言わないまでも、なんだか腹立たしい気持ちになるのは、お門違いでしょうか…


新年明けましておめでとうございます
富士山
〔2010/12/31 AM10:00 東名高速道路上り由比PAにて撮影〕

新年明けましておめでとうございます。本年も小生のブログをよろしくお願い致します。

昨年は、貧乏暇なし。小社のような地方弱小証券会社にとって大変厳しい一年間で、ビジネス面で忙しい毎日を送っていたわけではありませんが、却って気持ちばかりあせり、なかなか落ち着いてブログの更新が出来ませんでした。というわけで、新年を迎えるにあたり少しばかり反省… 今年はあれこれ話題を見つけ、せっせと更新する決意であります。

大発会の本日。日経平均は169円高で取引を終了し、昨年末当ブログで紹介した「卯(うさぎ)は跳ねる」の格言どおりのロケットスタートです。一年の計は大発会(元旦)にあり。今年は良い一年になりそうな予感… 楽しみです!!




プロフィール

証券人(しょうけんびと)

Author:証券人(しょうけんびと)
約13年間の大和証券勤務を経て、1998年1月松阪証券に入社
2006年4月代表取締役社長就任
現在に至る



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。