松阪証券 社長日記
企業人として、三重県で生業を営む者として、日々の発見、気づきなどを気まぐれに書きとめて行きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が町、松阪の「松坂城跡」
我が町、松阪の「松坂城跡」が、このほど国史跡として正式に指定されることになりました。松坂城は、蒲生氏郷(1556~1595年)が1585年に築城に着手し1588年に入城、1600年に完成した戦国時代の平山城です。残念ながら天守閣は台風で倒壊していますが、春は桜、秋は紅葉の名所として、「松阪公園」の名で市民の憩いの場として親しまれています。

このほど国史跡として指定されることが確実となったのは、石垣が残る本丸、二の丸隠居丸、希代丸など4万7337平方メートル。かつての城はその約7倍で、隣接する御城番長屋や市営グランドまで広がっていたそうです。指定の理由に上げられたポイントの中で、筆頭に上げられたのが堅牢な「石垣」。全く加工していない、野面積みによる豪壮な石垣が当時のまま残っており、文化財的な価値の高さが評価されたようです。
松坂城跡石垣

「松坂城跡」に加え、「御城番長屋」や武家屋敷の「槙垣」、本居宣長の「鈴の屋」。時代を遡れば、宝塚古墳の「船型埴輪」。食事はもちろん名物「松阪牛のすき焼き」か「ホルモン」で決まり。観光資源に事欠かない我が町松阪。伊勢の神宮、お祓い町やおかげ横丁とまでは言いませんが、これらの貴重な観光資源をどのように生かしていくか… 民間と行政が協力し、そろそろ本気で「まちづくり」に取り組まなければなりません。どんどん侵食して行くシャッター通りを目の当たりにし、一刻の猶予もないと思う今日この頃です。


スポンサーサイト
単なる自己満足ですが… 山中正竹氏と記念撮影
先月の記事(http://matsusaka.blog111.fc2.com/blog-entry-281.html)で紹介しました、山中正竹氏との写真がようやく届きました!
山中正竹氏と記念撮影

山中正竹氏の略歴などは、先月の記事でご確認いただくとして、小生の身長は180cmちょうど。山中氏は知る人ぞ知る、アマチュアながら歴史に名を残す大投手です。たしか、身長は170cmに満たないとの事でしたが、こうして写真を見ると、確かに小生との身長差は10cmほどありそうです。また、その笑顔から、人格者としての人柄の良さがにじみ出ていますね。



事業仕分けは茶番劇? 蓮舫は茶番劇のヒロイン?
自民党から民主党への政権交代から1年以上が経過しましたが、我が国の政治は相変わらずの体たらく。有権者の期待はどんどん剥がれ落ち、政権支持率の低下が盛んに報道されるようになって来ました。思い起こせば前鳩山首相の沖縄米軍基地問題、最近では中国との尖閣諸島問題や、ロシアのメドベージェフ首相の北方領土訪問など、特に外交問題(安全保障を含む)での失政、ボーンヘッド(凡ミス)が目立ちます。

加えて表面化してきたのが、支持率維持の目玉政策として演出されてきた「事業仕分け」の形骸化。報道によると、この事業仕分けに法的拘束力はなく、努力目標みたいなものらしい… 「事業仕分け」で下された判定通りに事が運ぶかどうかは、官僚などの善意(?)にゆだねられるというのです。支持率を維持する機能が働いているうちは良かったのかもしれませんが、このからくりが明るみに出てしまうと、結果は火を見るより明らかです。そうです、「事業仕分け」のヒロイン蓮舫は、まさに茶番劇のヒロインを演じていただけだったのです…

そこであわてた民主党。政府の行政刷新会議(議長・菅首相)は昨日、行政の無駄を洗い出す「事業仕分け」の結果を無視、軽視したとして、11府省が2011年度予算概算要求で提出した60事業について、省庁側の説明を聞かずに即時改善を求める「勧告」を行う方針を固めました。「勧告」対象となるのは…

1.仕分けで「廃止」と判定されたのに別の事業名で「復活」させ、11年度予算で概算要求した
2.「予算の縮減」と判定されたのに、予算の縮減幅が不十分
3.「見直し」と判定されたのに、見直しのための論議を十分進めていない

「事業仕分け」後の実態を既にご存知だった方がほとんどだと思いますが、改めて「事業仕分け」は茶番劇だったのだという事実を再認識させられる条件です。いずれにしろ、これに該当する事業は、「再仕分け」を待たずに改善の勧告が必要と判断されたことになります。「再仕分け」と異なり、省庁側に説明する余地は全くなし。この対官僚の強硬な姿勢が、民主党の人気の秘訣、生命線だという事がはっきり読み取れます。

でも待てよ、そもそも「事業仕分け」には法的な拘束力がないんでしたよね… そこで問題です、この「勧告」に法的拘束力、または強制力はあるでしょうか? この問題の正解率、恐らく100%です!


初体験 内視鏡検査を受けてきました
毎年一回の定期健康診断。一定年齢を過ぎるとバリウムで胃の検査を受けるのですが、今年初めて、穹隆部(きゅうりゅうぶ:胃の上部)という所に、腫瘍様があるとの診断が出てしまいました。この穹隆部という場所は、もともとシワ(?)が多くバリウムの検査では判定がつきにくいうえ、良性の場合が多いらしいのですが、ポリープが出来やすいらしい。とは言うものの、初めて下された診断結果。念には念を入れ、内視鏡初体験となりました。

口から入れる内視鏡は相当苦痛で、一度体験したら、「もう勘弁してほしい」との声を良く聞きますが、最近は鼻から入れる内視鏡が増えており、小生のかかりつけ医もこの「鼻から」のタイプを使用しているとのこと。一足先に体験済みの妻の勧めもあり、迷いもなく、内視鏡検査を予約しました。

いよいよ検査日が到来。ちょっと緊張しましたが、「口から入れる内視鏡よりは楽だよ」との評判を耳にしていましたので、それほど心配していませんでした。麻酔などの事前処置も簡単で、自分の胃袋がテレビ画面で見られることを楽しみにしていたほどです。

しかし現実は甘かった… 鼻の奥に内視鏡が到達すると、違和感というより痛みに近く結構辛いではありませんか。食道に入るころには(?)、外部からの進入物に体が自然に反応し、進入を拒絶。何度か咳き込んだり、『おえっ』状態を繰り返し、本人的には悪戦苦闘。恐らく先生はもっと悪戦苦闘していたでしょう。

それでも内視鏡はなんとか胃の中へ。胃の中まで入ってしまうと、思いのほか違和感が和らぎ、先生や看護士さんの話も冷静に聞くことが出来ました。もちろん、テレビに映る自分の胃袋を眺めながら診察(?)の始まりです。

バリウム検査で見つかった腫瘍様のデキモノも発見。わずか2mmほどのもので、全く心配のない良性だとの診断。もちろん胃袋全体を、十二指腸付近まで診察していただきました。胃袋全体は非常にきれいで、全く問題ないとのお墨付きを頂戴しました、良かった良かった。

内視鏡検査を終え感想を一言。事前の見立てが甘かったせいですが、正直に言って想像していたよりは辛かったのは事実です。直後は、「もうこりごりだ」と思いました。しかしよく考えてみると、こんなに手軽に胃袋の中が診察できるわけですからしょうがない。この程度の苦痛、早期発見早期治療のためには我慢しなければならないでしょう。検査終了1時間後には、普通に食事することが出来るのですから…




プロフィール

証券人(しょうけんびと)

Author:証券人(しょうけんびと)
約13年間の大和証券勤務を経て、1998年1月松阪証券に入社
2006年4月代表取締役社長就任
現在に至る



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。