松阪証券 社長日記
企業人として、三重県で生業を営む者として、日々の発見、気づきなどを気まぐれに書きとめて行きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消えた9,000億円
政府は今年8月、5年をかけて進めてきた301ヵ所の年金福祉施設売却を終えました。建設と維持管理に約1兆1,300億円を充てながら、売却総額はたったの2,221億円で、その回収率は約20%。役人の無駄遣いにより、消えた年金保険料は9,000億円を超えたとのことです。

中日新聞の報道によると、こんな役人の発言も。「基金や財団をつくれば厚生省の連中がOBになった時の勤め口に困らない」「年金を払うのは先のことだから、今のうち、どんどん使ってしまって構わない」、まるでドラマの悪代官、「お主も悪よのう」をほうふつとさせる台詞です。この発言、旧厚生省の初代年金課長、花沢武夫氏の口から出た証言。1988年に旧厚生省の外郭団体が発刊した「厚生年金保険制度回顧録」に堂々と掲載されたそうです。

一方、当初売却予定だった社会保険病院と厚生年金病院の扱いが、地元の反発などで注に浮き、年金福祉施設の売却を担当してきた「年金・健康保健福祉施設整理機構」の存続期間は2年延長することに。今後の焦点は病院の行方に移ります。

いずれにしても、最も重要のなのは同じ過ちを繰り返さないこと。どうしてこうなったか検証して、徹底的に責任を追及すべきでしょう。もう許しては成らない、シロアリのように国民の資産を食いつぶす役人たちを… 脱官僚を掲げる与党民主党に大いに期待します!!


スポンサーサイト
先生を尊敬していますか? 親を尊敬していますか?
某栄養専門学校校長によると、今から十数年前のこと、世界20か国の中学生を対象にした調査で、「先生を尊敬していますか」「親を尊敬していますか」という質問をしたそうです。「先生を尊敬を尊敬している」と答えたのが、中国(北京)で80.3%、アメリカは82.2%、EU12か国平均は82.7%。お隣韓国はさすが儒教の国、二十カ国中トップの84.9%だったそうです。

では、わが日本は何%だったでしょうか。読者の皆さん驚くことなかれ、なんと21.0%のダントツの最下位だったのです。なんとなく結果は予想していましたが、ここまでひどいとは… OECDの発表においても、先生の尊敬度世界百八十六カ国平均は72.3%ですので、どうやらこの他国のデータは信用できそうです。親の尊敬度も似たり寄ったりで、日本が25.2%で他国は80%以上。子を持つ親として、ちょっと恥ずかしいデータです。

また、日本青少年研究所の発表したデータによると、今の日本の高校生は、「自分がダメだ」と思っている学生が66%もいます。アメリカは22%、中国にいたっては13%だとのこと。先生も親も尊敬していなければ、自分にも自信がない。徐々に国力を失いつつある日本を象徴している調査結果だといえます。

さらに驚愕の事実。日本では、40年前まで文部省が子供たちや学生たちの規範意識、生活習慣の調査を行っていたそうです。通常多くの国で同様の調査を行っているのですが、某教育団体が「俺たちの査定をするのか」と文部省に乗り込み、やむなく調査は廃止されました。某校長先生は、自民党政権時にこの話をして調査復活の内諾を得ていたのこと。しかし、民主党に政権が交代しました。皆さんご存知のとおり、某教育団体は民主党の支持母体ですから当然のごとく調査復活は白紙に…

この話、皆さんはどう思いますか? 日本の行く末が心配です。


おもしろグッズ発見 アイアン(アン)ブレラ
まずは、この画像から… 何の変哲もない、ビニール傘のようです。最近はあまり使うこともありませんが、学生のころは別名「500円傘」とか呼ばれていたような記憶も。小生も結構お世話になりました。今では恐らく500円もしないでしょう。駅の売店やコンビニで当たり前のように売られています。
ビニール傘

しかし、写真の品。ただのビニール傘にあらず。その名もアイアン(アン)ブレラという、おもしろグッズだったのです!! そう、あなたの想像通り、傘の柄の持ち手部分がゴルフクラブ(アイアン)のヘッドになっているのです。恐らく、駅のホームで傘を逆さまに持ち替え、ゴルフスイングの練習をするサラリーマンをヒントに作られたのでしょう。シャフト部分が少々短めのでジュニアサイズ(?)ですが、イメージトレーニングには充分役立ちそうです。
実はアイアン(アン)ブレラ

調子に乗ってインターネットで色々調べてみたところ、こんな商品も発見しました!!
サムライアンブレラ

その名も「サムライアンブレラ」。「アイアン(アン)ブレラ」よりもかなり本格的な作りです。駅のホームで剣術の練習をしているサラリーマンを見かけたことはありませんが、見る人を笑わせる効果はありそうです。ただしかし、携帯用の袋に入れて持ち歩く時は注意が必要。これじゃあ、まるで本物の日本刀です。
本物のよう

ご購入の際は、くれぐれも銃刀法違反で検挙されぬよう、ご注意あれ。


奨学金返還訴訟と滞納者が急増
学生に奨学金を貸与している独立行政法人「日本学生支援機構」によると、昨年度に奨学金の返還を求めて起こした訴訟は前年度の2.8倍、計4,233件に急増したそうです。機構設立当初の2004年度と比較すれば、なんと70倍超の件数となります。機構は「不況の影響もあって滞納者自体が増えており、訴訟は今後も増えるだろう」としています。

また、昨年度の滞納額は約33万6,000人分の797億円と要返還額の約2割を占め、機構が返還しない恐れがあるとみている3か月以上の滞納者も約21万1,000人おり、債務総額は2,629億円に上るとのこと。5年間で2万8,000人、842億円もの増加です。

奨学金返還訴訟と滞納者

奨学金は国からの借入金などでまかなわれており、国の行政改革推進本部は2006年12月、回収率を向上させるよう求め、2008年6月には機構内の有識者会議が「法的措置の徹底」を提言しました。機構は昨年10月から、9か月以上の滞納者全員に申し立てを行うようにし、訴訟が急増。一方、経済的理由で返還が困難な人は、年収300万円以下の場合、最長10年間にわたり月々の返済額を2分の1にできる制度も今年度中に始めるそうです。

しかしこの勢い、かなりの確立で社会問題化するでしょう。若者のモラルが低下しているからとか、不況だからしょうがないとか、いろんな意見が出そうですが、だからこそ簡単に解決しそうにありません。ひょっとすると本当に必要なのは「子ども手当て」ではなく、大学生(もちろん真面目な大学生のみ)の学費を支援する制度かも。菅首相、いかがなものでしょうか。


あなたを笑顔にしてくれる言葉は?
住友生命が「笑顔」をテーマに約二千人を対象に実施したアンケートによると、「あなたを笑顔にしてくれる言葉は?」の問いで断トツの最多だった答え。そう、それは皆さんもそうお答えになると思いますが、「ありがとう」です。

また、昨日の中日新聞によると、脳にはミラーニューロンという神経細胞が存在するらしい。WEBサイトで調べてみると、ミラーニューロンとは…

「ミラーニューロン(英: Mirror neuron)は霊長類などの動物が自ら行動する時と、その行動と同じ行動を他の同種の個体が行っているのを観察している時の両方で活動電位を発生させる神経細胞である。したがって、他の個体の行動に対して、まるで自身が同じ行動をしているかのように"鏡"のような活動をする。このようなニューロンは、マカクザルで直接観察され、ヒトやいくつかの鳥類においてその存在が信じられている。ヒトにおいては、前運動野と下頭頂葉においてミラーニューロンと一致した脳活動が観測されている。」 出所:ウィキペディア

つまり、「笑顔」を向けられたヒトは、同じように「笑顔」になるよう仕組まれているということ。つまり、あなたの「ありがとう」の一言は、一つの「笑顔」を生み出し、その「笑顔」は無限に広がる可能性を秘めているわけです。本当にそうなるとしたら、つまらない諍いや、紛争、戦争が起こる可能性も低下するはず…

これは立派な平和運動です。小生も今日からはじめます、「ありがとう」と「笑顔」の輪を、世界中に広げましょう!


江戸東京博物館に行ってきました
妻の里帰りに合わせて上京する機会があり、家族で「江戸東京博物館」に行ってきました。観覧するのは今回が二度目ですが、吹き抜けのある広い館内に豊富な展示品があり、何度行っても飽きない、東京見物の穴場的スポットです。

江戸東京博物館

場所はJR両国駅のすぐそば、何かと話題の多い大相撲の聖地、両国国技館の隣です。常設展の観覧料は一般600円。ゆっくり観覧して2時間以上、急いで観覧しても1時間はかかると思いますので、非常にリーズナブルな価格設定だと思います。フランスのミシュラン観光ガイドで2つ星の評価されているらしく、外国人の来館者も多数。また、日経新聞の何でもランキングにおいて、「女性がすすめる歴史資料館」で国内1位に選ばれ、注目度は急上昇中のようです。

東京ディズニーランドもいいけれど、たまには江戸東京博物館と下町散策もおつなもの。ミュージアムショップのお土産も、喜ばれること間違いなし。機会があれば、ぜひ行ってみてください、お勧めです。


不気味な案山子
数週間前だったでしょうか。のどかな田園地帯でサイクリングを楽しんでいたときのこと、田んぼの周辺に無数の怪しげな人影を発見。恐る恐る近づいてみるとそれは… なっなんと、数十体の案山子ではありませんか!少しばかり携帯のカメラで記念撮影。なんとも不気味な風体です。

現代アート風に命名してみますと、これは「減量苦に苦しむボクサー」? 走りこみの最中でしょうか。
ボクサー

お次は「顔色の悪い真知子巻き」? 坊主頭を隠しているようです。
まちこ

先週もお世話になりました。ちょっと「顔の汚れたキャディーさん」です。夜になると、「ファー」という甲高い声が…
キャディ

一世を風靡した(?)テクノ・カット。もみ上げを残さず、斜めにカットするのがポイントです。きりりとした濃い目の眉毛もこの時代の象徴です。
テクノ

数を数えたわけではありませんが、40~50体はありました。もちろん、写真のようにマネキン人形の上半身がすべてに使われていました。それぞれにテーマがあったかどうか定かではありませんが、なかなか面白い現代アートの鑑賞です。昼間だったから良かったものの、夕暮れや夜だったら、もっと不気味さが増すこと間違いなし。興味のある方は、所在地をお知らせします。コメントにてお問い合わせください!!



プロフィール

証券人(しょうけんびと)

Author:証券人(しょうけんびと)
約13年間の大和証券勤務を経て、1998年1月松阪証券に入社
2006年4月代表取締役社長就任
現在に至る



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。