松阪証券 社長日記
企業人として、三重県で生業を営む者として、日々の発見、気づきなどを気まぐれに書きとめて行きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハンバーグステーキの起源
若者や子供たちが大好きなハンバーグステーキ。皆さんはその起源をご存じでしょうか? 10年以上も前になりますが、とあるハンバーグステーキ専門店のメニューに解説してあった記憶をたどり、インターネットで調べてみました。

ハンバーグという名称は、誰もが想像する通りドイツのハンブルグから来ています。ハンブルグ(Hamburg)を英語読みしたのがハンバーグ。ハンバーグとは料理名である前に地名なのです。それでは、ハンバーグという名の料理の起源はヨーロッパのドイツにあるのか… どうやらちょっと違うらしい。挽肉の焼肉料理であるハンバーグは、タルタルステーキを固めて焼いて食べ易くしたものだったのです。

タルタルステーキは、生の牛肉または馬肉を荒いみじん切りにし、オリーブオイル、食塩、コショウで味付けし、タマネギ、ニンニク、ケッパー、ピクルスのみじん切りなどの薬味と卵黄を添えた料理です。全体を均一になるように混ぜて食べます。韓国料理のユッケと類似点が多いのではないでしょうか。
タルタルソース

一般的に知られる説によると、タルタルステーキの調理法はタタール人から伝わったものだとか? モンゴル帝国当時の遊牧民たちは遠征に際し1人につき何頭も馬を連れていき、これらを乗用としてだけではなく軍中の食料としても利用していたそうです。しかし、乗用の馬は食用に飼育された馬肉とは違って非常に硬く筋の多く食べにくいものだったので、鞍の下に刀で細かく切った肉を入れた袋を置いて馬に乗り、自分の体重と馬の運動で潰してから味付けをして食べる食習慣があったとされ、ヨーロッパ料理のタルタルステーキは、このタタール人たちの馬肉料理が起源であったと言われることが多いようです。

しかし、彼らの間では生の馬肉を食べる料理はなく、これは明らかな誤解だとか… 現在タタール人と呼ばれる民族は、タタールスタン共和国のヴォルガ・タタール人をはじめとしてほとんどすべてがロシア帝国やソビエト連邦共和国の定住政策を受けて都市民あるいは農民となっており、騎馬民族ではありません。

それでは、ハンバーグの起源タルタルステーキはどこの国の食べ物なのか? 前述の通り、タルタルステーキの名称は「タルタル人」に由来しています。タルタル人とはタタール人のことで、西ヨーロッパでギリシア語のタルタロスの影響を受けて訛ったものです。14世紀にモンゴル帝国が解体した後も長らくモンゴル帝国の遺民であるユーラシア内陸部、中央アジアや北アジアのモンゴル系、テュルク系、ツングース系の諸民族を漠然と指す民族名として20世紀まで使われつづけたことから、生の挽肉を食べる蛮族風ステーキという意味で、当時蛮族の代名詞であったタルタル人の名をつけたのでしょう。

そして、そのタルタルステーキを固めて焼いたのがハンバーグステーキ。考案された当時は、その素材は現在の挽肉ではなく、鞍の下ですり潰された肉を固めたものだったのですから、今のハンバーグステーキとは全く食感や味が違ったはずです。

これは小生の勝手な想像ですが、そんな当時のハンバーグステーキが味わえるのがこの店(ハングリータイガー)。挽肉の食感とはちょっと異なる歯ごたえがあり、玉ネギなどのつなぎを一切使っていません。神奈川県にしか店舗がなく、小生も長らく食していませんが、機会があれば皆さんも一度お試しください。おそらく、ハンバーグステーキらしくないハンバーグステーキだと感じるはずです。


スポンサーサイト
トカゲのしっぽ切り? 鉄砲玉と議員秘書 ヤクザと政治家
ヤクザと政治家の類似点第二弾、本日はトカゲのしっぽ切りです。

トカゲのしっぽ切りとは、専門用語で自切(ジセツ)。トカゲや節足動物が尾や足を自ら切り捨てる行動のことです。主に外敵から身を守るために行われる例が多く、外敵に捕捉された際に尾や足などの生命活動において主要ではない器官を切り離すことで逃避できる可能性を作り、個体そのものが捕食される確率を下げます。そのため自切する器官はあらかじめ切り離しやすい構造になっていたり、喪失した器官を再生させるなどの機能を持つ種が多いそうです。

身近な例ではニホントカゲの自切。自切した尾はしばらく動き回るので外敵の注意を引き、その隙に個体そのものは逃亡。切断面は筋肉が収縮し出血も抑えられ、再生した尾(再生尾)は外観から見ても体色が異なっていたり、元の尾よりも長さが短くなることが多いとか… また再生尾は中に骨はなく、代わりに軟骨により支えられています。全くもって、摩訶不思議な行動、機能ですね。

自然界で摩訶不思議なこの行動、ヤクザと政治家の世界でもちょくちょく見かけます。ヤクザの世界では逃亡する主要部分が「親分」でしっぽが「鉄砲玉」。政治家の世界では主要部分が「先生」でしっぽが「議員秘書」。罪をかぶった「議員秘書」はお仕えする「先生」に類が及ばぬよう身を呈し、時には自殺してしまうこともあります。

1970年代の映画に「鉄砲玉の美学」なるヤクザ映画があったそうですが、時の話題、大衆に受けそうなのはむしろ「議員秘書の美学」。大ヒット間違いなしですね。


みかじめ料とヤミ献金 ヤクザと政治家
近頃感じていること… ヤクザ(暴力団)の世界と政治家の世界は良く似ているようです。

暴力団社会では、親分がその配下の組員からその格付に応じて、会費、交際費等の名目で半ば強制的に金銭を徴収し、それによって組織を維持しています。この上納金制度はどんな小さな組織でも行っており、平組員から舎弟、幹部など、その格付に応じて月額を決め、毎月組事務所や組長宅等に集まる「寄り合い」と呼ばれる組織の定例会の際に納めるのが一般的。上納金を受け取る立場の親分も、いわゆる広域暴力団のように上部組織の傘下に入っている場合は、その上部組織に対して上納金を納めなけねばなりません。いわゆるピラミッド型の組織構造で上納金が上へ上へと納められ、頂点に位置する広域暴力団に集められるわけです。具体的な上納金の金額にはピンからキリまであり、その実態は外部から容易に知ることができませんが、広域暴力団のような大組識の幹部ともなれば、毎月百万円を超える例もあるとか… ですから、これによって集まる上納金の総額は、有力な広域暴力団の場合月額にして億単位に上るとも言われています。

この上納金の資金源の一つが「みかじめ料」です。暴力団が縄張りとする繁華街の飲食店や風俗店などから取り立てる用心棒料で、おしぼり代・観葉植物代・広告代などの名目で法外な金額を請求します。安心して仕事ができるのは、用心棒のお陰だというのが請求の根拠ですが、支払わない店に対して営業妨害するのは彼ら自身ですので、つじつまが合わない理論ですね。合理的に考えるなら、存在しなければいいだけです。

西松建設や水谷建設(お恥ずかしながらご当地三重県)から某先生、またはR山会に流れたと言われている資金は、まるでヤクザの「みかじめ料」。支払わなければ落札できない、つまり仕事が取れないわけですから、大差はありません。おそらく当時の建設業界では、この「みかじめ料」も工事にかかる費用として見積もり、工事を取りに行くかどうかを判断していたのでしょう。

その「みかじめ料」部分は当然入札価格の決定に影響を及ぼしますので、工事代金は自ずと上昇します。その上昇部分を負担したのは「血税」、つまり我々国民です。「血税」は工事代金として落札業者に支払われますが、すでに「みかじめ料」として政治家の懐に入っているという資金の流れですね。そうです、国民の「血税」で私腹を肥やしていたと検察から疑われているのが、某先生なのです。

さて、渦中の某先生。事情聴取を拒否し徹底抗戦を宣言していましたが、支持率の急低下に慌てたのかいよいよ聴取に応じるようです。いい意味で大政治家の後継者となってほしいところですが、実態はいかに。田中角栄、金丸信の流れをくむ某先生だけに、行く末が心配です。


「オジサン・パワーさく裂!!」 魁皇 幕内808勝
大相撲初場所3日目で、西大関・魁皇(37)が西関脇・千代大海(33)を送り投げで降し、元横綱・千代の富士(現九重親方)を抜く歴代単独1位の幕内通算808勝目を挙げました。
魁皇

「花のロクサン」と呼ばれた昭和63年春場所初土俵組には、後に横綱に昇進した若乃花、貴乃花兄弟や曙ら出世街道ではるか先を行く同期入門の力士たちがいました。同期生を追って一つ一つ白星を重ね、同期生が去った後も土俵に立ち続ける魁皇。幕内99場所目の新春の土俵でベテラン大関が大きな勲章を手にしたわけです。

このところプロのスポーツ界などでも、頑張っているオジサンが増えてきています。プロ野球の工藤選手や大道選手、冬季オリンピック出場を決めたスキージャンプの岡部選手、サッカーではキング・カズ選手やゴン中山選手。そうそう、ご当地松阪でも競輪の萩原操選手はすごい。小生とは中学校時代の同級生で同じ野球部に所属していたのですが、46歳で今もトップクラス(S級1班)で活躍中。小生や同年代の仲間にとっては、まさにオジサンの希望の「星」です。競輪ファンのみなさん、応援お願いします!!


朝焼け
本日早朝、午前6時30分ごろの朝日が昇る前、自宅付近の道路から東南方向(?)を携帯電話で撮影してみました。冬場特有の澄んだ空気の中、日の出直前の空が黄金のように色づき、漆黒の闇とのグラデーションが見事です。

朝焼け

最近の携帯電話はどんどん性能が向上しています。携帯電話付きのデジタルカメラだといっても、嘘にはなりませんね。


長期弱気相場終焉か?
読者の皆さま、あけましておめでとうございます。本年も松阪証券、並びに当ブログをよろしくお願いいたします。

さて、年始早々景気のい良い(良すぎる?)話から始めましょう。昨年の東京株式市場、日経平均の終値は10,546円でした。ちょうど一年前、昨年の大発会始値は8,991円でしたので、昨年のローソク足の年足は陽線となり、バブルが崩壊した1989年以降3回観測されている3年連続陰線、いわゆる三羽烏(さんばがらす)は回避されました。ひょっとすると、これは長期弱気相場終焉の一つのサインになるかも知れません。「一富士二鷹三茄子」、小生も「鷹」の初夢は見ませんでしたが、三羽の烏(からす)はもう飛んで来なかったようです。地方の証券会社の社長が見た「初夢」だと揶揄されるかもしれませんが、平成22年大発会の小生の予言めいた発言として、皆様の心にご記憶いただきたいと思います。

昨年の年頭にも申しあげましたが、「谷深ければ山高し」。長期の弱気相場の次にやってくるのは、長期の強気相場かもしれません。大発会の日経平均は10時50分現在137円高。幸先の良いスタートです!!




プロフィール

証券人(しょうけんびと)

Author:証券人(しょうけんびと)
約13年間の大和証券勤務を経て、1998年1月松阪証券に入社
2006年4月代表取締役社長就任
現在に至る



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。