松阪証券 社長日記
企業人として、三重県で生業を営む者として、日々の発見、気づきなどを気まぐれに書きとめて行きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言うは易く、行うは難し
国土交通省は26日、高速道路を1,000円で乗り放題とする乗用車の割引施策について、年末年始は12月26、27日の実施を見送り、来年1月1~5日に実施する方針を決めたことを発表しました。新年の5日間にまとめて適用することで、「交通を分散化し、効果的な割引施策の実施をねらう」としています。

前原大臣

皆様ご存じの通り、乗用車の高速道路料金は、現行制度では首都圏を除き、土日と祝日が1,000円割引の対象となり、本来は土日の12月26、27日と三が日の1月1~3日の5日間に適用されることになります。しかし、国土交通省の有料道路課の予測では現行計画を適用した場合、全国で1日に長さ10キロ以上の渋滞が発生する回数は、12月26日は20回、1月2日は70回、3日は60回をそれぞれ超えるとのこと。物流への影響が懸念され、交通の分散化が狙いらしい…

しかしこの政府方針、皆さんはちょっとおかしいと思いませんか? 小生は、本末転倒だと思います。少なくとも、民間企業の経営感覚では、ありえない(発想することさえ不可能な)例外的制度変更だと思うのですがいかがでしょうか。

民間企業の経営感覚から発想するなら、まず料金が割高な日の例外的割引だと思います。ですから、国交省が物流が比較的少ないと予想している1月4日、5日(休日割引適用を検討しているそうです)を、1,000円割引以上に安くすればいいのです。12月26、27日が事実上の値上げとなることは、絶対に回避するというのが本来ではないでしょうか。ましてや民主党のマニュフェストには「高速道路の無料化」が高々と謳われているわけですから、方向性としても真逆になります。「言うは易く、行うは難し」、全くもって前後左右、バランス感覚の欠如した施策です。

年末年始の渋滞が及ぼす、物流への影響を和らげようとする行動は評価するとしても、その影響で普段より割高な高速道路料金の負担を強いられる国民が存在することを、もっと「国民の目線」で考えるべきではないでしょうか。この分だと、高速道路完全無料化の実現も危ういのでは… 鳩山首相、大丈夫ですか?


スポンサーサイト
フリーマーケットで社会貢献 その2
10月21日午前、小社の社会貢献チーム代表が、当地松阪の名物市長を訪問。前回の記事で紹介したフリーマーケットの売上金32,370円を、社会福祉事業にと寄付しました。この写真は贈呈式の模様です。

贈呈式

右の3名が小社の社員、左があの山中光茂市長です。山中市長は就任当時、全国で最年少の首長でした。ご覧の通り、不精ひげ(?)を蓄えたワイルドな風貌が市民の間でも話題となり賛否両論(小生は松阪市民ではありませんが、当時は反対派でした)、地方紙でもたびたび取り上げられておりました。人の噂も七十五日、今ではこの話題で盛り上がることもなくなり、山中市長の粘り勝ちといったところでしょうか… ひげのことは忘れましょう。しかし、地方自治体の首長としては、市民に忘れられる、目立たない、相手にされない存在にならぬよう、持前の若さとバイタリティでどんどん突き進んでほしいものです。

笑顔のひげ市長

時間があったら、また小社に遊びに来てください。お待ちしております。


フリーマーケットで社会貢献
先週末日曜日(10/18)日、とあるイベントのフリーマーケットに、小社の「社会貢献チーム」が参加しました。当日は、「天高く馬肥ゆる秋」といっても大げさではない、絶好の野外イベント日和。お客様の出足は好調で、会場は熱気でムンムンです。

小社のブースにもお客様殺到(?)で大忙しです!!
大賑わい

販売は「社会貢献チーム」のメンバー7名を中心に小社の社員の大半が駆けつけ、飛ぶように商品が売れていきます。これは期待できるぞ!!
完売を目指せ

とは言っても敵はつわもの揃い。厳しい値引き交渉に負けず、売り上げ目標を達成できるかちょっと心配です。
厳しい値引き交渉

特に注意しなければならないのは、誘い合わせて来場したオバサン達。関西の商店街などでテレビ番組の取材を受けている、ヒョウ柄の服を着たオバサン達を思い出したのは小生だけでしょうか… 価格を聞かれて答えると、必ず「高すぎるわ」のご返事(ちょっとダミ声で)。人生山あり谷あり。厳しくそして辛いこれまでの数々の人生経験は、オバサン達の心臓に毛を生やしてしまったようです。
手ごわいオバサン

価格交渉の結果、つまり販売価格はともかく、売行きは依然絶好調。社員達も、お客様(オバサン達)との駆け引きを楽しんでいるようです。この調子で行けば、完売は間違いないでしょう。毎度あり!!
毎度あり

午後3時まで出店の予定でしたが、午後に入っても勢いは衰えず、1時過ぎにはほぼ完売!! ご来場の皆様、本当にありがとうございました。集計によると、売上金合計は約35,370円。この内、3,000円を出店料として主催団体に支払い(これも主催団体が取りまとめて福祉目的で寄付されます)、残金の32,370円は松阪市を通じて社会福祉事業に寄付します。秋晴れの澄んだ空気のような、社員達の清々しい笑顔が印象的でした。


話題のLED電球
話題のLED電球について、ちょっと調べてみました。
LED

写真右がLED電球、左は従来の白熱電球です。大手家電量販店には、すでにLED電球が並んでいますが、これまではどちらかと言うとうっすら明るい常夜灯向きの製品が多かったようです。しかし今年夏以降、東芝、シャープ、パナソニックと次々に普通の電球と交換できるLED電球が登場してきました。さてさて、鳩山首相が国連で宣言した温暖化ガス排出の25%削減は、この電球で達成できるのでしょうか…

まずは価格。60Wの普通の電球は200円程度で買えますが、LED電球は4,000円程度でおおよそ20倍。調光や調色に対応しているタイプはさらに割高で、5,000円~8,000円もするそうです。ガソリン代の節約には興味のない超お金持ち(セレブ)の映画俳優が、●●賞の受賞式にわざとらしくハイブリッドカーで乗り付け、これ見よがしにエコスタイルを強調するのとよく似ているかもしれません。いえいえ、まだ検証しなければならないポイントが二つあります。貧乏人には気になる電気代(エネルギー効率)と耐久性についても比較してみましょう。

シャープのWebページによると、普通の白熱電球(60W)では1円で0.76時間、LED電球の場合は1円で6時間利用可能です。同じく40Wですと白熱電球の1.14時間に対して約11時間と、エネルギー効率はおよそ10倍。驚くべき省エネ電球なのです! 次は耐久性。LED電球は1日10時間の使用で10年以上使えると書いてあるではありませんか。総時間にすると白熱電球の約1,000時間に対して、LED電球は約4万時間と40倍。ちょっと計算してみましょう。

4万時間(1日10時間で約11年)使用したとき
≪白熱電球≫4万時間÷1,000時間×200円=8,000円
≪LED電球≫4万時間÷4万時間×4,000円=4,000円

そうです、LED電球を使用すると、白熱電球を使用した場合の半額で済むのです。その上電気代も1/10ですから、さらにお得。温暖化ガスの排出削減効果も絶大(?)。使い方を工夫すれば、照明にかかる電気代を25%以上削減できそうです。

しかしよく考えてみたら、普通の家庭でどれだけ白熱電球が使用されているのでしょうか… 都合のいい比較、誇大広告だともいえます。蛍光灯と比較すると、いったいどういう結果になるのか。やはり、現段階ではハイブリッドカーみたいな存在なのでしょうか?

LED電球にしろハイブリッドカーにしろ、今後の技術革新によりコストダウン、性能向上、品揃えの充実はさらに、そしてどんどん進むはずです。そういう意味では、LED照明の本格的な普及は、意外に近いかも。我が家では、すでに可能な限り蛍光灯(電球)を使用していますが、来るべき明るい未来のため、今週末にお試しで購入してみようと思っています。


御在所ロープウェイで空中散歩
先日、久しぶりに御在所ロープウェイに乗ってきました。このゴンドラに乗るのは何年振りでしょうか。定かではありませんが、前回は少なくとも学生時代、おそらく20年以上前のことです。天気が良ければゴンドラからの眺めは最高のはず。紅葉には少々早めですが、年甲斐もなくやや興奮気味の小生です。

御在所ロープウェイについて、インターネットで少々調べてみました。全長は2,161m、高低差780m。麓の湯の山温泉から、1,212mの御在所岳山頂までを約12分で結びます。料金は大人往復で2,100円。宿泊した旅館でもらった割引券を利用したため、10%引きで乗車することができました。

麓の湯の山温泉同様、山頂まで雲一つない、空中散歩には絶好のお天気。年に数回見えるといわれる「富士山」は霞の中でしたが、眼下に広がる四日市の町並みを眺めながら、ゆっくりと上昇していきます。
ロープウェイ

御在所の岩山
あちこちのむき出した岩肌が、迫力満点です。浸食のせいでしょうか、今にも転げ落ちそうな巨石が積み木のようにも見えます。

日本一の支柱(鉄塔)
これはロープを支える鉄塔で、支柱高は61m(標高1,004m)。ゴンドラ内のアナウンスで説明していましたが、ロープウェイの支柱としては日本一の高さだそうです。鉄塔の基礎部分にあたる足元は、タタミ85畳分もあるとのこと。開通当時(昭和34年)は他の鉄塔と同じ緑色でしたが、昭和39年に白く塗り替えられました。それ以来、麓からも見える白く巨大な建造物は、湯の山温泉や御在所岳のシンボル的な存在になったそうです。小生は高所恐怖症ではありませんが、窓ガラス越しに下を眺めてみると、さすがに足がすくみました。

山頂の気温は10~11℃で麓の湯の山温泉とは別世界、少し肌寒いくらいでした。写真の通り、残念ながら紅葉には少々早めでしたが、山頂付近の気温から考えると、今月下旬にはピークを迎えそうです。近鉄四日市駅からは湯の山温泉まで近鉄湯の山線で25分。ここから10分ほどバスに揺られてロープウェイ乗り場です。今来週の週末あたり、お近くの皆さんは日帰り温泉と紅葉を眺めながらの空中散歩を楽しんでみてはいかがでしょうか。天気さえ良ければ、最高の紅葉狩りになるはずです。


台風18号
18号
昨夜から今朝にかけての嵐がうそのような、台風一過の午後。東北、北海道はこれからがピークだと思いますが、当地はほっと一息。小社は対面営業の証券会社ですが、証券業界全体もIT化(業務のコンピュータ処理)が進んでいますので、停電や雷には非常に弱いのが実情なのです。

松阪から電車で15分程度の我が家では、午前2~3時ごろから停電になっていました。もちろん朝家を出る時も復旧しておらず、松阪周辺や会社の状況はどうだろうかと心配しながら出社しました。早めに出社してくれていた社員から、「大丈夫ですよ」との声をかけられ胸をなでおろした次第です。

過去には雷の影響などで通信に不具合が生じ、コンピュータ経由での注文執行が不可能になったこともありました。そんな時は、専ら電話を使い注文執行を行うのですが、今回は10年ぶりの大型台風だったことから考えると、「事なきを得た」といったところでしょうか。

しかし、台風の影響はもう解消したかというとまだまだです。私事ですが、正午現在、我が家は依然停電したままなのです。今朝はテレビや炊飯器、ガス給湯器、ドライヤーにウォシュレットなどが使用不能。やがて半日(12時間)が経過しますので、そろそろ冷蔵庫(特に冷凍室)の中も心配です。日常の生活が、いかに電気に依存しているかを思い知らされました。

一体いつになったら復旧するのか… 今宵の夕食や入浴には間に合ってほしいものです。

◆◆◆どうやら、午後2時過ぎに停電は解消した模様です。一安心です。◆◆◆


分散投資の効果
有価証券(株式や債券)への投資は、複数の資産への分散投資が基本です。日本人の立場から見ると、日本債券・外国債券・日本株式・外国株式を主要4資産とし、最近ではリート(不動産)やコモディティ(商品)なども組み合わせ、リスクの所在を分散させるとともに、リターン向上させる効果を期待するのがその狙いです。

記憶に新しいところですが、昨年9月のリーマン・ショックに端を発した金融危機時は、複数の資産が同時に下落したため、「分散投資していてもだめだった」、「損失の発生を免れなかった」というのは事実です。しかし、分散投資の効果は本当になかったのでしょうか…

本日、日経新聞の第29面(家計)、「点検、マネーの常識」で、この分散投資についての特集記事が掲載されています。確かに、危機時にはリスク回避、つまり現金化の動きが集中するため、ほとんどの資産が下落してしまいます。しかしながら、過去の危機時も含め検証してみると、危機の内容により各資産の下落パターンが異なることがわかります。また、危機後の回復のパターンもさまざまです。

記事では、証券業界の皆様にはおなじみの「有効フロンティア(期待リターンとリスクの関係)」から考察しても、単独の資産に投資するより、4資産に分散したほうがリスクを抑えつつ、高いリターンが期待できることが明らかにされています。

ここ数年の間、銀行や郵便局が投資信託の取り扱いを始め、お客様に預貯金から投資信託への資金シフトを推奨し、投資信託への投資家のすそ野は確実に広がりました。しかしながら、目先の分配金を強調するがあまり、リスクを軽減するための努力を怠っていたことは明らかです。その手の投資信託の基準価額は、リーマンショックのあおりをもろに受け軒並み下落。投資信託への投資ですから、分散投資はしていたかもしれません。しかし、リスク軽減を目的とした分散投資、資産管理は全くできていなかったと言っても過言ではないでしょう。

ですから今こそが、我々証券会社の活躍の時です。世界の株式市場、債券市場、外国為替市場などの動向については、元々銀行マンよりも証券マンが得意とする分野です。投資信託を買うなら証券会社まで。もちろん小社でも、投資信託の取り扱いを行っています!! さらに小社では、投資信託にご投資いただいているお客様を会員とする「松阪証券投信倶楽部」を設立し、投資家の皆様の低コスト化を実現。加えて会員の皆様だけを対象に、毎月楽しく、そしてためになるイベントを次々に開催しています。ご興味がある方は、下記をクリックしてみてください。

「松阪証券投信倶楽部」の詳細 
「松阪証券投信倶楽部」説明会のご案内(10/28華王殿にて15:00~)


証券取引所の休場日数
我が国最大の証券取引所はもちろん「東京証券取引所」ですが、土日を除く休場日数は、平成21年中で18日間あります。この日数は、世界的に見て多いのか少ないのか… 皆様ご存知でしょうか?

タイミングよく、本日の日経新聞一面トップで東京証券取引所の株式売買代金が低迷しているとの記事が取り上げられています。新政権の政策運営や企業収益の回復を見極めたいとして、外国人投資家らが売買を手控えていることが、主な要因だと解説されていますが、1~8月累計で初めて上海証券取引所を下回り、アジアでの存在感もどんどん低下しているようです。

小社も証券会社のはしくれ。日経新聞の分析通り、売買高低迷が一時的であれば良いのですが、長期的な日本経済の低迷、凋落傾向を示すものだとすれば、まさに我々にとって死活問題です。

比較対象とされている上海証券取引所。お隣の大国中国の中心的な証券取引所ですが、休場日数は東京証券取引所とほとんど変わりません。東京が18日で上海が17日。その他のでは同じく中国の深センが17日、香港12日+2日の半休です。その他では、インドのボンベイが17日、ブラジルサンパウロ15日と、アジアを中心とした新興国市場では東京証券取引所には及ばないものの、ほぼ同水準の休場日があるようです。

欧米諸国に目を転じると、全く様相が異なってきます。世界最大の証券取引所ニューヨークは東京のちょうど半分で9日。ロンドン8日、ユーロネクスト5日、フランクフルト7日で軒並み一桁の休場日しかないのです。

≪主要取引所における土日を除く休場日数≫
東京証券取引所 18日
ニューヨーク証券取引所 9日
ロンドン証券取引所 8日
ユーロネクスト 5日
フランクフルト証券取引所 7日
香港証券取引所 12日+2日半休
上海証券取引所 17日
深セン証券取引所 17日
ボンベイ証券取引所 17日
Bovespa(サンパウロ) 15日

歴史を遡りますと、日本人はその昔、世界の人たち(主に欧米諸国)から「エコノミック・アニマル」と呼ばれていました。国内でも「働きすぎ」が問題視され、内需拡大や個人消費を刺激することを目的に(もちろんそれだけではないと思いますが…)、祝祭日の拡大や休暇、さらには長期休暇の取得が半ば強制的に進められたこともありました。高度経済成長期を支えてきた当時の団塊の世代などは、「休まないと怒られる」という状況に違和感を持ったはずです。本当の目的がなんだったのか、小生は知る由もありませんが、気づいてみたら祝祭日だらけ。東京証券取引所は、欧米諸国取引所の倍以上の休場日ができてしまったのです。

そもそも、「エコノミック・アニマル」とか「働きすぎ」だと批判した張本人は欧米諸国のはずなのに、ひょっとして騙された(騙されている)のでしょうか… 結果だけを見れば、「欧米諸国にとって経済的脅威だった日本経済、日本国民を骨抜きにするために、欧米諸国が仕掛けた罠にまんまと嵌ってしまった」とも言えます。世界最高水準まで拡大してしまった我が国の祝祭日が、個人消費や内需の拡大にどの程度効果があったのかどうか、小生には分析するすべもありませんが、そろそろその国家政策の方向性を見直してみるべきだと思います。鳩山首相、いかがでしょうか?




プロフィール

証券人(しょうけんびと)

Author:証券人(しょうけんびと)
約13年間の大和証券勤務を経て、1998年1月松阪証券に入社
2006年4月代表取締役社長就任
現在に至る



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。