松阪証券 社長日記
企業人として、三重県で生業を営む者として、日々の発見、気づきなどを気まぐれに書きとめて行きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「叱られている(批判されている?)うちは…」
子供の頃だけではありませんが、小生たちの世代は「叱られているうちはまだましだよ」とよく大人たちに聞かされました。世代により差異はあるかもしれませんが、小生たちの子供時代には、親や学校の先生方が好んで使っていました。この言葉の表す意味は、親や学校の先生方、つまり指導者が、子供たちに関心をもっているからこそ、見捨てていないからこそ叱るのであり、本当に関心を持たなくなれば、つまりさじを投げる状態に陥ると、叱られるどころか無視される。だからこそ、その指導を謙虚に受け止め、成長の糧にしなさいというものです。

さて、本日の日経新聞国際欄に、米エコノミスト誌による日本への痛烈な批判が掲載されています。「なぜ日本は失敗し続けるのか」と題する特集記事。表紙で日本の英語表記に「i」を加えて痛み(pain)の意味を掛け合わせ、「JAPAiN」。世界から評価低下に苦しむ日本をジョークで冷やかしています。これを叱られている(批判されている)と捉えるなら(かなり強引ですが…)、日本はまだ見放されていないと解釈出来なくもありません。

さらには、日経平均株価が昨年7月以来27%下落したことをあげ、10年ぶりに「ジャパン・パッシング(passing)」論が浮上していると紹介。この、ジャパン・バッシング(bashing)ならぬパッシング(passing)の意味するところ。叱られている(批判されている)のではなく、無視されていることに他ならないのです。

思い出しました。当ブログでも紹介した昨年10月の米国金融リテール視察にてお聞きした、日経新聞社の米国現地記者「伴百江(ばんももえ)」さんのご意見。なんとなく質問の答えは予想はしていたものの、小生の「米国など、世界から見た現在の日本は?」の問いに、少々困った表情をしながら、「うーん… 無視されていますね」とのお答え。予想していたとは言え、やはりショックでした。

株価は国力、その国の経済力を映す鏡と言われます。どうやら我が国の状態は、昨年10月より悪化しているようです。米エコノミスト誌が指摘する通り、混迷する政治が元凶となっていることは、疑う余地はありません。また、われわれ国民にも、我が国の政治の仕組みをしっかりと学び、良い政治家を選ぶ(投票する)厳しい目が求めらます。米国の共和党と民主党のごとき二大政党制を模倣し、現状のねじれ国会を延々と放置することは、我が国にとって、国民にとって決して得策とはいえません。


スポンサーサイト
無用の長物 イージス艦と漁船衝突事件
昨日(2/19)、房総半島沖の太平洋で、海上自衛隊のイージス艦「あたご」が、漁船「清徳丸」と衝突、清徳丸は船体中央付近で二つに折れ沈没し、乗っていた親子が行方不明になっています。

イージス艦は海上自衛隊が保有する最新鋭の護衛艦で、現在は5隻が配備されているそうです。高性能の防空レーダーを備え、敵のミサイルや攻撃機など複数(10以上)の目標をコンピュータで自動的に捕らえて識別し、破壊できる防御システムを搭載しているとのこと。

そんなハイテク艦の今回の事故は、あまりにもお粗末な話しです。数十ノットで海の上を進む漁船を認識できないような艦船が、本当に超高速で上空を飛び交うミサイルや攻撃機を捉えて破壊することが出来るのでしょうか? 今回衝突したのは漁船ですが、自爆テロを目的に衝突してきた船だったら一体どうするのでしょうか?

イージス艦から見た漁船は、水上を漂う木の葉のような大きさでしょう。だからと言って、ハイテクの目であるレーダーやそれを使用する人間が見逃すのであれば、搭載するレーダーや人員配置、自衛官教育を根本から見直さなければなりません。

小生は、そもそも自衛隊の存在に否定的ではありませんが、こんな事故が多発するようだと正に「無用の長物」です。それどころか、かけがえのない国民の生命を奪う可能性があるわけであり、「百害あって一利なし」と言われかねません。

石波防衛相に一言苦言を呈するなら、「平和ボケを非難されるべきは国民にあらず、防衛省や自衛官の皆さん、あなた達です!!」。


春の訪れと「ムズムズ」
身を切るような厳しい寒さが続いていますが、春の訪れは着々と近づいているようです。毎年恒例の「ムズムズ」感がそろそろ出始めてきました。

何を隠そう、小生は幼少(小学生)の頃から花粉症。当時はまだ「花粉症」という言葉さえなく、「アレルギー性鼻炎」という病名でした。おそらく、春のクシャミの原因が、スギやヒノキなどの花粉にあることすら特定されていなかったのでしょう。

治療と言えば耳鼻科へ通院。先の細いピストルのような治療機器や、二股に分かれた試験管のようなものを鼻の穴に突っ込み、霧状の薬剤を鼻の奥に吹き付ける、今ではあまり見られなくなった古典的(?)な治療方法でした。

当時を思い出すと、毎日通院しても、何回治療しても、全く効果らしい効果がなかったような気がします。原因が特定できていなかったわけですから、あたりまえかもしれません。

医学の進歩は素晴らしい。少々眠気に襲われるデメリットはありますが、花粉が本格的に飛散する前から錠剤の飲み薬を飲み始め、飛散が収まるまで服薬を続けるだけ。少々ムズムズ感は残りますが、「クシャミ百連発で季節はずれの赤鼻トナカイ」なんてことはなくなりました。小生の場合、飲み薬も耳鼻科ではなく、かかりつけの内科で処方してもらう手軽さです。

花粉症を発症する人たちがどんどん増加しています。過去のスギ植林推進により、スギ花粉の飛散量がどんどん増えているのは確かですが、「人類を含む地球そのものが変調を来たしているのでは」と考えると不安です。


振り込め詐欺
ついに我が家にも、振り込め詐欺の電話がかかってきました。正確には我が家ではなく、妻の父(東京都在住)のところに。

携帯電話の番号と年齢をどこで調べたのか、孫(小生の長男?)に成りすまし、まずは「携帯番号変えたよ」との知らせ。最初から名前は名乗らなかったらしいのですが、後で思い出すと父のほうから「●●(長男の名前)君か?」と聞いてしまったそうです。すると向こうも「そうだよ」と答えます。詐欺の相手が勝手に勘違いした人物になりすまし、臨機応変に詐欺を展開していく方法のようです。父は少々不審に感じたものの、携帯電話の登録を変更してしまいました。

そして翌日、再びニセ●●君から携帯に電話がかかってきました。携帯の着信表示名は既に●●君になっているため、当然携帯には出てしまいます。父は「こんな時間に、学校はどうしたの? 行ってないの?」と訊ねると、ニセ●●君曰く、「実は最近学校へ行かないで浄水器を売るアルバイトをしていた」とのこと(ここでも学生であるとの情報を得て、詐欺の方法を選択し進めているのでしょう。しかし、小生の長男は大学生ではなく、高校生です。詐欺師の誤算と言えるでしょう。)。そのバイト先で「トラブルに巻き込まれ、その浄水器を買い取らなければならない」と助けを求めたそうです。その金額はなんと189万円!! この詐欺師は余程神経質なのでしょう。おそらく本体価格180万円+消費税9万円(5%)で合計189万円だと推察されます。

孫のピンチに動揺している父は、「心配になり、助けたい一心で振り込んでしまいそうになった」そうです。しかし、家族に相談し、後一歩のところで思いとどまり、妻の実家では家族会議(?)が開催されます。それでも結論が出ず、ついに妻に連絡してきました。

連絡を受けた妻は、「そんなはずはない」と思いつつ、相手の携帯に電話してみたそうです。ちなみに、妻もかなり動揺していたらしく、どの電話(携帯か固定かIP電話か?)を使ったかよく覚えていないとのこと。助けに行くからと居場所を聞いたところ、「遠くに連れてこられたから良くわからない、軟禁されている状態だ」と、ドラマ仕立ての展開です。

話しているうちに、妻はあることに気づいたそうです。そうです、ニセ●●君の言葉が、きれいな標準語であることに。三重県に引っ越してきて早10年。子供達の言葉が、方言に影響を受けないわけがありません。一気に疑念を深めた妻は、電話の相手が愛息子かどうかを確認をするため、質問をしてみたそうです。「学校の担任の先生に相談するから、担任の先生の名前は?」。もちろんニセ●●君は答えられるはずがありません。

そんな押し問答がしばらく続いた後、ニセ●●君はあきらめたご様子。振り込む見込みがなくなると、実にあっさりしたものです。現在ではその番号に電話をかけても、応答してくれることもなくなりました。

後で調べてわかったことですが、この手口は良くある振り込め詐欺の手法だそうです。「こんな幼稚な詐欺に引っかかるわけがない」とお考えの皆さん、詐欺に巻き込まれそうになった当事者と事後的に聞く話しは、全く受ける感覚が違うようです。くどいようですが念のため。普段顔を合わせないご家族、ご親戚から「携帯番号変えたよ」の知らせには、充分注意してください。浄水器の訪問販売など、副業のトラブルも定番のようです。


「貯蓄から投資へ」 投資信託(資産配分)を考える
ご存知の通り、弊社は証券会社であり、小規模ながら直接投資の担い手ですので、昨今の「貯蓄から投資へ」の流れは大歓迎、大賛成です。弊社でも、個別企業への直接的な株式投資はもちろんのこと、投資信託、債券などの取扱を多岐にわたり手がけています。

この「貯蓄から投資へ」、以前も当ブログで取り上げましたが、少々気になることも・・・ 投資の手法はどうであれ、運用のスタイルや資産配分、外貨資産への投資を再考してみる必要があると感じています。

ところで、本日の日経新聞金融欄で報じられていますが、1月の投資信託への資金流入額が前月比7割減となったとのこと。「新興国株ファンドの運用成績悪化で個人も新規契約がほぼ止まった」ことが主因のようです。このほか、不動産投資信託(RIET)で運用するファンドでも引続き解約が優勢で、運用成績が好調だった外国債券で運用するファンドに資金が移動しているようです。混沌とした世界金融市場を象徴する動きと言えます。

しかしながらこの出来事、小生は、その主因を運用結果に求めるのは誤りであり、そもそも個人投資家の投資態度や金融機関の営業方針、委託会社の商品設計に問題があると考えます。

投資信託は、そもそも個別企業(株式)への投資とは異なり、長期投資を前提とした投資態度、営業方針、商品設計が大切です。だからこそ、個人投資家がこれまで株式投資に投下していた資金以外の「虎の子の貯蓄」が投資へ向かうのです。にもかかわらず、短期売買を前提に、流行ものの「テーマ株」や「新興国株」ファンドを持て囃し、資産配分を考慮せず好分配金だからと「外国債券」や「不動産」ファンドに過度な資金配分をしてしまう。投資信託というパッケージ商品でなければ、そんなリスクテイクはしないはずです。これでは、「貯蓄から投資へ」が長続きしないどころか、資金が逆流してしまう危険性もあるでしょう。

個人投資家のみなさん、投資信託を通じた投資であっても、その信託財産がどういった金融商品に配分されているのか確認してみてください。投資信託を介さなければ、決してそんなことは出来ないと感じたなら、それは危険信号かもしれません。

また、投資信託を販売している証券会社、銀行、郵便局は、個人投資家に資産配分のアドバイスが出来れば、その存在価値は高まること間違い無しです。売りやすいファンド、人気のあるファンドばかり販売していては、私達の望む、本当の意味での「貯蓄から投資へ」は実現しません。


大爆笑!! パウエル問題に怒り心頭の清原君
本日日経新聞のスポーツ欄に、キャンプインのため高知入りした、二軍スタートとなるオリックス清原選手のコメントが掲載されています。少々ご紹介しますと…

パウエル選手の二重契約問題を一喝、「もしソフトバンクに行ったら、登録名を『お金』にしろ。英語の『マネー』はかっこええからあかん。」と。さらに毒舌は収まらず「お金君との対決では、バットのしんに一万円まいといたる。円高、円安によっては百ドルでもええ。」と挑発。「その前におれがグランドに立ってないといかんやろうな。」とピン芸人顔負けの「オチ」までつけ、復活を誓ったそうです。この記事を読んで、あまりのバカバカしさに笑いをこらえるのは至難の業です。

清原選手ご指摘の通り、二重契約のパウエルもいいかげんにして欲しいものですが、清原選手も負けず劣らずしゃべり過ぎ。以前、清原選手の年俸問題を当ブログで記事にしましたが、当のご本人もすでに金銭感覚は麻痺しています。『お金君』にふさわしいのは、パウエル選手ならぬ清原君、あなたですよ。




プロフィール

証券人(しょうけんびと)

Author:証券人(しょうけんびと)
約13年間の大和証券勤務を経て、1998年1月松阪証券に入社
2006年4月代表取締役社長就任
現在に至る



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。