松阪証券 社長日記
企業人として、三重県で生業を営む者として、日々の発見、気づきなどを気まぐれに書きとめて行きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もっとシンプルに!! 証券優遇税制の延長議論
サブプライム問題に揺れる世界株式市場ですが、株価下落を契機に「証券優遇税制」の延長議論が活発化してきました。言うまでもなく、我々証券会社は延長賛成派ですが、なにやら複雑怪奇な方向へ進む可能性もあるようです。

世の中の諸制度を複雑化したがるのは、日本人の特性なのでしょうか。ここに至るまでの証券税制も紆余曲折。源泉分離課税が廃止され、申告分離に一本化された譲渡益課税ですが、証券会社に「特定口座」が導入されたことで、本来確定申告すべき個人投資家の利便性を考慮したこと自体に異論はありません。しかしながら、税務署の手を煩わすことのないこの「特定口座」制度があるのをいいことに、非常に身勝手な議論が交わされていると感じるのは小生だけでしょうか。

我々の業界のみならず、IT化が進行した現代社会において、制度改革には殆どといっていいほどシステム修正のための追加費用が必要となってきます。業務システムの修正や追加には、意外にお金がかかるのです。最近議論されている制度が導入されるとなると、悲鳴をあげる証券会社も出てくるでしょう。

しかしながら、政府・与党のみならず、世の先生方はそんなことお構いなし。複雑怪奇で付け焼刃的かつ継ぎ接ぎだらけの改正案を次々に提案し、その事務的な処理を「特定口座」に押付けようとしてきます。本来なら、税務署の事務処理負担が増えるはずなのですが、「特定口座」の利用状況から考えますと税務署への影響は軽微です。「特定口座」が存在しなければ、確定申告の季節に税務署は通勤ラッシュ並みの賑わいになるはずです。

こんなことを続けていると、システム投資倒産や撤退が増加し、金融業界や金融システムの寡占化が進むのは目に見えています。それとも、それも政府や大手企業の狙いなのでしょうか。性格が素直(?)な小生でも、ひねくれた疑いを持たずにはいられません。

今回の議論活発化も、近視眼的で選挙対策の色彩が濃いのでしょうか。もっと長期的な視点で、日本経済を活性化するための政策を打ち出して欲しいと思います。その視点が投資家にとっても魅力的であり、「貯蓄から投資へ」の流れを後押しするはずです。先生方、即刻、複雑怪奇な付け焼刃的かつ継ぎ接ぎだらけの制度改革議論はお止め下さい。「シンプル・イズ・ベスト」です。


スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

プリンシプルのない日本
最近、折に触れて感じることですが、日本(人)には「プリンシプル」が欠如しているようです。もちろん諸外国(人)との比較においてですが、グローバル化が加速度的に進行する現代において、致命的な足かせに為りかねない状態だと思います。

「プリンシプル」と言う言葉は英語ですが、広辞苑を開いてみますと「原理・原則」と記されています。かの白洲次郎の著書に『プリンシプルのない日本』というタイトルがありますが、まさに同感です。彼が活躍した(ご本人がそう思っているかどうかは不明です)第二次世界大戦後、戦勝側の列国からの遅れを何とか取り戻そうとしていた時代、彼がそういう思いを持っていたことを想像するのは難しいことでありません。

確かに、規則や法に則って行動することは大切なことです。規則や法を遵守することは、人としての最低限の義務です。しかしながら、ルールを守ることよりはるかに大切なのは、人として原理・原則をしっかり持つこと、そしてそれを守ることです。私がここで述べたいこととは異なりますが、法の網を潜り抜ける行為は犯罪ではなくとも悪事であり、咎められるべき行為です。規則や法は、いつの世も万能ではないのです。

現代は、加速度的にグローバル化が進行する時代です。とりわけ、金融界に身を置く者にとっては、それを拒否や否定など出来ないのです。しかし、「プリンシプル(原理・原則)」のない日本に、闇雲に欧米諸国のルールを導入すればどうなるか。能力のある人(?)ほど、ルールを守ることにだけに全精力を傾け、ルールを守ることそのものが目的となってしまいます。物事の本質的な意味、目的などを考えなくなってしまうのです。明文化されたルールを守ることだけを行動の根拠にすることは、非常に楽な選択です。責任を回避するには、うってつけの選択とも言えます。結果として、そのルールの規制下に置かれる我々国民は、自らをがんじがらめで身動きの取れない状況に追い込んでしまいます。

「鎖国」か「グローバル化」か・・・ このまま「グローバル化」の道を進むのならば、欧米諸国の「ルール」を導入する前に、しっかりとした「プリンシプル」を持つこと、そしてそれを遵守して行動する、自立した国民性を育む必要があります。「ルール」の模倣を続けているだけでは、百害あって一利なし。我が日本国に明るい未来は開けてきません。


テーマ:雑記 - ジャンル:日記

松阪市福祉課への寄付 「社会貢献チーム」の活躍
11月21日、弊社の「社会貢献チーム」が松阪市役所福祉課へ寄付金を届けてきました。この寄付は昨年に続き二度目で、今年が27,700円、昨年が30,100円です。

掲載の写真左が下村猛市長、右側の3人が松阪証券「社会貢献チーム」の代表者です。
寄付


話しはやや横道に逸れますが、弊社には会社公認のチームが5チームあります。このチームは、それぞれの社員が所属する部署とは関係なく組織横断的に構成されており、社員は必ず一つ以上のチームに所属することになっています。

・ホームページ、株式情報チーム
・社員研修チーム
・企画チーム
・社会貢献チーム
・情報通信チーム

この会社公認チーム制度をスタートした目的は3点あります。

・弊社は全役職員数が20名程度の小企業であるため、日常業務以外の業務を担当する専門の部署を設置することは不可能であり、そういった業務の担当者が明確化されていなかった。そのためか、日常業務以外の業務が特定の社員に集中し、偏った負荷がかかる傾向があった。
・日常業務以外の業務が特定の個人(社員)に依存することとなるため、企業として健全な状況ではなかった(種々のリスクを抱えていた)。
・社員が日常業務を超えた分野で活躍する場所が提供されていなかったことから、エンパワーメントが進んでいなかった。

これらの状況を打開すべく、創設されたのが会社公認チームです。

今年で2年目になりますが、「社会貢献チーム」は全役職員に呼びかけ不要な日用品、古着、贈答品などをかき集め、松阪市勤労者サービスセンターのワークセンターフェスティバルにフリーマーケットを出店。その売上金を全額寄付しているのです。当日はチームのメンバー以外の社員も協力し、楽しみながら社会貢献を実践しているようです。

ちなみに、会社はフリーマーケットへの参加、寄付など、一つの指示もしていません。会社が公認するチームとして、会社から与えられた目的(地域社会繁栄への貢献)を会社が達成するため、自主性、創造性を発揮して活動しているのです。

今回は「社会貢献チーム」の紹介になってしまいましたが、他の4チームも負けず劣らず、甲乙つけがたい力を発揮してくれています。会社が「一皮むけたなあ」、社員のことを「みんな頼もしいなあ」と感じるのは自己満足でしょうか・・・ いずれにしても、それぞれの社員が持てる力を思う存分発揮できる場所を提供するのが、私たち経営者の重要な役割ですね。


テーマ:雑記 - ジャンル:日記

弊社は「果樹園型経営」を目指します!!
先日受講した経営に関するセミナーにて、講師の某社社長かから「果樹園型経営」についての紹介がありました。某社社長は、この「果樹園型経営」を目指していらっしゃるとのこと。あまり聞き慣れない言葉ですが、皆さんはご存知でしょうか? 私はもちろん初耳であり、興味深くお話しをお聞きしました。

食料の調達方法や、定住するかどうかなど、その民族の生活形態の特徴を捉えて、「狩猟民族」または「農耕民族」といった呼び方をします。経営形態においても、A社は「狩猟型経営」、B社は「農耕型経営」と、経営形態・手法の分類に応用されています。

従来の分類方法で表現すれば、もちろん弊社は「農耕型経営」に分類されます。実践できているかどうかはさて置き、「この地域にしっかりと根をおろし、お客様と一生涯のお付き合いをさせていただきたい」と公言しているわけですので、それを目指していることは間違いありません。

しかしながら「農耕型経営」は、『稲作』をイメージさせます。稲作は「春の田植え」と「秋の稲刈り」の繰り返しですので、経営形態を表現するなら毎年「投資」と「回収」を繰り返すことになります。そうです、弊社は地域に根ざすという意味では「農耕型経営」ですが、短期的なサイクル(1年間)で「投資」と「回収」を繰り返しているわけではありません。

そこでお聞きした「果樹園型経営」。『果樹園』は苗木の育成から始まり、果実が収穫できるまで最低でも5年はかかる(もっとかかるかもしれません?)でしょう。そして果実の収穫は、その後の手入れを怠らない限り、数十年単位で可能(もっと可能かもしれません?)となるはずです。

良いお話しをお聞きしました。弊社の目指す経営にぴったりマッチします。思い立ったらすぐ採用(某社社長様、無断で使用させていただきます)。弊社は「果樹園型経営」目指す、そして実践する会社です!!


テーマ:雑記 - ジャンル:日記

再考 「挨拶」の意味
弊社では毎朝、全社員揃って経営理念や行動指針、そして「挨拶」の唱和を行なっています。昨日(11/15)までの唱和する「挨拶」は、「おはようございます」「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」の三種類でした。

この「挨拶」の意味、広辞苑で調べてみると〔うけこたえ。応答。返事。〕と記されています。果たしてこれまで唱和していた三種類は、「挨拶」といえるのでしょうか・・・

辞書を手にとったのには理由があります。昨日午後、社員2名と三重県内のとある企業の社長のセミナーを聴講して来ました。その中で、店舗とはどうあるべきか。その社長曰く、「来店者にとって、居心地のいい場所」でなければならないとのこと。ですからお客様への「挨拶」は、非常に大切だとのお考えです。

小生もちょくちょく出かける「赤ちょうちん」は、どっしり腰を落ち着け、気兼ねなく飲み食いできる店です。また、そんな店の顧客は殆ど顔馴染であり、店主は顧客を「名前」で呼びます。顧客は居心地の良さに「帰ってきた」ような錯覚に陥り、ついつい飲み過ぎてしまうものです。

話しを本題に戻します。その社長曰く、「いらっしゃいませ」は「挨拶」ではないとのこと。確かに「いらっしゃいませ」に対しては、返事すること、つまり言葉を返せません。「いらっしゃいませ」はあくまでも売り手の一方的な言葉だったのです。この理論は、営む業態によりけりだと思います。しかし、デパートなどに衣料品を見に行った時、店員さんに「いらっしゃいませ」と声を掛けられると、ついつい引き気味になってしまうという経験は誰にもあるはずです。「何かお探しですか?」と聞かれたら最後、「余計な物を売りつけられるのではないか」と警戒心の塊になってしまうものです。

私達は、お客様が気軽に立ち寄れる店舗を目指しています。例えご来店に際して、金融商品を購入、契約する目的がなくても構わないのです。毎日、地域のお客様が集う、活気のある店舗が理想です。

私たちは気づいていませんでしたが、これまではお客様に無用なプレッシャーをかけていたのかも知れません。早速、今日から唱和する「挨拶」を変更することにしました。無意味だとか、バカバカしい、考えすぎとご批判を受けるかもしれませんが、気づいたことは「即実行」です。

今日からは、
「おはようございます」
「こんにちは」
「ありがとうございました」
で行きます。



テーマ:雑記 - ジャンル:日記

人材確保に苦労する時代になってきました
本日朝刊各誌で、就職内定率の改善が続いていることが報じられています。来春卒業予定大学生の内定率は、10/1時点で69.2%となっており4年連続の上昇。高校生は9/30日時点で49.7%で5年連続の上昇だそうです。厚生労働省若年者雇用対策室は、「景気回復や団塊世代の大量退職の影響で、企業の採用意欲が高い」と分析しています。地域別に見ても、都市部と地方の内定率格差が縮小しており、景気回復の影響が地方に広がりつつあるようです。

しかし、私たち地方の小企業にとっては大変な問題です。もちろん、地方に景気回復が広がるのは喜ばしいことですが、人材の確保がどんどん困難になってきます。記事さらに読み進むと、高校生の都道府県別内定率が最も高いのは我らが三重県で71.9%とのこと。

企業にとって人材は成長のエンジンです。いくら巧みなハンドル捌きで導こうとも、ガソリンを湯水のように給油しようとも、高性能のエンジンが搭載されていなければレースに勝つことは出来ません。また、その高性能エンジンの秘めた性能をフルに引き出すため、毎日の整備も大切になってきます。

優秀な人材が集い、その能力を思う存分発揮できる、働き甲斐のある会社でありたい。改めて、採用活動と若手人材育成の大切さを痛感している今日この頃です。


テーマ:雑記 - ジャンル:日記

「怪我の功名」となるか 証券優遇税制の恒久化を支持します!!
米国の個人住宅融資、サブプライムローン問題の再燃で、各国の金融市場に動揺が広がっています。残念ながら、当ブログで指摘したネガティブな予想が的中してしまうかもしれません。引続き、大きな波乱への警戒が必要でしょう。

しかしながら「怪我の功名」、株安・円高(対ドル)の加速を受け、証券優遇税制の延長論が強まりつつあるようです。13日の日経新聞(第5面)によると、自民党税制調査会幹部は「来年度で打ち切れば市場に大変な影響を与えると言う危機感が一層強まった」と指摘しているとのこと。もちろん、証券界の希望は軽減税率(株式譲渡益と配当金への税率20%を10%)の恒久化です。株主にとって、配当金への課税は法人税との二重課税であることに変わりないのですが、株式相場への影響は想像以上に大きいのではないでしょうか。経済が成熟化した我が国において、国際社会で勝ち抜くパワーを維持するためには、非合理的で理不尽な制度は改めるべきだと思います。

世界でも抜きん出て格差の小さい日本において、金持ち優遇だと「格差社会」議論を持ち出し、選挙対策(票取り)キャンペーンを展開する先生方(政治家の皆さん)、そろそろ目を覚ましてほしいものです。せっかく動き始めた「貯蓄から投資へ」の流れを阻害せぬよう、選挙対策(私利私欲)に主眼を置いた政治活動は慎んでください。先生方の使命は、国益(国民の利益)や国民の安全を実現すること、守ることなのです。私たち日本人もそんな先生方の本心を見抜く、本物の目を養う必要があります。


テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

殿、ご乱心!! 民主党の小沢代表辞意騒動に思うこと
民主党の小沢代表は、総理大臣ではありませんから「殿」と呼ぶべきではないのかもしれませんが、今回の騒動は「ご乱心!!」に相違ありません。国民不在は言わずもがな、密室で何が話し合われたのか。日本の政治は、国民のためではない、「政治家のための政治」だと言うことをまたしてもさらけ出してしまったようです。

小生、近ごろ司馬遼太郎の「竜馬がゆく」を読破しました。手にとったきっかけは二つ。当ブログでも紹介した通り、山口県萩市を訪ねるに当たり、ほぼ同時代に生きた吉田松陰について学んだこと。友人(と呼ぶのはおこがましいのですが、先生はそう思っていただいているようです。光栄です!!)の会計士さんの愛読書であり、当ブログにこの本についてのコメントを書き込んでいただいたことです。400ページ以上が8冊の長編歴史小説ですが、さすが名作です。竜馬が生きた当時に引き込まれるかのごとく、難なく(楽しく)読み終えることが出来ました。

吉田松陰にしろ、坂本竜馬にしろ、維新政府の要職を務めるどころか維新の完全な成立を見ることなく他界していますが、彼らをはじめとする幕末志士たちは、まさに「日本」のために、そして「日本国民」のために立ち上がり、時代の潮流を維新へと導いたのです。彼ら志士たちと比較すると、今回の騒動から浮かび上がる現代の政治家はいかがなもんでしょうか。いかにも頼りなく、私利私欲に基づく行動があまりにも目立ちすぎる気がします。

世の先生方(政治家の皆さん)、あなたの行動は本当に「日本」のため、「国民」のためですか。所属する「党」のため、「派閥」のため、「自分」のために行動していませんか。一度アンケート調査を実施してみてはいかがでしょうか。

今回の騒動に話しを戻しますが、百戦錬磨の小沢代表のことです。小沢さんが一勝負したことまでは否定しませんが、辞意撤回も彼の筋書き通りの結果だったかも知れません。小沢代表が辞任すれば、喜ぶのは自民党を始めとする与党であり、最も窮地に追い込まれるのが彼の所属する民主党だったはずです。慰留の現場では、お涙頂戴のシーンもあったとの報道ですが、ドラマの脚本にもあったストーリーなのでしょうか・・・

あくまでも私見であり、想像の域を出るものではありませんので、誤りだったらお許しください。だがしかし、多くの国民が同じようなことを想像するはずです。結果の予想できる小説やドラマは、退屈なものです。それとも、慣れてしまうと、むしろ快感になるのでしょうか・・・ 今回の騒動、今後の行方をあくまでも批判的な目で観察して行きたいものです。


テーマ:雑記 - ジャンル:日記

米国金融リテール事情視察団Ⅲ
ワシントンDC二日目は、午前・午後ともに企業訪問です。まず、午前中は全米20~30位の地域密着リテール証券会社である、フェリス・ベーカー・ワッツ証券へ。
フェリス

写真は、お話をお聞きしたFAのジョン・リーさんです。アメリカ流にやりましょうということで、ご用意いただいていたコーヒーとドーナツを頂きながら講義がスタート。ニューヨークのレイモンド・ジェームズ社と同様でこちらもほとんどのお客様はフィーベースです。地域に根ざす証券会社としての役割をお聞きし、その仕事に誇りを持って取り組んでいらっしゃるご様子が良く理解できました。日本の株式市場については、その出遅れ感の強さを強調されていましたが、決して強気ではないようです。ご本人が、アジア系だからでしょうか。日本も移民をどんどん受け入れる方針を打ち出せば、再び成長期に入ることができるだろうという持論をご披露くださいました。

その後、昼食をはさんでPNCバンクへ。米国初の銀行として認可されたのが1863年という、社歴150年余りの米国最古参の金融機関です。
PNC

米国のみならず世界をサブプライムローン問題の激震が襲う現在も、不良債権比率はわずか0.22%で、収益の68%がフィーベースによるものとのこと。顧客開拓の手法として社員による紹介を重視しており、チーム別に目標を設け全社的に取り組んでいるそうです。また、営業部門では、「いつ」「誰(お客様)と」「どの様なミーティングを実施したか」に重点を置き、その担当者の成績を追跡しており、それらのデータを基に目標達成へと導く指導方法を確立しているとのこと。質問もしましたが、もっと詳しく知る機会が欲しいと思いました。

次は、いよいよ最後の企業訪問です。翌朝、ボルチモアのホテルから徒歩で金融業会の巨人「メリルリンチ」へ。3名は何れも現役のFAです。写真には登場していませんが、現地の女性日本人スタッフ岡島さんもご同席いただき、補足説明などをしていただきました。写真左のブライアン・オニールさんは、1979年より同社勤務のベテランFA。依然として個別株への投資を中心に活動しており、その恰幅のよさからご自身のことを「恐竜の生き残り」だとおっしゃっていました。岡島さんのお話によると、同社でも20年ほど前までは個別取引によるコミッションが大半だったとのことです。また、米国人が株式投資に前向き(リスクの許容範囲が大きい)なのは、401K制度での投資経験(成功体験)が大きいともおっしゃっていました。国民年金制度の存在など、日米間で年金制度に大きな違いはあるものの、日本でもスタートしている401K制度の拡大・定着が、「貯蓄」から「投資」への流れを確実なものにするかどうかのカギを握っているようです。
メリル

講義終了後、岡島さんにFAのオフィスを中心に案内していただきました。個室を使用できる成績上位のFAは、ご家族の写真や、趣味、スポーツのアイテムを所狭しと並べています。岡島さんによると、お客様などのご来店時、これらのアイテムにより会話がスムーズに進行することを狙っているとのことでした。

米国視察を終え、多くのことを学ぶことができました。当社では、金融の枠組みの中でサービスの多様化を推進しつつ、提供するサービスの質の向上、つまり付加価値の向上に努めてきました。それが間違いではないと確信することができました。「付加価値向上」が実現し、常にお客様に「誠実」に行動すれば、お客様からの信頼を勝ち取ることができます。つまり、お客様は私たち証券マンを「尊敬」してくれるはずです。そうすれば、米国のFAのように、日本の証券マンの社会的地位も一気に上昇するでしょう。まずは、そのギャップを埋めることから始めなければならないのです。手数料体系がどうなるのかなどに意識を集中するのは時間の無駄です。お客様は万国共通、提供されたサービスに見合うフィーを支払うことに異論はないはずです。

まだまだ志し半ば… 終わりのない、道なき道を突き進むのが「経営」ですね。


テーマ:雑記 - ジャンル:日記

米国金融リテール事情視察団Ⅱ
前回の続き、続編です。

ウォール街見学後は、主催者であるH証券の社長と、私を含む便乗の社長3名で昼食(日本食)へ。その際、顔の広いH証券社長のはからいで、日経新聞社の米国現地記者である「伴百江」さんにもご同席いただき、雑談も交えながら、米国に金融事情をまさに「生の声」でお聞きすることができました。なんとなく質問の答えは予想はしていたものの、「米国など、世界から見た現在の日本は?」の問いに、少々困った表情をしながら、「うーん… 無視されていますね」とのお答え。やはり、金融マーケットのみならず、日本国全体としての改革、変革の遅れに苛立ちを感じていらっしゃるご様子でした。小さいながらも、我々証券会社は日本経済の屋台骨を支える一員です。何とかしなければなりませんね。

夜は、少々時間が取れたので、夜景の名所でもある「エンパイ・アステート・ビル」へ。きらびやかなエレベーター・ホールです。
エンパイア

エレベーターを乗り継ぎ、到着した展望台からの眺めです。まさに絶景。展望台では外に出ることができ、360度の夜景を楽しむことができます。上空の風は強く、少々ピンボケですが…
夜景


翌日は、早朝から空路ワシントンDCへ。視察といいながら観光だと叱りを受けますが、ワシントンDCの名所を見学しました。まずは国会議事堂です。
国会

これは記念塔です。
記念塔

続きまして、皆さん良くご存知のホワイトハウス。米大統領官邸です。どうやら、もともとは真っ白ではなかったらしいのですが、補修で白に塗りなおし、以降ホワイトハウスと呼ばれるようになったそうです。
ホワイトハウス

そのお隣には、財務省がありました。
財務省


今回の記事は、写真ばかりになってしまいました。次回こそは、視察の後半になります。今日はこの辺で。


テーマ:雑記 - ジャンル:日記



プロフィール

証券人(しょうけんびと)

Author:証券人(しょうけんびと)
約13年間の大和証券勤務を経て、1998年1月松阪証券に入社
2006年4月代表取締役社長就任
現在に至る



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。